HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトイラン (Iran)  »  重いペダル/heavy pedal
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2nd~20th January 2015

Vast dry space, called Dasht-e Kavir, extends in northeastern part of Iran, where big distance between villages and continuous up and down with gentle but very long slope will annoy you. It would be a serious matter if you have to go there on your bicycle in the blazing sun of summer. Luckily for me it’s now in winter probably best time to cross the desert. However, I had another problem on my way. My cycling bags was always filled up with the gifts from my hosts and many drivers, who almost hourly had put on the brake just in front of me and came out of their car with something for me on their hands, which forced me to have heavy pedal in this mountainous desert. Thanks to this happy problem from Persian hospitality that I had often heard of, I could manage that empty area without any special difficulty even though the shops in the occasional villages sometimes closed. My bags have lost its weight after crossing the desert but still full of thoughts from Persian people.

羊飼い少年


2015年1月2~20日

有料道路の料金所まで10km以上も車で並走して道を先導してくれたメフディ。
とびきり親切な彼に見送られながらマシュハドを経ってからも、
噂によく聞いていたイランの人々の優しさに触れてばかりだった。

ミンナ

マハバド

イラン北東部にはキャヴィール砂漠が広がっている。
ホラサン州の町周辺にはシーズン終わりのピスタチオの木やサフラン畑がよく見られるのだけれど、町から少し走れば周囲はもう低木や草がパラパラと見られるくらいの乾燥した砂漠となる。奥の方はわからないけど、サラサラな砂というのではないのでテントも張れる。ゴリゴリした岩がよくあるのでペグが打ち難いことが多い。道中ラクダ横断注意の看板がよく目についたけど、その注意も虚しく轢かれてしまった死体以外には一頭も見かけることはなった。

ピスタ

サフラン畑

荒野の羊飼い

砂漠

キャンプ

らくだ看板

ラクダ注意

町間の距離がなかなか長く、傾斜は緩やかだけどやたらと長い坂道が続く。
白い息を吐き汗を垂らして進んでいく。猛暑となる夏場にここを走るのは酷だろうなと思いながら、忙しく上着の脱着を繰り返した。

道

砂漠を横切るのにベストシーズンであろう冬場であることに感謝していたけど、
気付いたら別の問題にどっぷり浸かってしまっていた。

1時間置きくらいの間隔で車が僕の前方で止まる。

ドライバー

中から出て来る人々の手には必ず差入れものが。
砂漠の真ん中でチャイを注いでくれその場がチャイハネに変わったりもした。
有り難くお招き頂き家に泊めてもらえば、“旅のお供に”と出発の朝にお弁当まで頂いてしまったり。

unesi

unesi

ピスタチオ、デイツ、オレンジ、ザクロ、牛乳、サフラン、ナン、チーズ、くるみ、
菓子ケーキ、チョコレート、乾燥いちじくetc..

あり、はっさん

サフランfromはっさん

RC

お土産セット

ピスタチオ

ざくろ

うれしい悩みで毎日バッグがぱんぱんで上りのペダルが重かった。
とくにオアシスの町タバスでタバス大学の敷地内でキャンプさせてもらったときは、
この地特産のデイツの話になってイラン産デイツは世界一美味いんじゃないか的な発言をしてしまったばっかりに、出発時先生や生徒からさらに警備員さんからも大量のデイツを頂いてしまって、これにはさすがに事情を説明してその手に納めてもらった。そもそも道中複数の人から頂いた大量のデイツがそのときすでにバッグの中にストックされていた。誤解を招いたりするので、この種の厚意をナイスにお断りするのはなかなかに難しい。

でいつ

ちなみに北アフリカ産、マダガスカル産、中東産、インド産と今までいろんなデイツにお世話になってきたけど、本心でイラン産のフレッシュデイツは今まで食べたどこのものよりも美味いと思う。もっとも、種類も多いものだから一概に言えるものではないのだけれど。デイツと言えば、今は昔2009年の暮れモロッコ南部のサハラ砂漠に張ったテントの中で一人年越しデイツを食べ過ぎて気持ち悪くなったおバカな年越しを思い出してしまう。

ヤシ

やっと到着した町に売店が無かったり売店が閉まっていたりすることもあって、
そんなときには特に感謝しつつ日中閉まっている店の前で、また朝晩テントの中で、
皆さんの顔を思い出しながら頂戴したものを有り難く頂いた。

ソブハネ

おかげさまで無事砂漠を横断し、差入れものはほぼすべて平らげてしまいましたが、バッグは今もイランのみなさんから頂いた“お気持ち”で満たされております。

景色

abbas

じゅうたん少年


@Tabriz・Iran
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
156
ありがとうございました!(+´∀`+)
コメントするのにだいぶ迷ったんですがどうしても伝えたかったので書き込ませてもらいました。

hiromu jimboさんのブログ素敵だと思いました!\(○^ω^○)/
センスもあるし、目の付け所とか私にないものを沢山持っている方なんだなと。
羨ましくて少し嫉妬したりも…(笑)

でもその気持ちは本当に少しで楽しくブログ読ませてもらいました(´∀`)

急で戸惑わせてしまうかもしれないんですけど、私には悩んでることがあるんです。
色んなしがらみがある中で身動きが取れなくなってしまうような状態で…。助言とまではいかなくていいので、hiromu jimboさんの言葉が欲しくなりました。

お時間ある時にメールもらえませんか?
すごく心細くてこのままだと参ってしまいそうです。

Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
36,938km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。