HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトインド (India)  »  開けっ放し
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月上旬


ナマステ。

ムンバイの蒸し暑さに慣れてきた。
犬がたくさん駅のホームや道路上に寝そべっている。

犬ホーム

犬外

初めは死んでいるのかと思ったけど、大半はただ寝ているだけみたいだ(たぶん)。
自称テロリスト顔の友人サジド曰く、
暑いので地面に寝そべって体を冷ましているとのこと。
本当だろうか。
とにかく、インド南部沿岸部は冬でも暑いということが言いたい。

せんぷうき

列車はすごい。
お世話になっているGoregaonという場所から中心部へ
初めて行った帰りのラッシュアワー(18時頃)は戦争そのものだった。

Goregaon駅一つ手前のJogeshwari駅を電車が出たとき、
車両内の雑踏をなんとかかきわけドア付近の位置を確保、
下車準備は万全かに思われた。

ちなみにムンバイ市内の電車にはドアがない。
正確に言うとドアはあるんだけど開けっ放しで走っている。
おそらく他の大都市でも同じ状況だと思う。

パンパンに押しつぶされていた乗客は駅到着と同時に我先に外へと飛び出す。
間髪入れずという感じですぐさまプラットホームから人の群れが乗り込んで来る。
皆乗りそびれまいと全力でタックルしてくる。

その群衆のタックルにやられ降りることさえ許されず、
曲がった眼鏡のフレームを直すことさえできないまま
次の駅まで敗北感に浸りながらの小旅行。

隣で自分と体を密着しているヒゲもじゃおじさんから
「少なくとも2駅前から下りる準備をしなきゃいかん」との一言。

電車

ムンバイの電車利用者には1日平均で7人もの死者が出ているそうだ。
女性には安心の女性専用車両があるので、死者はほぼ男性と思われる。

車での死者数はどうなのかとサジドに訊ねたがわからないとのこと。
道路上を埋め尽くす車とオートリキシャ、人、牛、物。
そしてそれらが信号をさして気にせずに走っているように見える。
最初この国の信号ルールは独特なのかなと思ったけど、
そうではなくてやはりただ信号無視しているだけだと、何日かしてそういう結論に至った。
この町で車を運転できれば、世界中どこへいっても問題なさそうだ。
ちなみに鈍い僕はわずか10日間のムンバイ滞在で、
2度オートリキシャに軽くひかれている。

巨大都市を走るドアの開いたままの電車。
実際に旅して感じてみないとわからないけど、
このとても普通とは言えない走行スタイルが、
混沌としたインドという国をうまく表しているのかもしれない。



※現在ムンバイでは新しい鉄道サービスが建設されていて
 2,3年後にはちゃんとドアの閉まった電車が走っていると思われる。


@Hampi・India



スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
46
楽しんでますね
美味いカレーがあったら名前おしえて下さい(^^)

47
ずいぶん日本に近づきましたね!
おなかの弱い君がインドで無事か心配ですが(笑

もう少しで新しい年がやってきます。
来年もカラダに気をつけて ペダルを漕いでください。

よいお年をお迎えくださいね。

48
Re: タイトルなし
>Hiroshi

んー、、全種うまい。
カレーってやつはご飯にもチャパティにも他なんでも合っちゃうんだよな。
うますぎるわ。
ドーハはどう?何食べてんの?
馴染めてきたか?


49
Re: ずいぶん日本に近づきましたね!
>こたははさん

ただ飛んだだけなんですが、だいぶ進んだ気になりました笑

僕のおなかは弱かったんでしたっけ(?)
こちらの水にも慣れ、最強の状態です。
アフリカで鍛えられたんでしょうかね。

来年もペダルが漕げるように体に気を付けます。

寒さと雪道にお気を付けて。
よいお年を。


50
送別会で豪勢な刺し盛を食べさせたら
ソッコー おなか壊したじゃん(笑

あけましておめでとー!

51
Re: タイトルなし
こたははさん

あけましておめでとうございます
上品なものには対応しきれないみたいです、このお腹;)

刺し盛また食わせてください



Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
36,938km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。