HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトトルクメニスタン (Turkmenistan)  »  トルクメ疾走 /Transit Turkmenistan
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19th~23rd December 2014


 Unfortunately Turkmenistan was not a place to have “kotambola” trip. You would have only five days (sometimes more or even less) to cross the country with your transit visa unless you applied for tourist visa with patience for a long wait and some pain, booking all of the ways of transport and the places of your stay and arranging your guide.

 Time was very limited and the road through Karakum desert was not very exciting but the way of life of Turkmen people I could see during my short stay was quite interesting. In Turkmenistan, famous for its rich underground resources, natural gas is free, which means that electricity too (In addition it seems they can also use water without charge). So their gas stoves and the ovens outside their houses keep burning all day and it was normal to see the lights on even in the daytime, though neighboring other Central Asian countries are suffering from electric-supply in contrast. Liter of petrol costs about 0.2USD, probably cheapest among the countries I have ever been. Meanwhile, just across the border, Ironically Uzbek people waiting in a long queue at the service station or go to the black market to buy petrol from gasoline shortage and pay more than 5 to 6 times for the same. What a strange scene.

 Pedaled 590km for 5days.By the time I finally reached the border to Iran I had a throbbing pain on my right knee. It’s a nice gift for Christmas from Muslim dominant Turkmenistan. I wanted to travel more slowly in this distinct and interesting country.
.

2014年12月19~23日

コタンボラな旅を許してはくれないトルクメニスタン。
この国の観光ビザを取るには滞在中すべての交通手段、
宿泊地を予約し且つガイドもつけないといけない。
そのような手間と費用要らずで取れたのは5日間のトランジット(通過)ビザ。

時間に追われながら疾走したカラクム砂漠を貫く道は単調そのものだったけど、
大体50km毎くらいであるカフェでの休憩(食事するとタダで泊めてくれる)や
町を走ってて見えてくるこの国の人々の暮らしはとても興味深いものだった。

道

チャイハネ

カフェ部屋

豊富な地下資源を有するトルクメニスタン。
なかでもこの国の経済を支えているのは天然ガスの輸出。
トルクメではガス代無料。すなわち電気も無料、加えて水も無料らしい。
故にストーブも食堂の外にある焼き台の火もつけっぱなしでガス臭かったりする。
スイッチを切るのも面倒なようで昼も電気つけっぱなしを見るのは当たり前。
電気供給に苦しむ他の中央アジアの国とはあまりにも違う生活。

ガスプラント

電気つけっぱ

ガソリンは1リッター約20円。
輸送費が抑えられるためあやゆる物品が隣国より安く買える。
先日までいたウズベキスタンではガソリン不足で、
ガソリンのあるスタンドを見つければ長蛇の列、
路上での闇売りを見かけるのは普通だったんだけど。

スタンド

羊マーケット

ショルヴァ

さもさ

空砂漠

5日間で走った距離は約590km。
出入国手続きがあるので丸々使えたのは中の3日間。夜中も走った。
ムスリムが大半を占める国だけど、道中クリスマスツリーもちらほら見かけた。
暗い夜道をラクダにソリを引かせて移動するサンタのおじさんとも擦れ違った。

モスク

ラクダ

メルヴ

コットン

しょうねんたち

サモサ作り

さばくれっしゃ


日頃の行いが悪いのか当初予定していたサラフスというイランへ抜ける国境への近道は前日からの雨でドロドロ。100km近い大回りを余儀なくされた。めでたく国境を越える頃には右膝がズキズキ。

文字通りただの“通過”となった素敵な5日間を終えての静かなクリスマス。
サンタのおじさんからではなく、
親切なイラン人男性から頂いたバンテリンを痛めた膝に塗っている。

バンテリン

メリークリスマス&サラームアレイコム



@Mashhad・Iran
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
42,336km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。