HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトイギリス (United Kingdom)  »  the land of sheep under rainbows
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30th May 2016

I can’t know how many hills with a number of sheep grazing on its steep slope I needed to cycle over in these countries while always keeping my attention to the sky where dark grumpy clouds coming close from miles and miles away at quite a speed. Then shortly after a shower or sometimes even a storm, colorful natural arches often appeared and soon disappeared. Does anyone in his or her life have a miracle to see as many as four those arches in a day? It happened to me. Just amazing!

Now I’m proudly leaving Europe for the next stage across the Atlantic. Thanks and greetings to all my friends from the United Kingdom, the land of sheep under rainbows performed by truly changeable weather.

hill and sheep

rainbow


どうも毎度のこと大変お久しぶりです。オランダから北海を渡りイギリスを旅していました。噂に聞く変わりやすい天気への対応に日々苦労させられましたが、それが故に滞在中実に20本もの虹を拝んでしまうというなかなか素敵な環境に身を置くことができました。同時進行だった約2ヶ月に及ぶアメリカビザ申請および取得の一連の作業に縛られた中での走行となりましたが、つい先日ようやくビザを取得しましてめでたくアラスカへの道が開けました。ということでいよいよ北米に舞台を移します。頂いたスコティッシュウィスキーが効いていて酔っ払っております。空港にちゃんとたどり着けるんでしょうか。それではいってきます。

羊と虹の王国イギリスより。    
        
                             2016年5月30日
                             facebook 投稿挨拶


love

flower

a rainbow in london

red deers

london

bagpipe

orkney

flags

wales

cw

busstop

glencoe

tr

blue morning

give way

shell

gl

ab

pp

sheeeep

rainbow2

skye

usa

nok

gns

bus stop

emerald

bike trek

shetland

rainbow3

mask boy

rainbow4

bridge camp

uchujin

rainbow5

sea and sheep

shet bird

lunch time



4月1日。桜咲くロンドンを発ちテムズ川に沿って向かったのは北。

北を目指したのはそのずっと先に雄大な自然が広がるスコットランドがあるからなんだけれども、もう少し突き詰めていうと、ネス湖に棲むネッシーにどうしても会いたかったから。

nessie

いやいや決してそういうわけではなく、インドからの道程を振り返るのにもっとも相応しい場所を探していた自分を惹きつけたブリテン島最北端・ダネットヘッド(Dunnet Head)まで行きたかったからだった。

5月9日夕刻。不安定な天候がずっと続いていたけど、この日は嘘のような晴天に恵まれた。海の向こうにはオークニー諸島がはっきりと見える。先端特有の風もこの日は穏やかに吹いていた。

dunnet head

短い達成感の後にすぐ思ったことは、喜望峰に着いたときとまったく同じだった。
またこれが新たな旅の“始まり”だということ。

sunset at dh





と、いうことでカナダはブリティシュコロンビア州のバンクーバーに無事着いています。
新たなステージへの出発となった5月30日は自分の旅の7周年の記念日でした。

徹夜してその日の朝を迎え、目を擦りながら下りてきたアンドリューが前の晩わざわざ実家から拝借してきた車で送ってくれました。ロンドン滞在中ありがたいことにずっと彼らのシェアハウスの屋根裏部屋に泊めてもらっていました。最寄の駅までという話だったんですが、どうも方向が違うなと思って訊ねると“すぐそこだから”と仕事前だというのに約50kmも離れた空港まで送ってくれました。彼のさりげない静かな優しさに心から温められました。アンドリューはパミール高原にあるムルガブという町で交差し、2晩の束の間の休足と凍てつく寒さを分かち合った自転車仲間です。ロンドンのみならずイギリス滞在2ヶ月を通して彼には本当にお世話になりました。

with Andrew

cheers

爆睡を企んでいた空の旅でしたがたやすく寝させてはもらえませんでした。雲の上から窓越しに見えたグリーンランド周辺の氷や雪を被ったカナディアンロッキーの姿に興奮してしまい目が覚めてしまったのです。

何度もトイレに席を立ちました。その多くは生理的な理由ではなくトイレ前にある窓からの景色を求めてのことです。オンラインでのプリチェックイン時に通路側の席を選んでしまいました。この絶景の大西洋横断フライトで通路側を選ぶとは人生最大級の過ちでした。困ったもので僕は小便が近いのです。

空港のベンチで1泊したあと、組み立てた自転車のサドルやブレーキを微調整しながら町に向かいました。イギリスでの左側走行から右側に変わったためちょっと戸惑いました。山と海が雄大で自然のスケールのでかさに、早くも驚きの連続でした。


まず購入したのは地図。それを広げてあれこれルートについて考えていました。まだ6月ではありますが、走れる季節が限られているエリアなので、ここから北上そして南下というルートを描いている自分はかなり急ぎで回る必要があります。

そもそもなぜアラスカではなくバンクーバー・インにしたのかというとアメリカビザが取れるか否か分からなかったからです。安い航空券で飛ぶには早めにチケットを確保する必要がありました。ロンドンのガトウィック空港からバンクーバーの国際空港までAir Transatの直行便で片道205GBP(約32,000円)。カナダも片道チケットでは入国が厳しいようなので満を持して往復で購入したため410GBPかかっています。ちなみに自転車は別で20GBP、超過分の荷物は65GBPで計85GBP(約13,000円)を当日追加で支払っています。

実際は出国チケットの提示は求められませんでしたし敢えて提示もしませんでしたが、パスポートにたくさんのイスラミックな国々のスタンプがあるため、バンクーバーの入国検査で係員にパスポートを見せた瞬間、“オーマイガッ”とわかりやすい反応をされ別室に呼ばれ入念に調査をうけました。旅への理解を得られたあと銀行の残高証明の提示を求められました。時間はかかりましたが、復路チケット必要なかったかもなぁとちょっと思いました。でもこればっかりはなんともいえません。

ただこの復路チケットはアメリカ(アラスカ)への越境時の手っ取り早い出国証明にはなってくれるので、全く無駄というものにはなりません。

ここ最近は自転車整備フライト準備などでバッタバタでしたが、いよいよアメリカ大陸走行のスタートラインに立つことができました。新たな大きな冒険に今乗り出します。

vancouver


@Vancouver・Canada
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
182
無事でなにより
頑張ってるね神保くん。もうちょい頻繁に更新してね。心配するし。

183
Re: 無事でなにより
かじくんおひさ

元気かい?かじくんなら大丈夫だと思ってたよ ならだけにね
アラスカに向けて疾走中だよ、メールチェックにちょっとストップ

184
ついにアメリカかぁ
森井さんがママになり、退職することになりました。
今日が最終出勤日です。
そして、大西さんが来月結婚するそうです。

変わらないのは私たちだけかも・・・(笑

今度はいつ会えるのかしらねー

185
Re: ついにアメリカかぁ
そうですか、森井さんに大西さんが。めでたいですね!
2人がいなくなったら、回るものも回らなくなっちゃうんじゃないですか

ちなみに僕のほうはまだ折り返しかなと苦笑

Trackback
Comment form
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
40,018km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。