HOME   »  2014年03月
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21st January 2014

There are many places which have a long and hard-to-remember geographical name in India particularly along the east coast. A temple town, Rameswaram, which would be one of them, was bustling with devotees from all over the country when I arrived.

As I wanted to see the legendary Adam’s bridge, I cycled 15km further from there up to a small fishing village where the share-ride truck had waited for the passengers to Dhanushkodi, some more 5km away. I parked my bicycle and took a ride on the truck because deep sand made it impossible to cycle further.

In Dhanushkodi, once flourishing tourist and pilgrimage town and destroyed in the 1964 cyclone, now only a small number of fishermen lived there though the place had been declared as unfit for living by state’s government since the disaster. Some ruined building was seen uncontrolled around the village covered by sand. People told me that I needed to hire a jeep or walk on deep sandy road more 4km to reach the Adam’s bridge and even if I tried the Indian navy would stop me visiting there.. I reluctantly turned around because the truck was calling me with a horn.

I have no confidence in remembering the name of the abandoned village. However, the scene of a young fisherman mending their nets sitting on deep and white sand will continue to live on my mind.



2014年1月21日

長くて覚えにくい地名が多いインドの東海岸。
ラーメシュワラム。これはまだ簡単な方か。
でも周辺を走っていた当時、道を訊ねるときよく舌を絡ませていた記憶がある。
今はもうさすがに難なく言えるようになったけど。

海

船

ヒンドゥー教聖地であるそのラーメシュワラムは予想通り巡礼者で賑わっていた。
インド各地から信者が訪れるため、北インド料理を出すレストランも多く見られた。

はし

寺

到着したお昼時、安宿はまったく空いておらず部屋探しを諦め、
ひとまずチャリでアダムズ・ブリッジに行くことにした。
アダムズ・ブリッジはスリランカに向かって伸びている島々や岩礁からなる天然橋。

フロントバッグのマップケースに入れている地図の折り目が
ちょうどラーメシュワラムの町付近にあったので、
実は当日まで町の中心部が、
本土と大きな鉄橋で繋がったラーメシュワラム島の端っこで、
アダムズ・ブリッジもそこから伸びているのだと思っていたんだけど、
地図を広げてみればまだ20km以上端の端まではある。
暑いのに面倒臭かったけど、
そうわかってしまったら“行くっきゃねぇ“と思い腰を上げた。

15kmくらい走ると小さな漁村に着いた。
ここから先は砂が深く自転車で行くのは無理な様子。

1時間置きくらいでピストン運行している乗合ジープ(往復100ルピー)で約5km先にあるダーナシュコディ(Dhanushkodi)という漁村へ。

砂道バス

海バス

1964年のサイクロンで壊滅的な被害を被ったという村で、
部分的に砂に覆われる形で崩壊した建物が周辺にそのまま残されていた。
古くからの聖地のようでジープの乗客は大方やはり遠方からのヒンドゥー信者だった。

建物


現在の姿から想像するのはあまりに難しいけど、
1964年以前はチェンナイから鉄道がここまで伸びスリランカへのフェリーが出航していたため、行き交う人々でとても賑やかで栄えた町だったらしい。
サイクロン被害以来、自然災害を受けやすい地理的要因から
州政府は“人が住むに適さない場所”として見限り、
復興活動は行われていないそうだ。

通路おっちゃん

砂上の船

うき

その後、スリランカの航路はおそらくラーメシュワラムの町(?) に移されて存続していたようだけど、スリランカ内戦の激化で1984年以降この航路はやはり閉ざされたまま。「先日、国に戻って生まれて初めて国内を旅して回った。きれいな国だと思った。」 約2年前マラウイのムズズという町にいたときに、僕よりも年が少し上と思われるスリランカ商人がそう話していたことをよく覚えている。26年続いた内戦は2009年に終わった。内戦が終わってもう5年ほど経つ。航路がまだ開かれないのはシンハラ人とタミール人の溝の深さを反映しているのか。

天然橋を拝むには、この村からさらに4kmだか深い砂を進まなければならないとのこと。歩く他にジープをチャーターでもしなければそこまで行けない。
そして仮に行っても今は海軍が警備していて先に進めないみたいなことを人々は言っていた。

因みに、空から見るとそれらの島々岩礁は繋がっているように見えるらしいけど、少なくとも現在は繋がってはいないので歩いてはいけない。ヒンドゥーの叙述詩”ラーマーヤナ”の中で、魔王に妻をスリランカへとさらわれたラーマ王子が妻スィータを救い出すため、サルの将軍ハマヌーンの助けを借りて架けたとされる伝説が残る。

看板

もう少しいたかったけど、自分以外が既に乗り込んだジープがクラクションで早く来いと呼んでいる。今の自分に団体行動はきつい。

“見捨てられて”も尚この地に留まり、
ほそぼそと漁をしながら生きる人々が暮らす村を後にする。

急いで戻ろうとするけど砂が深くてなかなか進まない。

砂

この辺境で漁網を修理する少年の姿や砂の白さ深さは僕の中に焼きついている。
ただ、ダーナシュコディ、この名前はどうにも覚えていられそうにない。

少年


@Pushkar・India


スポンサーサイト
14~16th January

The first day of Pongal festival in Tamil Nadu, a fireman, Mr Gopal, came to run pararell to me with his motorbike on a narrow road when off-duty and eagerly invited me to his village called Papanasam, some 60km from where we were then, in order to eat Pongal rice (sweet rice boiled with milk and sugar) and enjoy the festival with his family. He said there were a beautiful lake and waterfall in Papanasam, located on the bottom of the Western Ghats mountains which contains a number of endemic wildlife including tigers.

I was very happy and curious about the place but visiting his place meant taking the long way and most importantly I had already tasted Pongal rice, whose sweetness had almost knocked me down, in the morning with some kind Indian family, so I refused his kind offer. He went away after giving me information about Jallikattu, the annual bull taming event held in Alanganallur, a town near Madurai, as part of the Pongal festival.

The day after next I visited the town and could watch the exciting event thanks for him. Though I enjoyed Jallikattu, I felt I had a lump within my mind. What was his village Pananasam like? A photograph he sent to me later makes me have much more interest in the place.



1月14~16日

早朝からペダルを漕いでいると、
路上にデカデカと描かれた”Happy Pongal”の文字。
周りを見渡せば各家庭の玄関前で、
鮮やかな”Happy Pongal”のコーラムを作成しているママの姿が。
そうか、今日なのかポンガルって。

kolam

一年の収穫を神に感謝するとともに、
新たに始まる年の豊作を願う南インドで4日間に渡って行われるお祭り。
農家に感謝し、太陽に感謝し、家畜(特に牛に、と思う)に感謝する。
南インドのヒンドゥーの人々にとってはこの日が元旦にあたるようだ。
ポンガルというミルクと砂糖で炊く甘いご飯を各家庭で作っている。

pongal1

pongal3

ライス作り

親戚一同がやってきてわいわいするお祭りのようで、
ポンガル作りを見ているといつもにも増してお招きの声がかかる。
ポンガルやら、バナナやら、スナックやら、でっかい紫色したサトウキビやら、
断っても断りきれずに各家庭から大量に頂いてしまった。
因みにポンガルはとっても甘い。各家庭から頂いたのでマジでしびれた。
こういう状況でNoと言える強い心臓が欲しい。

ポンガル

荷物満載のチャリにサトウキビまで積んだ自転車に興味を持ったのか
バイクに乗ったゴパルさんという男性が並走して僕に付いてくる。
まぁサトウキビ云々に関係なく並走されるのはいつもどおり。
いやあいつもどおり粘っこいなぁと思ったけど、
感じの良い人だったのでしばらく会話に付き合う。

彼は彼の住むパパナサムという村に来るようにしきりに勧めてきた。
そして家族と皆で「一緒にポンガルを食べようよ」と言ってくれていた。
西ガート山脈の麓に位置するパパナサムは湖と滝があってとても綺麗なところらしく、
トラも出るような自然の中にある村らしい。
もうこれ以上ポンガルは勘弁だったことに加え、
60km近くのかなりの遠回りになるので“今度こそは”と、
彼の粘っこいオファーにNoを押し通した。
それに消防士のゴパルさんはこの日夜勤で帰宅するのは翌日の朝。
朝帰ってきたら睡眠が必要だろうし、きっとお邪魔してもグダグダな滞在になる気がした。

ゴパルさんはマドゥライ北方の町Alanganallurでポンガル祭の一環で行われるという牛の飼いならしイベントのことを教えてくれて、詳細な日時を新聞で調べてから後でSMSで教えてくれた。またこの日の僕の目的地だった町にある消防署を紹介してくれ、その日は署内にテントを張らせてもらえた。

その翌々日のAlanganallur、朝7:30過ぎ。
ジャリカトゥが始まった。
次々に出てくる装飾された牛に男たちがしがみつき、
いかに長くまたはナイスに牛をホールドしたかを競っている様子。

J2

J1

J10

毎年のように負傷者、死傷者が出て問題となっているデンジャラスなイベントらしい。
それ故になかなか迫力あるものだった。
最優秀パフォーマンスを見せたものにはHERO HONDAのモーターバイクが贈られた。

J7

J8

J9

J3


ゴパルさんのお蔭で見られたジャリカトゥは面白かった。
ただ僕の中に残るこのシコリは何なのか。
僕にこんなにも親切にしてくれたゴパルさんの住む
パパナサムとはどんなところなのだろう。
彼が後日送信してきた写真がパパナサムへの興味をいっそう膨らませる。

gopal
photo from Gapal-san

なんですかこの写真。

たかが60kmの寄り道。
Noの押し通し場所を間違えたかもしれない。



@Jodhpur・India

6~8th January

One day Before I reached Cochin, an ancient port town for international trade, I made a call to my friend in Mumbai, to inform him that my cell phone finally had gotten life in India after one month-long sleep. In speaking, he told me his colleague and our friend, with whom I had met in their office in Mumbai, was staying in Cochin that time and I would be able to stay in his place when I reached town the next day. What a lucky man I was as usual. As I had been a bit tired of busy costal road in populated Northern Kerara, the long-absent conversation with my friend and the unexpected lucky news from him encouraged me very much.

Next day the friend appeared at our meeting place in Fort Cochin. I had thought I could stay in his family home but actually it was a hotel called “Casa Linda” (means “beautiful house” in Portuguese) located at the center of Fort Cochin, where the historically important colonial buildings were around. And surprisingly, the owner of the hotel was him (!), which I had not known at all until then. I had tasty and elegant sea food of Kerara cooked by professional chef in the restaurant of the hotel with him and enjoyed Kathakali dance, one of traditional Keralan arts, and well known Indian Ayurveda oil massage…

What a wonderful gift of stay from my friends it was to make me come in contact with local culture and art. I’m happy if you come to stay in Casa Linda to have a beautiful time and know how comfortable I was to be there;)



1月6~8日


ケーララ州北部(沿岸部)はメインロードを外れても交通量が多くて全然楽しめなかった。
ケーララはインドで最も人口密度が高い州らしい。納得。町と町の間があんまりなくて店がそこら中にあり誘惑が多くてジュース休憩とかで止まってばかりだった。海岸部はこの時期でもほんと暑い。日中は35度を越えてくる。

食堂ではもうあまりチャパティは見られなくなった。食堂では出稼ぎにきているネパール人をよく見る。これはケーララだけではなくインド中で見られる光景。そのため僕は毎日のように中国人とネパール人に間違えられている。おかわり自由の南インドスタイルの定食。うますぎて食いまくり。

南インド料理②

ハングリーな自転車旅行者には周りの目など気にしていられない。またケーララはスパイス生産で有名でただの揚げパンにもほのかにシナモンだか、カルダモンが効いていたりして、それだけで揚げパンはお洒落揚げパンになる。

スパイス売

揚げ物

チャイロング


入国から1ヶ月以上経ってようやくインド国内で携帯が使えるようになったので、ムンバイでお世話になった友人にまずその報告の電話をした。現在地を伝えたらムンバイの彼のオフィスで一緒に会った彼の同僚が今コーチン周辺の実家だかにいるという話になって、ちょうど翌日のコーチン入りを目論んでいた僕は、中心部フォートコーチンにあるという彼の家にお邪魔できることになった。久々の友人との会話と思わぬ展開にテンションが上がる。しかしタイミング良すぎ。

名物チャイニーズ・フィッシングネットを見ながらコーチン入り。網を海中に沈めて、漁師たちが複数人がかりで重い丸太を引いて引き上げるクラシックな漁法。中国から昔伝わってきたものらしいけど、その中国にはどうやらもうないらしくこれが見られるのは世界でこのコーチン周辺だけと聞いた。

チャイニーズFN

チャイニーズFN2

チャイニーズFN持ち上げ

古くから西側世界と交易を重ねてきた貿易港。16世紀初めのヴァスコ・ダ・ガマの上陸以降はポルトガル、オランダ、イギリスと植民地政策に翻弄されてきた。その時代の建物などが残る興味深いフォートコーチンというエリアは本島から突き出した半島部の先にあって交通量激しくクラクションでやかましい本島と違って割と穏やか。

コチ通り

コチ港

その友人が待ち合わせ場所にやってきて連れて行かれたのはその中心部にあるHotel Casa Linda。ここが僕のコーチンでの住まいだと説明を受けた。彼の家に行くのかと思っていたら、なんと彼の経営するホテルだった。5つ以上自分より年の下の友人。彼がすでにそんなポジションだったとは全然知らなかったのでほんとびっくりした。

このCasa Lindaのなんとも自分に似合わないエレガントな部屋で2泊を過ごした。食事はシェフの作る港町ケーララならではのシーフードがメイン。ベジかノンベジか尋ねられて、インドでは普段はベジにしてるけど、このチャンスにシーフードを食べなくてどうするということでノンベジチョイス。因みにその友人のお母さんは完璧なベジタリアンで肉魚を使った料理もしないので、彼は肉魚が食べたいときは外食するしかないって言っていた。ここらへんの話はとても興味深い。ということで、滞在中普段食べているインド料理とは違った上品の味を堪能。伝統舞踊のカターカリダンスを見に連れて行ってもらったり、アーユルヴェーダのオイルマッサージを体験させてもらったりと満喫してしまった。

メシ

カタカリ1

カタカリ2

カタカリ3

港の魚

マッサージのおかげで体軽くてどんなにペダルも軽かったことか。ペダルもすっかり重くなってきたし、そろそろまた電話してみるかな。

コーチンラブ
Cochin love

ボリウッド
Bollywood(?) in Cochin

Casa Linda (ポルトガル語で美しい家の意)、立地よく綺麗で料理うまくておすすめです。 貧乏旅行者には少し高めな値段かもしれませんが、余裕のある方は是非Casa Lindaで美しいコーチン滞在を。

3人
Rajan, Rejeesh, Venkat

CASA LINDA


Hotel Casa Linda
Dispensary Road, Fort Cochin
loginnscasalinda@gmail.com


@Jaisalmer・India

Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
35,906km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。