HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトインド (India)  »  カンナダ語日記帳 /Kannada diary
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
When I was in Mysore the end of last year, I bought a new diary in a book shop, which looked so old that the new books sold there also looked second-hand. All diaries could be seen there were written in English except for the one I chose. My new diary is written not in Hindi or Tamil but in Kannada, a main language spoken in Karnataka state. I thought It’s very rare and cool. And what is more, there is fortune-telling for each day though I can’t read.


12月30日


来る年用に新しい日記帳を購入した。
古本店じゃないんだけど、店が古いので置いてある本も古本に見えるマイソールの書店。
たくさんある英語の日記帳の中から彼がひょっこり顔を出した。

表紙

ヒンディーでもタミル語でもなく、カンナダ語で書かれた日記帳。
カンナダ語はカルナータカ州で主に話されている言葉。
渋すぎる。

表紙をめくると51と鉛筆で書かれている。
安い。決まり。

60ルピーを差し出すと、10ルピーが返ってきた。
店員のお兄さんは首を横に揺らしている。
インドの人々は何かと首を横に揺らす。
何かを質問をしたときの反応に多いけど、会話の中でもよく揺らしている。
状況によっていろんな意味があるのだと思うけど、
この場合、“1ルピーは取っておきな”という意味だった。

その1ルピーが大事なのだけど、どうせまけてくれるなら、
いやお釣りを用意するのが面倒なら、最初から50ルピーって書けばいいのにって思った。

日記帳には日毎に何か書かれていてしばらく何だろうかと疑問に思っていたのだけれど、
後日カンナダ語が読める人に聞いたところそれはどうやら運勢占いらしい。

占い

あるページ

インド占星術占い付きのカンナダ語日記帳。
新年はこのカンナダ語の日記帳を日本語で埋め尽くす。

本日の運勢は、、読めないので分からない。




マイソール
マハラジャ宮殿の日曜夜のライトアップ(入場無料)


@Diu・India

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
53
素敵な日記は何で埋まってますか?
インドダイアリー。
出国する頃には、宝物になってますね!



55
Re: タイトルなし
他人には解読不能な汚ない字で埋まり始めてきたとこです
年々宝物が増えてきて管理に困ります

2月ももう終わりですね



Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
36,938km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。