HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト日本 (Japan)  »  ファースト・プライズ /First Prize
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23rd July 2014

Just a few days before taking a restart of my cycling trip, I went to a hair salon, called First Prize, where my friend from childhood worked as a skilled hair stylist, the plan of which I have had on my mind since I came back home. It is about 13 years ago that I got my hair done by someone in Japan, as I have cut hair by myself since I was a student there. Doneness wasn’t my first concern because I wanted to go there just to see how he worked for the first time. Though, needless to say he didn’t show me any poor quality work. We seldom have an opportunity to see our friend working in front of us I think. I had some hard to endure an embarrassed smile when he were standing behind me during his work for me as we had known each other since we were small boys. A little boy of the time has become a man and bravely working with his magic hands that makes his customers always happy and made me feel so proud of him. Look extremely fine, it’s time to leave home again.


2014年7月23日

“ファースト・プライズ”
そう書かれたオレンジ色の看板を見上げる。

first prize

橋本駅すぐのビルの4階。
階段を上りドアを引き、お洒落な店内を覗き込む。
再出発前に行こうと決めていた場所にいよいよやってきた。

Sくんは店の一番奥でお客さんの頭を洗っていた。
おしゃれなスタイリストさんに混じっても、彼の放つその輝きが霞むことはない。

椅子に腰掛け、Sと目が合う。
“ちょっと待っててな”
遠くから彼の口の動きが読めた。

置かれている本をとってページをめくるのだけど、
こういう洒落た環境が久々でそわそわして全然頭に入ってこない。

いつしか自分で適当に切るようになったので、
人に髪を切ってもらうというのは、
日本に限るとおそらく2001年以来、実に13年ぶり。

そんな自分にとって、髪型とか仕上がりは正直二の次三の次でしかない。
ここに来た理由は、プロのスタイリストとなった友人の仕事ぶりを、
ただ単に間近で見てみたかったから。

ただ、そうはいっても、
地元の友人たちの多くがその業と彼の人柄に誘われ、
此の地を出入りしている事実から
Sくんが下手な仕事をするわきゃないってことは計算の内。

大きな鏡に映し出されたSと自分。
同時に、頭の中に幼稚園や小学校時代の幼かった頃の2人のイメージが
かぶって浮き上がってきた。

目の前にいる2人の男を直視するのがえらく恥ずかしくて、
終始照れを隠すのに苦労した。

Skun back shot

会話しながらでもしっかりやることに意識を集中しているSくん。
自分の直毛を考慮しながらのカッティング。
マシーンではなく、最後までハサミにこだわって
こんな頭に時間を割いてくれた。

skun front cut on the right hand

カッティングの合間の洗髪、そして最後に頭皮マッサージを受けて終了。
もうちょっと長いこと座っていたかった。

髪の成長を止め、この髪型で一生キープさせてほしい
と、切に願いたくなるほどの仕上がり。

このあとはただ家に帰るだけなのに、
なんだか人に会いたい気持ちになってしまった。
“今日ってパーティーないんですか”そんな気分だった。

こうやってSくんは、
やってくる人々を日々無意識に幸せな気持ちにしているのだろう。

Sや懐かしい同級生たちが集まってくれたうれしい宴は先日終わったばかり。
あまり自分は繋がっていないけど、
地元には尊敬できる連中が多くて会っていて気持ちがよい。

残念ながらもう行くパーティーの当てはない。
次の外出先はもう3日後の羽田空港となる。

心機一転。
再出発の時は来た。

fp

お客様からの“一等賞”を目指すサロン、
”ファースト・プライズ”

その名に相応しい空間で、
その場に相応しい腕を持った幼馴染みの友人が今日も働いている。

人々の気持ちを動かしてきた手を握って彼と別れ、階段を下りる。

不覚にも初回にしてあっさりと“ファースト・プライズ”を
その手に渡してきてしまった。

甘すぎた。

インドに着いたら、早速マハラジャのパーティーにでも参加しようと思う。

last shot


FIRST PRIZE
神奈川県相模原市緑区橋本2-3-3 4F
TEL:042-773-0080
10:00~20:00


@Sagamihara・Japan
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
142
マジでかっこ良くなってたよ!!
当分のあいだは髪伸びないようにしないとな!

明日から本当に気をつけてな!
次は神ちゃんの旅の途中に会いに行くわ!

143
Re: タイトルなし
何なのその名前(笑)
バグったかとおもったっしょ

ほんと相当いいよこの頭
あと一週間もってくれるかな、、

つるはち刀に見守られて走ってくるわ。
じゃ、インドで!





144
これはね、俺の名前を逆にいったやつだわ!笑
インドで!!
いつまでインド?

145
Re: タイトルなし
お、なるほど!
本木もそうだったけど分かりづらくて
つっこめないから(笑)

1ヵ月半~2ヵ月未満でパキるよ



Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
35,906km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。