HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト南アフリカ (South Africa)  »  泥沼にハマり候ふ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
It has been already twenty days without any progress since I applied for my visa extension. Every week I’ve been at the immigration office in Cape town, about 70~80km from where I am, and asked how the process is going to be after waiting a few hours. their answer is always the same ”We’re just waiting for a reply from Pretoria (the capital city of South Africa)”. I’m pressed for time because my present visa expires next Monday. I’ve applied for it eight times in other African countries so far, but it never took such a long time, at longest a week. By the way nine visa extensions in Africa could be a world record for a bicycle traveler maybe ?


ビザ延長を申請して20日が経った。
なんの音沙汰もない。
イミグレから渡された一枚の紙には
審査は30日以内に行われるとのみ書かれている。
電話で確認しても「ちょっと待ってろ」といって
おとなしく待っているとツーツーと切られてしまう。
何度やっても同じ。
他の人に頼んで代わりに確認してもらっても同じことになる。
電話代がばかばかしい。

滞在している喜望峰エリアからイミグレのあるケープタウン中心まで70~80km。
めちゃめちゃ遠いけど電話が意味をなさない以上、
実際現地に行って確かめるのが最も近道。
ということで自転車と電車を乗り継いで、
または通勤で町へ行く人に車で連れて行ってもらって
毎週イミグレまで足を運んでいる。

受付で整理券をもらって2階のビザセクションへ行く。
人々でごった返していて、いつも着いて早々とっとと帰りたくなる。
整理券には推定待ち時間が記されているのだけれど、
僕が着く頃にもらえるものにはいつも200~300分と記されている。
3時間、4時間待ってもらえる答えは
「プレトリア(南ア首都)からの連絡はまだ来ていない」これだけ。
他の質問は一切無視される。

イライラと焦り。

もう出発する準備はとうに整っている。
みんなにさよならを言えずすっかり間延びしてしまった。
ここに滞在して9週間にもなる。
まず30日以内というそのあいまいな表現をなんとかしてもらいたい。
だいたい審査期限の30日を待たずに、
来週月曜日で手持ちのビザの有効期限が切れてしまう。
僕の提出した申請用紙は本当に審査の過程にあるのだろうか。
どっかに放置され忘れられている気がしてならない。

今まですでにアフリカ8ヵ国でビザ延長を行ってきたけど
待たされても1週間以内だった。
それにこの日にもう一度来いといつだって日時を指定してくれていた。

どこか他の州のイミグレで結果を受け取れるかと訊ねれば答えは「No」だ。
動きようがない。
幸運にも今無料で滞在させてもらえる場所のある自分はまだいいけれど、
そうでない人は素直に考えれば
ずっと宿代を払い続けて待たないと行けないわけだ。
旅行者には不都合極まりない。

しかし書いてて思ったけど、アフリカでビザ延長9カ国目っていうのは
ひょっとしてチャリダー世界最多珍記録とかなんじゃないだろか。

物好きな方どなたか調べがついたら教えてください。




スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
15
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
42,336km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。