HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト日本 (Japan)  »  自転車オジサン /A long way back home
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14th May 2014

In Beijing on my transit from Delhi, I had overslept while waiting for the boarding time and unbelievably missed my flight.. But the day before yesterday, I could come back home one day late thanks to the generosity of the airline company which had kindly replaced a seat for me in the next morning’s flight with free of charge. At the airport in Tokyo, where my family had warmheartedly waited for my arrival for two days straight, I awkwardly greeted my two nieces, nearly 4 years and 2 years old, who were afraid of the stranger in front of them, for the first time. “Okaerinashai” ,means “welcome back” in Japanese, from the little girls made their uncle feel so relieved and happy. After going back home I and my father and my older brother went to “Onsen” and soaked in the hot spring baths, which was one of the happiest moment of my life. I wanted to share some photos of Onsen as it’s one of typical Japanese culture but unfortunately photo taking was prohibited there.. So now once I’m back home.


2014日5月14日


デリーからの乗り継ぎ地となった中国は北京国際空港。
羽田へのフライトまでは6時間の待ち時間。
搭乗ゲートE33前のベンチの隅っこに腰を下ろしていたオジサンは
睡魔に誘われ危険な時間帯にうとうとし始めた。

搭乗予定時刻の16:40まであと1時間強。
“ちょっとだけ”
と閉じた眼は、再び開かれたとき、
信じられない光景をその瞳に映し出していた。

誰もいない。周りに座っていた搭乗を待つ人々がいない。
ガラス越しにデーンととまっていた飛行機も見当たらない。
意識が完全に戻った瞬間、
ハッとして時計を確認すると18時を過ぎていた。

喉が一気に渇くのを感じた。

広い空港を走って走って、電車にのって、エレベーターに乗って
国際線出発カウンターに辿り着き、興奮しながら事情を説明する。
翌朝の便に振り替えることができると言われたけど、
320ドルの請求に頭が真っ白になった。
マネージャーを呼んでもらい、ダメもとでお願いしてみる。
するとこちらの一方的な凡ミスに温情判決が下され、なんとこれが無料に。

羽田に迎えに来てくれていた家族に公衆電話から国際電話をかける。
こんなにも恥ずかしく申し訳ない電話は今後もうしたくない。

心身ともにくたびれてベンチで朝を待った。

翌日、羽田空港国際線到着フロア。
家族が連日で到着を待っていてくれていた。
初めて出会った2人の姪にぎこちなく挨拶する。我ながら下手くそな挨拶だった。

”おかえりなしゃい”

もうすぐ4歳と2歳になる彼女らが
“バーバ”となった母を楯に隠れるようにしながらそういってくれた言葉は
安らぎそのものだった。

“ただいま”

異国をふらついていた人一倍ドジな自転車オジサンは、
ひとまずお家に帰ってくることができた。


飛行機

パスポート


※出発前または道中お世話になった方々、旅中日本から励ましてくれた皆さんに自転車に乗って(財政的問題から笑)挨拶しに伺いたい気持ちなんですが、2ヵ月後の再出発までの時間的な問題があるのと、第一まだ終わったわけではないので、無礼ではありますがひとまずこの場での一時帰国報告並びにご挨拶とさせて頂きたく思います。神奈川県相模原の実家にいるので、近隣や都内にいる方は時間があれば是非声かけてください。俺飲めないけど、飲みましょう!みんな昔と違って忙しいだろうし、元気でいてくれればそれでいいんですが。ちなみに日本の携帯番号を持ちたいと思っていますが現状まだありません。


@Sagamihara・Japan


スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
66
お帰りー!
帰って来たの?
で、またすぐ行くの??
会いたいなぁ。

連絡ちょうだいねー

67
Re: お帰りー!
ただいまです!

7月にうかがいます

68
やった!

連絡先を送信したかったけど非公開コメント受付不可だった。
7/18-7/19は東京出張です。

Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
36,938km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。