HOME   »  2013年09月
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22~29th June, 2013


My first contact with tiny Swaziland had given me such a big impression that I couldn’t help writing down the conversation I had had that day with an immigration officer in Josefsdal, a shared border with South Africa.

Me:「Yebo(Hello).」
IO:「Yebo.」
IO:「Are you alone?」「Don’t you have a partner?」
He started a conversation while flipping over the pages of my passport.
Me:「Yes, I’m traveling alone. I will maybe find someone in Swaziland.」
I replied with a traditional statement on my travel in Africa.
Of course It was a joke and didn’t have any further meaning.
IO:「Serious? 」「Then take this with you.」
He didn’t make a laugh at all and handed a package to me, close in size to that of biscuits. I turned my eyes down on the package and knew that it was a bundle of 10 pieces of condoms.
Me:「No No No, No worries Sir, I don’t need.」
I was surprised at his unexpected behavior and tried to return it to him laughingly.
IO:「It’s not a laughing matter. Take and carry it along.」
He added another package onto the bundle of condoms on my palms.
Me:「…」
Me:「OK. Thank you. So, I will take them as a gift for villagers」
I said to him while folding 20 condoms, but which seemed to have made him feel uncomfortable and he took away all of them from my hands.
IO:「Just leave unless you use for yourself.」


Swaziland has one of the world’s highest HIV infection rates, as well as the neighboring countries in Southern Africa. I had seen scenes in Botswana, of villagers praying for putting an end to the spread of AIDS. As is the case in South Africa and Lesotho, condoms were distributed freely in public places, like a municipal office or a dispensary, or even in the walkway of a shopping mall, though I was wondering whether the number of them was enough and if they reached the people who really needed them, which revealed the seriousness of the epidemic of AIDS in the area. Anyway, still I questioned whether they had the financial capacity so as to provide as many as 20 condoms to a tourist passing by like me.

There was a large scale orphanage in a small town called Blembu, just after the border. At dusk some orphans were walking around to gather firewood. Now that I think about it, most of them might have been orphaned by AIDS. They said that the women’s infection rates were overwhelmingly high in Swaziland due to the lowness of women’s status besides the lack of knowledge about AIDS.

Polygamy is legal in Swaziland though her people are predominantly Christians. It’s renowned throughout the world that the King Mswati DlaminiⅢ has as many as 13 or 14 or maybe 15 wives and a lavish life style despite of the hardship of his people (as is the case in many impoverished countries around the world)

Swati(30years old) and Zakele(29years old) ,some jolly truck drivers with whom I had gotten friendly, also had 4 wives for each. Swati was planning to have a 5th one before long and unenthusiastically told me “I would have to prepare another 18 cows.” As widely seen in some other countries in Africa,
there is a traditional custom to present some cows at the time of their marriage to the parents of the partner as a betrothal gift with the expression of gratitude for their parental care. This is a source of concern to most of the young African men who can’t afford it. Normally in Swaziland they are supposed to prepare 18 cows (11 for African men in South Africa) per a marriage though the number changes depending on the status of the partner’s parents. I heard that the average price of a cow in Swaziland was 3,000 Emalangeni ( 375USD, about half or two thirds of the price in South Africa) . Unquestionably It is a great deal of money for them. Swati added with giving a horse-laugh “Likewise, you should be able to have at least five wives if you stay in Swaziland” I took that as a compliment but I thought it would be enough if I could have even just “one partner” in my life.

On the third day of my stay in Swaziland with such national background, I had an opportunity in Mbabane, the capital town, to meet a lady, quite different from the ”weak and discreet” image of the Swazi ladies I had had until then. She was my Swati-contact that had been arranged by courtesy of my very kind host in Barberton, a gold mine town in South Africa, so that I could save money for accommodation there.

Early evening in front of the town council, the meeting place for us, the tall lady came along a little late, dressed fashionably. She seemed to be in her middle thirties, a few years older than me.“Finally you arrived.” First of all she said. That morning I had made a call to her from some 70km before Mbabane and told her I would call again when I got close there. Soon after that she had left her house, about a half hour walk to the town, she told me. She was likely to have thought I came there by car not by bicycle. She didn’t know anything about me as well as I didn’t about her.

「Shall we go to the restaurant for dinner before leaving? I forgot to bring my purse but you have money with you don’t you?」Tough I had carried something to cook, I nodded with knowledge of what that meant and followed her after leaving my bicycle to a security guard in the Swazi telecom office as she suggested me so. I thought she wanted to go to fast food shop or such places, but she went in the big shopping mall where the modern shops lining up on either side, totally strange places to me. A fancy Chinese restaurant was seen just after going up the escalator. To nobody’s surprise her eyes were looking straight at the entrance of the fancy restaurant. It would have been the last place someone without purse could be allowed to come in. How could I have guessed this would happen? No, there had been no doubt in my mind from the beginning. I was looking for the right timing. And when we got short of the entrance finally I summoned up the courage to tell.

Chilly air was breezing on the way to her place, which wouldn’t have been only because of winter or its high altitude.

I was sorry that I had disappointed her expectations. She had expected a wealthy tourist to come with a classy car but in reality it was a vagabond who carried all essential commodities on his bicycle. Above all I felt kind of miserable and unworthy as a man.

I thought of staying for two nights in Mbabane because I had some personal work I had wanted to finish. As I talked with her I knew she was kind and good-hearted person, however, I hesitated to ask her on the grounds that I was an unwelcomed guest. I pitched my tent in the compound of her apartment for a night and left. I didn’t ask but it seemed that she was single and living alone there.


Her surname was Dlamini, same as that of the King MswatiⅢ. That is to say she was a member of the royal family. I was not strangely surprised when I heard that at first. The person without the nerve like hers would be unfit for the king.

Once I left Mbabane altitude decreased rapidly and as I head east, the vegetation changed into that of the savanna region. The reason of the reddish road surfaces was the transits of the iron-ore, carried by trucks to export it to Mozambique. Cassava and “Bhajia”(fried bean cake) ,I had used to eat in Mozambique was sold on the roadside, tropical air gradually began to surround me. Right after cycling through the sugar cane fields South Africa already appeared on the scene.

I took out my passport and went through the immigration control. I had been very much ready to say “I will find someone in South Africa” But unfortunately nobody asked me anything about that.




2013年6月22~29日


南アフリカ・スワジランド国境Josefsdal。
スワジランドへの入国はとても印象的なものだった。
イミグレ係員と交わした会話を書き記しておこうと思う。

ジン:「イェボ (こんにちは)」
係員:「イェボ」
係員:「お前一人か?」「旅のお供はいねぇのか?」

パスポートのページをめくりながら係員は雑談を始めた。

ジン:「はい、一人です。スワジランドで見つけようと思っています。」
僕のアフリカ旅ですっかりお決まりとなった返事をする。

係員:「マジか?」「だったらこれを持って行きなさい。」

それ以上の意味は欠片もなかったけど、
係員はお決まりの返事にピクリとも笑わず、ビスケットサイズの包装物を自分に手渡した。目線を落として確認する。

コンドームの束(10個)だった。
ジン:「いやいやいや、いらんですよ。心配ご無用です。」
彼の思わぬ言動に笑いながら返そうとする。

係員「笑いごとじゃねぇ、持って行きなさい。」
彼は僕の手のひらの上のコンドームの束にもう一束コンドームを積み上げた。

ジン:「…」

ジン:「では、村人たちへのギフト用に持っていきます。」

両手にコンドーム20個を乗せながらそう伝えたけれど、
その返答は彼の機嫌を損ねてしまったようで、すべて取り上げられてしまった。

係員:「お前が使わねぇなら置いていけ。」


世界一HIV感染率の高い国の一つとして知られるスワジランド。
周辺の南部アフリカ諸国もみな一様に感染率が高い。
ボツワナでは村人が集まってHIV蔓延の抑止に祈りを捧げる光景が見られた。
南アフリカやレソトでもそうだったけど、スワジランドでもやはり町役場や診療所などの公共の施設やショッピングモールの通路などでコンドームが無料で配布されている。

P1040015.jpg

その数が十分なのか、地方やそれが本当に必要な人の手に届いているのかわからないけれど、HIV蔓延の深刻さがこんな形で見て取れる。
しかし、20個も通りすがりの一人の旅行者に提供している財政的余裕があるんだろうか。

DSC_3101.jpg


Blembuという国境を越えてすぐの町には大きな孤児院がある。
夕暮れどきに孤児たちが薪木を集めていた。

DSC_2871.jpg

考えてみると、彼らのうちの大部分は親をエイズで失ったHIV孤児なのかもしれない。
スワジランドでは女性の感染率が圧倒的に高いらしく、
エイズに対する知識不足の他に女性の地位が低いことが大きな原因の一つだと聞いた。

クリスチャンが圧倒的に多い王国だけど一夫多妻制が公認されていて、
国王のムスワティ三世(King Mswati DlaminiⅢ)は、
13人だか14人だか、15人だか知らないけどとにかく多妻なことで世界的に知られている。
そして国民の困窮をよそに浪費生活を続けるトップとしても有名だ。

親しくなったトラック運転手のSwati (30歳)とZakele (29歳)は2人とも4人の妻を持つ。
Swatiは5人目を計画中らしく「もう18頭牛を用意しないと」と仕方なさそうだった。

P1040110.jpg

他の国でもよく見られるように、
スワジランドでも結婚の際に、育ててくれた感謝の意で、
相手の両親に結納品として牛を贈る風習がある。
この風習にお金のない青年たちは皆頭を悩ましている。
相手の女性の親の地位に依るようだけど、
スワジランドでは通常は18頭(南アフリカの黒人は通常11頭)の牛が必要らしい。
牛1頭約3,000エマランゲニ(南アの約半値)が相場だと聞いた。紛れもなく大金だ。
Swatiは「お前がスワジに定住すれば5人は妻を持てるぞ」とゲラゲラ笑いながらいっていた。光栄だけど正直全くもって1人持てたならば十分だなと思った。

そんなお国柄のスワジランドに入国して3日目、
首都ムババネで僕が抱いていた弱くて控えめなスワジ女性のイメージとは
まったく異なるタイプの女性と出会った。
国境手前のバーバートンで泊めて頂いた方のご好意で“宿泊にお金を使わなくて済むように”と僕のホスト先として頂いていた連絡先の相手だった。

待ち合わせ場所の町役場前。
少し遅れてやってきた長身の彼女はお洒落に着飾っていた。
歳は僕より少し上の30代半ばといったところか。

「ようやく到着したのね」
その日の朝、僕が約70km手前から連絡を入れ
“近くまで行ったらまた連絡します”と伝えた後、彼女はすぐに町に出て来たのだという。
僕が自動車に乗ってやってくると思っていたらしい。
僕が彼女のことを全く知らないのと同様に彼女も僕のことを全く知らないようだった。
「夕食を済ませてから家に向かいましょうよ」
「財布忘れてきちゃったけど、あなたお金持っているわよね」
その意味を理解した上で彼女に従い
自転車をスワジテレコムの駐車場に預けて歩き出す。
ファーストフード店にでも行きたいのかなと思っていたら、
全く自分と縁の無いモダンな店が並ぶショッピングモール内に入っていった。
エスカレーターを上がった先に高級中華料理店が見えた。
まさかとは思っていたけど、いや絶対そうだと思っていたけど、
案の定彼女の視線はその高級中華料理店の入口を捉えている。
“財布を忘れてきた”者が入っていけるようなレストランではなかった。
タイミングを伺っていたけど入口の手前まで来たとき、
ここぞとばかりに申し上げた。

彼女の家までの道にはひんやり涼しい空気が流れていた。
冬のためでもその高い標高のためだけでもなかったと思う。

彼女の期待を裏切ってしまって申し訳ない気持ちになった。
期待していた高級車にでも乗ったリッチな訪問者は、
生活品一切を自転車の荷台に積んだ放浪者だったのだから。
でもそれ以上になによりもなんだか男として惨めで不甲斐なく感じてしまった。

済ませたい雑務があったので、
ムババネではできれば2泊させてもらえたらなと考えていた。
話しをするにつれて彼女がとても親切な女性だとわかったけど、
自分が彼女の期待していた人物ではなかった以上、連泊をお願いすることは憚れた。
一晩だけ彼女のアパートの敷地内にテントを張らせて頂いて失礼した。
訊ねなかったけど彼女はどうやら独身で一人で住んでいるようだった。

彼女の姓はDlamini。王と同じだ。
彼女は王族だった。そう本人から聞いたとき不思議と驚くことはなかった。
王族たるもの彼女くらいの図太さがないと務まらないのだろう。

ムババネを離れると一気に標高は下がり、
東に進むにつれ植生はサバンナへと変わっていく。
路面が赤みがかっているのは、
モザンビークへ輸出される鉄鉱石を積んだトラックの行き来のためだ。
キャッサバやバジア(豆を擦りつぶして揚げたもの)といったモザンビークにいたときにお世話になっていた食べ物が売られていてトロピカルな気配が漂い出す。
さとうきび畑を抜ければ、もう南アフリカとの国境の町だ。

P1040024.jpg

CSC_0505.jpg

CSC_0535.jpg

パスポートを取り出し、出入国手続きを済ませる。
“はい、南アフリカで見つけようと思っています”
返答準備は万全だったけれど、残念ながら誰にも訊ねられることはなかった。

CSC_0533.jpg



※アフリカを旅してHIV感染拡大防止のために活動されているNGOや青年海外協力隊の方々の存在を知りました。現在、混乱の続いている中央アフリカ共和国で活動されているアフリカ友の会のリンクを貼らせて頂きますので是非ご覧になってください。こんな記事でも読んでくれた方々にとってアフリカで起きていることに耳を傾けるきっかけになれば幸いです。
アフリカ友の会:http://www4.ocn.ne.jp/~africa93/




スポンサーサイト

入国時Ivato空港にて取得。
出国チケット提示要。
30日間ならばフリー。
90日間は60ユーロまたは85ドルまたは140,000アリアリ。
※当時のレートで60ユーロ=約79ドル。ユーロの方がかなり割安なのでユーロ持参で。
(アリアリが国外で入手可能とは思えないんだけど、
ユーロ換算で約48ユーロとグッドプライス)

延長は有料にて可能だが、一回の滞在での最大滞在可能日数は90日。
つまり90日ビザを取得した場合延長不可。

2013 9/18 Mahajanga


お姉が木に上って、もぎ取って下に落とす。
下で待ち構えている弟坊主がナイロン袋に当てて衝撃を吸収。
ゴロンと傷つくことなく体操選手のように見事に着地を決めたマンゴーさん。

もうアフリカ走行では見ることはないかなと思っていたけど
また始まりました。マンゴーシーズンin マダガスカル。

8月末、東海岸でまだ小さいマンゴーの実を木に見かけたときは
テンションが上がって「マンガォ!」と叫んでしまった。

パチンコで石を飛ばしたり、長い棒を使って突っついたり。
落とし方は様々だけど、9月に入りマンゴー獲り合戦が村々で一層賑わってきた。

これ東南アジアでもやってんだろうな。
中米や南米でもやってんのかなあ。

西アフリカではギニアで、中部では旬手前だったけど中央アフリカで
東はタンザニア~モザンビークにかけてシーズンにぶつかった。
たいして好きではなかったけど、
年々好きになって、
今では恋しく感じるようになってくるものだから不思議なものだなと思う。

あと一週間くらいかな。
早く熟さないかな。


mango.jpg








Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
36,938km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。