HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトインド (India)  »  チップス生活 /chips life
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
early February 2014

Since I left Ahmadabad where delicious foods were everywhere, I had been always deadly hungry until reaching Diu, some 450km southwest. Probably mainly because I cycled the back roads, it was very difficult to find some decent foods as well as snacks like tasty “samosa”, ”pakora” or “vada pao” etc. on the way in this section. Once I finally found a restaurant, they served wonderful curry which I managed to sip with rice seemed to be cooked 3 days before in order to survive. To make matters worse, I didn’t have enough energy to cook myself as I had been sick at that time. The only thing to provide me with stable taste was salted potato chips which had surprisingly became my staple food on the route. Diu was oasis for me not because we can get alcohol if we want unlike in dry Gujarat, but just there were food everywhere. I truly love Indian food and have fun at every meal but something went wrong only this time..



2014年2月上旬

アフダマーバードの町を歩いていると、すぐにムスリムの多さに気付いた。
南でもムスリムの人々は見かけるけど印象に残るほどの数ではなかった。
顔立ちも南とやはり違う。これがアーリア人の血ってやつなんだなと思った。

town gate

praying

glass of mosq

ここのモスクは本当に美しかった。
そしてムスリムの祈りを久しぶりに間近にしてその祈りの美しさにもハッとした。

mosq outside

mosq inside

アフマダーバードを出てからディウまでの約450kmはいきなり修羅場となった。
十分暑いんだけど、この地にしては暑くない2月。
特に厳しい自然環境なわけでもなければ道も別に悪いわけでもない。
ただ個人的に体調を崩し発熱と下痢が続いたのに加え、
さらに食物がないという状態に陥った。
正確に言うと食べ物はあるけど、全然口に合わず食える食べ物が見つからなかった。

象

美味しい食べ物で溢れるアフマダーバードを発ち、裏道を繋いで南下。

ピリピリ

コットン

食堂はおろか、サモサとかワラパオなどの軽食もなかなか見つからず、やっと食堂を見つけて入ればすばらしい味のカレーが出てきて、空腹なのにちびちびとカレーを3日前に炊かれたであろうライスと混ぜて、生き抜くためになんとか口にした。
中華に逃げても結果は同じ。
期待を裏切らない味を提供してくれたのは塩味のポテトチップスだけだった。
どこで何を食べてもハズレがなかった南部の食事が恋しくなった。

ポテトリップス1

ポテト

空腹時はたいてい何食べてもそれなりに美味しく食べられるとそれまで思ってきたけど、
この考えは覆され、カレーは大概美味しいという自分の中の定説も覆された。

ポテトチップスとペプシなどの食事を繰り返す。
体調はなかなかよくならず、自炊するパワーもなく常に頗る腹が減っていた。
寺や診療所でこまめに休ませてもらいながらゆっくり進んだ。

断っておくけど、この後北方のカッチ地方に入ると状況はすぐに改善され、
以後毎日北インド料理を楽しんでいる。
南のほうが好みだけど、野菜豊富なインド料理は大好きだ。
ただこの区間だけは何故なのかどうしようもなかった。
またこれは自転車移動であったからの問題であり、
走るルート次第で違った結果になったかもしれないわけで、
当然ただの一つのケースに過ぎない。
このエリアの食事云々を語っているわけではなく、
またそんな資格もちょこっと走っただけの自分にはないことを補足させてもらいたい。

露店で賑わうディウ15km手前のウナ(Una)という活気のある町に着いたときは
まるでオアシスに辿り着いたかのようだった。
法で禁酒が決められているグジャラート州に囲まれるように位置しているディウは飲酒パラダイス。1961年まで400年以上もの間ポルトガルの支配下にあったため、植民地時代の建物やきれいで静かなビーチが地元観光客を集めている。

diu market

diu church

indian tourists

Diu beach

基本、酒を飲まない僕は酒を飲みにきたわけでもなく、
かといって体調の悪い僕は観光もそこそこに
なるべく力がつくものを食べるようにしてあとは部屋で休んでいた。

ターリー

個人的興味からガンジーが生まれたポルバンダルという港町まで走る計画だったけど、
ここまで時間がかかりすぎてしまったのと食事の問題も怖かったので、予定を変更しショートカットで北上を決めた。

翌日、ルート上にあったアジアで唯一野生のライオンがみられるというササーンギル国立公園まで走った。サファリツアーの料金を聞くだけ聞いて見たけど、予想通りなかなかの料金(7,000円くらい)だったのでライオンの看板をバックに写真をとって自分を満足させる。

ライオン

この晩この町で食べたビリヤー二(炊き込みご飯)が、また悪意を感じるほどしょっぱかった。
良心的な値段だし、彼らがここで商売をしてくれているから
自炊せずとも腹が満たせるんだと思って耐えていたんだけど、
それまでの経緯もあり、4分の1も食べきらないうちにカチンときて
ワァーワァーと怒鳴りつけて場の雰囲気をぶち壊した。

その後、口直しで食べたポテトチップスは相変わらず絶妙の塩加減だった。



@Khajuraho・India


スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
36,938km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。