HOME   »  2013年04月
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27th march, 2013

The clatter from my bicycle chains ceased. I found myself having stopped pedaling and looking up at the sky after the rain had fallen in Mthatha, the capital of ”Transkei ”,its name comes from one of the homelands in the apartheid era, where a big arch of rainbow had appeared.

I had my headlight on before I reached the center of the town as it had been getting dark. When I was waiting for the signal to change to green at the crossroads, I noticed an African cyclist coming close to me from the counter direction. The instant that our eyes connected, we smiled with each other. In general, cyclists feel happy when they find “comrades”. That’s the only reason.

An old, white road bicycle, a blue helmet and jacket with a reflector, blinking red light fitted to the back of the seat, It seemed like he had much more common sense for a cyclist than I had. After introducing himself, the man, Mnguni, explained that he was trying to bring cycling and swimming to the children in the area without charge. It reminded me of a Kenyan professional bicycle racer, David Kinjah, I had met in Nairobi, who had his own NGO called“Safari Simbaz” for teaching the children, who had dropped out of school or had a problem at home, the skill as a mechanic and how to win the bicycle races to enable them to have a sustainable future for themselves. And Mnguni kindly invited me to his house, otherwise I would have had to ask the police station for a place to wait for the morning to come.

”Just a few km” Mnguni said, but in reality it was another 10 km further uphill to get to his house, this really exhausted me because I had been pedaling for more than a hundred km in the rain that day. With a brave smile I told him “In Africa 1km can mean 50km”, which had actually often annoyed me in Africa but he smiled at me with saying the same thing that he told me when we met at the junction, “It’s just right over there”.

A blue container could be seen on the glass field in a suburban area called Ultra city.That was exactly where he had lived and happily I could sleep that night. The container was donated by the Department of Transport which had sympathized with his cause. Inside the container was a mess of secondhand bicycles and its parts. I thought that my effort was rewarded. We would seldom have the opportunity to stay in a place like this. For me his house was far more exciting place than a well equipped five-star hotel to stay in. No water and electricity, no kitchen and toilet of course. He had lived in that container alone. I heard his ex-wife and three children had been living in a nearby town. After taking a cold shower and eating some bread at the gas station, just opposite his house across the road, where he went often, we started to put the things inside the container in order to make space. A beam of my headlight showed the dust rolling up in the room. Then he slipped into his sleeping bag on the cardboard sheet as usual and I followed to wrap myself in my sleeping bag next to him.

Mnguni is 38 years old and used to be a triathlon athlete. He launched his initiative in 2005. Now some 20 children from 12-18 years old have been receiving coaching directly from him from Friday to Sunday, thrice weekly. He obtained the formal qualification of coaching work for cycling and swimming three years ago through a four month training program at a school in East London with support from Department of transport. His activity has come to be recognized little by little. The children can’t find anything to do, get into drugs, start drinking and some resort to theft by poverty and idleness, especially around Mthatha.“I want to tell them through sports not to be lazy and they can live healthier”This is a his principle. His mother and father exiled themselves to Tanzania in 1970’s to escape imprisonment for involvement in their political activity against the apartheid regime and passed away there later. Mnguni and a his brother and two sisters were fostered at his uncle’s home as agricultural workers. Thanks for that he didn’t have time to learn ill deeds and idleness..

All the money for his activity comes from his pocket. His primary business is cultivation and selling of plants, avocado, olive and yellowwood etc, and he earns about R2500 per month (270USD) with which he makes ends meet of his own livelihood and his activity, buying some used bicycle and its parts and paying the pool fees for children. The only support for the activity he has gotten except his container is a free use of accommodation facility during two-day and one -night cycling tour to somewhere he plans sometimes, he told me.

“With support of equipment, I’m thinking I want to teach them canoeing and rafting too in the future, which few African people partake in at the moment. So I need to teach swimming first. If they learn to swim well, we could go the next step”

This is all I remember about this night. It seems my eyes had closed before the candlelight standing in between us flickered away and his story finished. It was a unique night spent with a number of bicycles and an honest man like him.

“Come to visit again, I will be always here”
He would be staring up at the ceiling alone in the blue container tonight.



2013年3月27日

チェーンのカタカタ音が止んだ。思わずペダルを止めて空を見上げていた。
トランスカイの都、雨上がりのウムタタの夕空に大きな虹が架かっていた。

CSC_2434.jpg


10km先の町中心部に着くころには日は沈み、ヘッドライトが僕の前方を頼りなく照らしていた。
信号待ちをしているとき、
左前方からロードバイクに乗った黒人男性がやってくるのに気付いた。
目が合ってお互い微笑む。
自転車乗りは自転車乗りに会うとうれしい。だから微笑む。他に理由など要らない。

年季の入った白いロードバイク。青いヘルメットにリフレクターのついた服。
シートポスト後部には赤いライトが点滅している。
ング二さんは僕なんかよりはるかに常識のある自転車乗りだった。
サイクリングとスイミングを子供たちに指導するボランティア活動をしていると自己紹介の後彼は話した。

ナイロビで出会ったデビッド・キンジョウとダブった。
デビッドは"Safari Simbaz"というNGOを立ち上げ、
学校を中退した子ども、孤児や家庭内に問題のある子どもたちに、
自転車レース技術・メカニック技術を教育し
彼らが自分たちの力で将来を切り開けるように日々指導しているプロレーサーだ。

DSC_0238.jpg
※"Safari Simbaz"in Nairobi

警察署で朝を待たせてもらおうと思っていたけれど、ングニさんが家に招待してくれた。

2,3km走ったところだと聞いたが実際は10km超の上り道で、
雨の中100km以上走ってきた身には相当に応えた。
「アフリカ人の言う1kmは50kmになることもあるから困る」
不満を押し隠してそう言うと、
「もうすぐそこだ」と出会ったときと同じことを言って彼は笑った。

町郊外のUltra cityと呼ばれるエリアの草地に青いコンテナが横たわっている。
それが彼の家であり、僕のその晩の寝床だった。

CSC_2436 - コピー

彼の活動に賛同した運輸省がガレージとして無料で提供してくれたものらしい。
重い扉を押しあけた彼の肩越しから中を覗くと
内部は中古自転車やパーツでごった返していた。
“苦労してきた甲斐があった”その瞬間そう思った。
こんな場所で1泊できる機会なんてそうあるものではない。
5つ星ホテルに泊まるより自分にとってはよっぽどワクワクできる場所だった。
コンテナには電気も水も来ていない。
もちろんキッチンもトイレも浴場もない。
彼は一人でこの場所に暮らしている。
離婚した奥さんと3人の子どもは近くの町に暮らしていると聞いた。
すぐ向かいにある彼行き付けのガソリンスタンドで水シャワーを浴びさせてもらえた。
スタンドで食パンを食べてから、
2人分のスペースと自転車分のスペースを作るべく散らかったコンテナ内を2人で整頓する。
ヘッドライトの光線が、巻き上がる埃を照らし出す。
スペースが出来ると彼はいつもそうしているようにダンボールを敷いて寝袋に入った。
その隣に銀マットを敷いて僕も寝袋に包まった。

CSC_2438.jpg

かつてトライアスロンの選手だったという38歳のングニさん。
2005年から始めた活動には現在12歳~18歳までの男女20人が参加しており、
金土日の週3日、ングニさんの直接指導を受けているという。
3年前に運輸省のサポートを受け、イースト・ロンドンのスポーツ学校に4ヶ月間派遣され
自転車や水泳指導を学び公的な指導資格も得た。
活動は少しずつ周りに認知されてきている。
“スポーツを通して、怠けないこと、もっとヘルシーに生きられることを伝えたい”
それが彼の想い。やることのない子どもは貧しさと怠惰の中で薬や酒、強盗に走るようになる。特に治安の悪いといわれるウムタタ周辺の子はその傾向が強い。

ングニさんの父母は1974年、アパルトヘイト下での政治活動で白人政府から投獄されるのを免れるためタンザニアに亡命しその地で亡くなった。
兄妹とともに叔父さんの下で厳しく育てられ、幼い頃から農労働者として扱き使われた。お蔭で悪さや怠けを覚える暇なく成長したという。
.
活動資金はすべて彼自身が本業である植物栽培で稼いでいる。
イエローウッドやアボガド、オリーブといった植物を育て販売し、
月に約2,500ランド(2.5万円)の収入を得ている。
そのお金で自転車の部品を購入したり、プール使用代を支払う。
現在得られているコンテナ以外のサポートは、
近隣へのサイクリングツアー企画時に得られるスポーツ省からの宿泊施設の提供、
その程度らしい。

もし装備品のサポートを受けられるならば、将来はカヌーやラフティングも子どもたちに教えたい。現在黒人の競技人口は極僅かだけれどもっとみんなに広めていきたい。そのためにも今はまず泳ぐことを教えないといけない。泳げれば次のステージにいける。

CSC_2442.jpg


この夜のことで僕が覚えているのはここまで。
ロウソクの火が消え切る前、彼の話の途中で目を閉じてしまったようだ。
自転車に囲まれながら誠実な彼と過ごす普段味合うことのできない時間だった。

「また訪ねてきなさい。私はずっとここにいるから。」

ウムタタ郊外の青いコンテナの中で彼は今夜も一人天井を見上げている。

P1020914 - コピー

CSC_1819.jpg


※For more information about his activities or anyone that can provide some bicycle stuff you don’t use any more or has some ideas to share on how to improve their situation, please call Mnguni Male on 0837584552 from within South Africa or +27837584552 internationally.
thanks.

※彼の活動をもっと詳しく知りたい方、彼の活動をよりよくするためのアイデアをお持ちの方はングニさんに直接連絡してあげて下さい。ングニ・マレさん携帯+27837584552



スポンサーサイト
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
42,336km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。