HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト南アフリカ (South Africa)  »  手押し車
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
We fixed the flat tyres of the wheelbarrows that day.
They are a very important tool for us especially to carry the plants.
I’m used to changing a flat tyre, but it was not as easy as that of bicycle to take off the tyres from the wheels. It’s a big job.


手押し車のタイヤのパンク修理作業をした。
植物の鉢などを運ぶのにとても重要な手押し車。
でも園芸場内の手押し車5台のうち4台はいつの間にかパンクしていて
みんな強引に力で車輪を回してごまかしていた。
面倒臭くてみんな修理を怠けていた。
この日は「いい加減に直すべか」ということになった。
お陰様で自転車のパンク修理にすっかり慣れている自分は、
担当のタイヤ2本を30分くらいで終わらせて次の作業に移ろうと頭の中で考えていた。

が、予定は早々に狂う。
自転車のパンク修理とはわけが違った。

タイヤはスクーターのタイヤと同じくらいのサイズ。
まずタイヤをホイールから外すのに大苦戦。
ホイール周状についているボルトをラチェットとスパナを使って外そうとするけど、
錆が酷く、工具も適したサイズのものがなくてボルトの頭を嘗めてしまう。
半ば強引にボルトを外し、タイヤを外す作業へ。
ドライバーをタイヤとホイールの間にかまして「ふん」とやっても全然ダメ。
大きな釘抜きみたいな工具で「ふん」「ふん」「ふん」ってやってもやっぱりダメ。
どうやって外したかあんまり覚えてないけど、どうにか外すことに成功。
「ふんふんふん」ってたぶんやったんだと思う。

P1010761.jpg


浮き輪のように太いチューブを小池の中に浸すと、泡が吹き出てきた。
穴は全部で6つ。ここで一気に気持ちが折れ、早めの昼休みを挟んで再開。

新しいものがあればチューブを替えた方が早いけど、頑張って全部塞いだ。
そんな作業を2回。結局30分の予定が半日以上を費やす作業となった。

そしてパンク修理作業が済んだ今、
手押し車の上に乗っているのは植物ではなく、隊長のノーランだったりする。

P1010769.jpg
naughty nolan





スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
42,336km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。