HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトインド (India)  »  美しい家 /Casa Linda
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6~8th January

One day Before I reached Cochin, an ancient port town for international trade, I made a call to my friend in Mumbai, to inform him that my cell phone finally had gotten life in India after one month-long sleep. In speaking, he told me his colleague and our friend, with whom I had met in their office in Mumbai, was staying in Cochin that time and I would be able to stay in his place when I reached town the next day. What a lucky man I was as usual. As I had been a bit tired of busy costal road in populated Northern Kerara, the long-absent conversation with my friend and the unexpected lucky news from him encouraged me very much.

Next day the friend appeared at our meeting place in Fort Cochin. I had thought I could stay in his family home but actually it was a hotel called “Casa Linda” (means “beautiful house” in Portuguese) located at the center of Fort Cochin, where the historically important colonial buildings were around. And surprisingly, the owner of the hotel was him (!), which I had not known at all until then. I had tasty and elegant sea food of Kerara cooked by professional chef in the restaurant of the hotel with him and enjoyed Kathakali dance, one of traditional Keralan arts, and well known Indian Ayurveda oil massage…

What a wonderful gift of stay from my friends it was to make me come in contact with local culture and art. I’m happy if you come to stay in Casa Linda to have a beautiful time and know how comfortable I was to be there;)



1月6~8日


ケーララ州北部(沿岸部)はメインロードを外れても交通量が多くて全然楽しめなかった。
ケーララはインドで最も人口密度が高い州らしい。納得。町と町の間があんまりなくて店がそこら中にあり誘惑が多くてジュース休憩とかで止まってばかりだった。海岸部はこの時期でもほんと暑い。日中は35度を越えてくる。

食堂ではもうあまりチャパティは見られなくなった。食堂では出稼ぎにきているネパール人をよく見る。これはケーララだけではなくインド中で見られる光景。そのため僕は毎日のように中国人とネパール人に間違えられている。おかわり自由の南インドスタイルの定食。うますぎて食いまくり。

南インド料理②

ハングリーな自転車旅行者には周りの目など気にしていられない。またケーララはスパイス生産で有名でただの揚げパンにもほのかにシナモンだか、カルダモンが効いていたりして、それだけで揚げパンはお洒落揚げパンになる。

スパイス売

揚げ物

チャイロング


入国から1ヶ月以上経ってようやくインド国内で携帯が使えるようになったので、ムンバイでお世話になった友人にまずその報告の電話をした。現在地を伝えたらムンバイの彼のオフィスで一緒に会った彼の同僚が今コーチン周辺の実家だかにいるという話になって、ちょうど翌日のコーチン入りを目論んでいた僕は、中心部フォートコーチンにあるという彼の家にお邪魔できることになった。久々の友人との会話と思わぬ展開にテンションが上がる。しかしタイミング良すぎ。

名物チャイニーズ・フィッシングネットを見ながらコーチン入り。網を海中に沈めて、漁師たちが複数人がかりで重い丸太を引いて引き上げるクラシックな漁法。中国から昔伝わってきたものらしいけど、その中国にはどうやらもうないらしくこれが見られるのは世界でこのコーチン周辺だけと聞いた。

チャイニーズFN

チャイニーズFN2

チャイニーズFN持ち上げ

古くから西側世界と交易を重ねてきた貿易港。16世紀初めのヴァスコ・ダ・ガマの上陸以降はポルトガル、オランダ、イギリスと植民地政策に翻弄されてきた。その時代の建物などが残る興味深いフォートコーチンというエリアは本島から突き出した半島部の先にあって交通量激しくクラクションでやかましい本島と違って割と穏やか。

コチ通り

コチ港

その友人が待ち合わせ場所にやってきて連れて行かれたのはその中心部にあるHotel Casa Linda。ここが僕のコーチンでの住まいだと説明を受けた。彼の家に行くのかと思っていたら、なんと彼の経営するホテルだった。5つ以上自分より年の下の友人。彼がすでにそんなポジションだったとは全然知らなかったのでほんとびっくりした。

このCasa Lindaのなんとも自分に似合わないエレガントな部屋で2泊を過ごした。食事はシェフの作る港町ケーララならではのシーフードがメイン。ベジかノンベジか尋ねられて、インドでは普段はベジにしてるけど、このチャンスにシーフードを食べなくてどうするということでノンベジチョイス。因みにその友人のお母さんは完璧なベジタリアンで肉魚を使った料理もしないので、彼は肉魚が食べたいときは外食するしかないって言っていた。ここらへんの話はとても興味深い。ということで、滞在中普段食べているインド料理とは違った上品の味を堪能。伝統舞踊のカターカリダンスを見に連れて行ってもらったり、アーユルヴェーダのオイルマッサージを体験させてもらったりと満喫してしまった。

メシ

カタカリ1

カタカリ2

カタカリ3

港の魚

マッサージのおかげで体軽くてどんなにペダルも軽かったことか。ペダルもすっかり重くなってきたし、そろそろまた電話してみるかな。

コーチンラブ
Cochin love

ボリウッド
Bollywood(?) in Cochin

Casa Linda (ポルトガル語で美しい家の意)、立地よく綺麗で料理うまくておすすめです。 貧乏旅行者には少し高めな値段かもしれませんが、余裕のある方は是非Casa Lindaで美しいコーチン滞在を。

3人
Rajan, Rejeesh, Venkat

CASA LINDA


Hotel Casa Linda
Dispensary Road, Fort Cochin
loginnscasalinda@gmail.com


@Jaisalmer・India

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
42,336km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。