HOME   »  2013年03月
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5th March 2013

As compared with the famous Cape of Good Hope the neighboring Cape Agulhas is regarded for most visitors as less important.

”Why don’t you swim close to shore?” A beautiful lady with blonde hair who had been swimming there came to talk to me at the front of the monument which represents the southernmost tip of the continent. She was curious about my journey sadly not about me and told me she might contact me later as she worked for Cape Talk, a radio station in Cape town. The next morning I noticed my cell-phone vibrating and answered it while on the road where strong winds were blowing and had prevented me from understanding what she was speaking about, but what I could make out was that they wanted to have a live interview with me the next morning via phone. Later she asked me by SMS to be in a windless and quiet place come next morning. Prior to those two conditions she requested it was important for me to be in a place that could get good signal for my cell-phone due to the remote area I had found myself cycling through that afternoon.

After pedaling 40km on an empty gravel road, I reached a village where there was no signal. I had wanted to rest but had another 20km to go with continuous, sharp up and down stretches of road before eventually I got to a riverside town called Malgas just before sunset. Contrary to my anticipation, there was unfortunately also no signal in Malgas. After getting a permit to pitch my tent aside of someone’s house, I visited a nearby house to explain my situation and ask them, a gentle married couple Jelly and Maline, to allow me to use their fixed telephone for the interview. Next morning 7am I was sitting at a table in their garden. This would be my first radio interview, windless and quiet of course. From the radio inside their house, I heard the presenter on the radio, Kieno, who would interview with me was speaking English at quite a fast pace, which made me quite nervous. A few minutes before the appointed time, ”the southernmost tip lady” called me and said “ready?” In a short while, Kieno changed the subject and started to introduce my story to his listeners. Over the next five minutes, my voice got on the air through South Africa. Thanks to him considering my level of English, I could manage it without making a big air accident.”Well done” Jelly smiled at me and ”An exciting moment happened in small and boring town” Maline kindly followed him.

I didn’t know how widely it was broadcasted but Cape talk seems to be quite a well known radio station in South Africa, so the reaction was beyond my expectation. Some my South African friends kindly made calls or sent mails to me and the local people who listened my interview talked to me on the road and cheered me on. I was so happy to have been able to feel that it made me become closer to South African people. How about making a small detour to the southern tip of the continent ? A beautiful lady might be waiting for you.


3月5日

アフリカ大陸最南端アガラス岬。
南西端、喜望峰の蔭に隠れあまり重要視されていないロンリーケープ。

DSC_0190.jpg

自転車を押しながら南端へと続く遊歩道を歩く。
南端碑の手前までやってくると、
大きなサングラスをかけた白人女性が話しかけてきた。
「あなたも泳いで行きなさいよ」
長い金髪をタオルで乾かしながら微笑む彼女。
アフリカ大陸最南端で海水浴を楽しんでいたらしい。
瞳を隠すサングラスがこの最南端女性をより神秘的に見せていた。

自転車に目線を落とし、「行けないでしょ」という意味を込めて苦笑い。
海からだと自転車は完全に死角になる。
フルパッキングの自転車を放って泳げるほど大胆にはなれない。

ケープタウンのラジオ局で働いているという彼女。
残念ながら僕自身にではなく、僕の旅に興味を持ってくれたようで
また連絡するといって去っていった。

その翌日、彼女から早速連絡が入る。
強い向かい風が吹くBredasdorpへの道。
右太腿に振動を感じ、電話に出る。風の音でとても聴き取りづらい。
“明日7:45にラジオ生インタビューさせてほしい”
なんとか用件は理解できた。
そして、“風のない静かなところにいるように”
彼女が正反対の場所にいる僕に課した条件だった。
加えて、Bredasdorpからは小道を走るプランを立てていたため、
“通信電波があるところ”これも僕の中で重要な条件の一つだった。

だだっ広い牧場風景が延々と続く石道。

DSC_0292.jpg

暑さとアップダウンの連続に疲れ、40km走って辿り着いた村で
もうこの日はテントを張らせてもらうつもりでいた。
でもこの辺境では案の定、通信電波はない。
村といっても大きな牧場が2,3軒並んであるだけのところだった。

DSC_0309.jpg


蛇口の水を補給させてもらってから、
さらに20km鋭いアップダウンを繰り返し、日没ギリギリに次のMalgasの町についた。

DSC_0316.jpg

これまた小さい町で、肝心の電波はやはりなかった。
町を流れるBreede川の川岸には手動の渡し船が泊まっている。
仕事を終えて帰宅しようとしていたその船会社で働く男性にお願いして
彼の家の横にテントを張らせてもらった。

町で一番大きいと思われる近所の家を訪ねる。
僕に向かって敵意剥き出しに犬が吠える。
ナミビアで犬に咬まれて以来、犬を見るとどうも咬まれるイメージがして身が強ばる。
玄関越しのマリーン婦人は、
日没過ぎにやってきた汚い男を当然ながらとても警戒していた。
事情を説明し、翌朝ご自宅の固定電話をなんとか使わせて頂けることになった。

翌朝7時、電話を借りてラジオ局の彼女に連絡し、
自分の携帯ではなくその番号にかけるように頼んで電話を切った。

旦那さんのジェリーさんはラジオの電源を入れると、
庭のテーブルの前に僕を呼んで座らせた。
その場所が、僕にとっての人生初となるラジオインタビュー席となった。
“風のない静かなところ”だった。

ラジオからは、数分後僕にインタビューすることになる司会者の男性が
速くて聞き取れない英語でしゃべっているのが聞こえてくる。
一気に萎縮し不安になる。

約束の時間3分前くらいにラジオ局の彼女から電話がかかってきた。

「ready?」

彼女が回線を切り替え、電話口からもラジオの音が。
家の中から聞こえるラジオの音と
まったく同じ音が電話口から聞こえてきて不思議な気分だった。

「カナガワ、ジャパン‥」

司会者が話題を変え、どうやら僕の紹介を始めた。

「こいつはイスタンブールからジンバブエ航空でやってきたんじゃない、
自転車をこいでここまでやってきた大バカ野郎・・・」

その後の約5分間、僕の声は電波に乗って南アフリカ国内に運ばれた。
とりあえず放送事故になることなくなんとかその場を取り繕えた。
司会者は僕に合わせてゆっくりしゃべってくれ、質問もシンプルなものだった。

厳しい表情を崩さなかったジェリーさんはいつの間にか優しい顔のおじさんになっている。
「静かで退屈な町に起きた興奮の出来事だったわ」
マリーン婦人もそう言って喜んでくれた。

P1020321.jpg


嬉しそうに電話やメールをくれたケープタウンの友人や道中お世話になった方々。
「今朝のラジオのやつか?」と声をかけてくれる土地の人々。
Cape Talk radioとはどうやらかなり大きな放送局だったようでその反響は小さくなかった。
南アフリカで出会った人々との距離をより縮めてくれる機会となった。

前に出ること、取り上げられることに抵抗を感じたり、
どこか消極的であったり、臆病であったりする時期はもう終わりだ。
機会があれば有難く利用させてもらう。すべては自分を奮い立たせるため。
自分がやっていることを誇りに思えるように、
他人にではなく、自分自身に対してそう思えるように。
自分が選んだ道をこれから先も歩き貫いていく力に変えられるように。

その行為が、家族や友人、お世話になった人々への近況報告になって
ときに微笑んでもらえたり、誰かのエネルギーに変わったり、
自己満足の旅の延長にそういうものがあったとしたら、とても素敵なことだと思う。

少し遠回りしてアフリカ最南端に寄ってみませんか。
金髪美女があなたを待っているかもしれません。


CSC_アガらす










スポンサーサイト
1st,March,2013

I had never expected to meet the great adventurer until I got to a small town somewhere along the coast in the Western Cape, where a gentle couple, Tinus and Sanel invited me to their farm to rest. Later their neighboring couple,the owner of the farm, came to join us and his wife Margaux brought me a book “AROUND AFRICA ON MY BICYCLE”, on the first page there was the signature and message from the author, Riaan Manser. I knew that name and the fact that the man used to travel around Africa by bicycle and around Madagascar by kayak. The owner of the farm, Neville told me that I should have met him as he lived near there and gave me his contact number after calling someone. What a lucky man I was. At 8:00am the next morning at a cafe somewhere overlooking the sea, the world famous great adventurer appeared with his wife and a big aura coming out of his big body. After shaking hands with his huge hands we started to talk about our respective trips for about two hours until he left for work. Though I had prepared some questions I wanted to ask him the previous night in my tent, I almost forgot them immediately in front of him as well as not remembering the tastes of the coffee and toast I ordered at the moment. I heard he had accomplished three big adventures so far

“Around Africa on his bicycle for 2 years and 2 months(2003~2006)”
”Around Madagascar on his kayak for eleven months(2008~2009)”
“Around Iceland on his kayak for 5 months(2011)”

and his current job is self promotion of those adventures, writing books, making speeches and documenting it all, and sharing his experiences to inspire others. He told me it takes much time and is not easy to do that. I perfectly agree as it’s also not easy to express to others how I felt excited at that moment in front of him. Before leaving, he presented for me a his book with his heartwarming message, asking South African people to help me on the way ” To my fellow South Africans. Please do everything you can to make Jimbo’s stay in out country the most memorable of any place he will ever go to! Thank you, Riaan Manser” I’ve never showed it to the people so far because everybody is very kind to me already, but I was really happy to have gotten that message from him which has really given me great strength to pedal further since then. I remember he told me he might come to Japan in the future. It seems he is planning something big for Japan. If there is something I can do for him, I want to be able to support his challenge by asking people in Japan for information he would need or ideas that would help him. “My job is different to others. Every day could be my last.” from his card. This word could be allowed to be said only by a real adventurer like him and he is saying it with thought of huge love and respect to his wife, Vasti, who has been supporting all his challenges on the side, I guess. Let me dare to add something about myself after his brave and manful words.“My job is finding out a place to pitch my tent every night for free and get chances to talk with local people, sometimes without using any language, which doesn’t raise me of course even a cent however” I’m not an adventurer but a positive homeless or a Japanese nomad or whatever. Every night I’m reading his book little by little in my tent with a dictionary on my side. If only you knew how happy that moment makes me.


3月1日

月初めのこの日、僕はある偉大なる冒険家に会うことになる。
彼に会うことなど西ケープ州沿岸のとある町に着くまで考えもしなかった。

夕方17時過ぎ頃、スーパーの駐車場で地べたに座り込み、
最近ハマっているプラムを食べていると
かなりのクラシック具合のワーゲンが僕の目の前に止まった。
女性を助手席に残して、サングラスをかけた中年の男性が車から出てきて
片言の英語で話しかけてきた。
「we have a place for you to rest tonight if you want.」

ボッボッボッボッとがんばって走る緑色のワーゲンについていく。
もちろん自分なりの尺度で彼らが信用できる人かを判断した上でだ。
彼の車はある農場に入っていった。
Riverside farmと看板に書かれているのを横目で確認しながら僕も続いた。

ティネスさんというその男性は、
僕のためにアトリエを空けてくれマットレスを用意してくれた。
ありがたくシャワーを浴びさせて頂くと、お隣さんのneville夫婦もやってきた。
「アフリカを旅しているのか、リアン・マンサーみたいだな」
その名前に自分が食いつくと、奥さんが家から一冊の分厚い本を持ってきた。

P1020641.jpg

彼のサインとメッセージが書いてある。
「彼に会っていったらいい」
「へっ?」
「近くに住んでいるんだ、連絡先を調べてあげるから会っていきなさい」
彼はリアンさんの知り合いだったようで、
どこかに電話して彼の連絡先をすぐに調べあげると僕に教えてくれた。
自分の意思とはあまり関係ないところで、舞台はこうしてなんとも簡単に整った。
幸運としかいいようがない。

正直言って、この時点で僕がリアン・マンサーについて知っていることと言えば、
その名前と彼がかつて自転車でアフリカを、カヤックでマダガスカルを旅していたという表面的な事実だけだった。

翌朝8時、とある町の海を見渡すカフェ。
約束の時間に偉大なる冒険家は本当に僕の目の前に現れた。

何かがでている。
彼の大きくて力強い体から確かに何かが出ている。
一線を越えた人たちが必ずもつ目に見えない特有のアレが、
どう考えても彼の体から出ていた。
弾きとばされそうなほどに大きなオーラに逆らうように一歩進んで握手を交わす。

アフリカの地図を広げながら、
どこの国境を越えただの、道はどうだっただのそんなことを話した。
前夜からあれこれ何を訊ねようか考えていたけれど、
彼を前にほぼ完璧に忘れてしまった。平静を装うのが精一杯。
注文したコーヒーもトーストの味も覚えていない。
リアンさんは思い出すように話しながらすごく嬉しそうに見えた。
もちろん僕はそれ以上に嬉しかったけれど。

CSC_0130.jpg

リアンさんは時計を見ながら、「もうオフィスに行かないと」といって席を立った。
もう時計は10時を回っていた。

彼の今の仕事はセルフ・プロモーション。
執筆や講演会の他、自身で会社を立ち上げて、
彼自身の冒険の様子をドキュメント映像にしたりして冒険体験を人々に共有している。

39歳のリアンさんはこれまで3つのビッグ・アドベンチャーを経験している。
2年2ヵ月間の自転車によるアフリカ一周(2003~2006)
11ヵ月間のカヤックによるマダガスカル島一周(2008~2009)
5ヵ月間のカヤックによるアイスランド一周(2011)

たぶん今はアイスランドの旅の執筆とかドキュメント作りの最中なんだと思う。
彼は体験を形にするのは簡単なことじゃない、
そしてとても時間がかかると言っていた。本当にそうだと思う。
何事も自分で体験するだけならそう難しいことはない。
たとえそれが過酷な体験でもその場で強いられる肉体的苦痛を我慢すればよいだけ。
ただ、それをだれかに共有できる形にするのには莫大な時間が必要となる。
ちょうど今僕がこの日感じた興奮に形をつけようと試行錯誤しているように。

CSC_0124.jpg

去る前にリアンさんは彼のアフリカ自転車旅の本をプレゼントしてくれた。
最初のページにこうメッセージを添えて。

” To my fellow South Africans.Please do everything you can to make Jimbo’s stay in out country the most memorable of any place he will ever go to! Thank you Riaan Manser”

僕が毎日寝床を探すのを苦労しないよう、
南アフリカ国民に向けて協力を呼びかけるメッセージだ。

P1020611.jpg

彼の優しさに甘えて、人々から助けを得るために
このメッセージを見せることは決してするつもりはない。
第一みんな僕に対して十分過ぎるほど親切だからその必要もない。
ただ彼の気持ちがうれしくて、僕はこのメッセージを見る度に勇気を与えられている。

数年後彼はひょっとしたら日本に来るかもしれない。
日本で何か大きなことを考えているようだった。
日本の海について、海流のこととか訊ねられたけど、
わからなくてうまく答えられなかった。
いつか本当にそれが実現するときがきたとき、僕には人脈も力もないけど
何か自分にできることがあるならば、是非彼の挑戦をサポートしたいと思う。
(そのときはこのマイナーブログで皆さんに情報を募ったり知恵を拝借したり、
するかもしれません。その際はどうか皆さん宜しくお願いします)


あの日から毎晩テントの中で辞書を片手に彼の本を少しずつ読んでいる。
走行の疲れですぐ寝入ってしまうけれど、その時間が楽しみで仕方がない。

ただ、これは訳せませんがリアンさんの本、分厚くてめっさ重たいんですけど。







Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
36,938km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。