HOME   »  アラスカ&ユーコン (Alaska & Yukon)
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年5月11日


先月、越冬生活を終え走り出しましたが、友人から引き受けた犬の世話で2週間ちょっと留守を預かり2匹のアラスカンハスキーとの同棲生活を送っておりました。

素敵な町に住まいを持ち、決められた日にゴミを出し、彼らのような立派な犬を連れ散歩に出る。そんな、僕にとって“非日常”なシティ・ライフはなかなかに悪くない時間でした。この町には昨夏から何度か来ていますが、汚い格好をしていつも外で適当に寝袋で寝ていたため、その生活とのギャップがなんだか滑稽で終始くすぐったく感じておりました。

当初、散歩道にあった雪も、次第に解けどろどろになり、今ではほぼすっかり乾いてしまいました。日当たりのよい南向きの原地ではちらほらクロッカスなどの花も咲き始めています。そんな変化と同じようにして自分自身も少しずつ彼らに慣れていった次第です。最初はパワフルな彼らに引っ張られてばかりで、向こうから人や他の犬が来ればその都度あたふたしておりましたので、ある程度、自信を持って彼らを連れて歩けるようになった今、わずかながら自身の成長を感じております。

犬の世話のポイントは、単に可愛がるだけではなく、ときに厳しくしっかり自分が主であるということを示すこと、またこちらの感情や想い、意図をエネルギーとして彼らに送って伝えることが大切なようです。育児というのも同じなんでしょうか。

シェパードとの雑種であるオスのK(13歳)はどっしりおっとりとしている愛らしいやつで、ハスキー犬のメスのN(8歳)はいつもなにかを企んでいて油断も隙もあったもんじゃない抜け目ないやつです。そんなふうにして、犬にも性格があり、いびきもかけば、くしゃみもし、ツメも伸びれば、同じものを食べているのにうん○が硬ければ柔らかい日もあり、歩かせ過ぎると疲れもします。そういう当たり前に思われるようなことでも犬を飼ったことがない男には「な~るほど」の連続でした。

そして、彼らと歩いていると、ひげを生やした無職のもっさいおじさんでも周りの人からまるで紳士のようによく扱ってもらえるのがちょっとおもしろく、大きな「な~るほど」でもありました。人様の犬ですが、人を惹きつけるスター性のある自慢の家族でした。

春は毛が抜ける時期で、日々彼らの体から毛がもっさり抜け落ちています。餌を食べさせ、共に歩き、いつも隣で寝ていた彼らともお別れです。責任を果たせた安堵感に加え、面倒な感情まで持ってしまった感が否めません。主の帰宅に彼らは自分のことなど瞬時に忘れてしまうのでしょうが、こちらは自分の衣類に絡みついた彼らの毛を見るたびに、彼らの顔が浮かんできそうです。


フェアな話じゃないですよね、これは。
日常生活に戻って、せっせと自分の世話をしたいと思います。

yukon river

dam on the river



@Whitehorse/Canada
スポンサーサイト
August 2016

Reached the “Great One” I have long wanted to meet. Her body was whitest among numerous peaks I have seen the last few months. And that night and the previous night and even miraculously the following some nights as well, something, totally new to my life, gradually started to be above my tent and have several shapes in sequence then finally started dancing after a while. I just kept staring at the event in the sky beside a natural fire without taking out my camera. Either night was already freezing as early as the end of August. Stars were twinkling as brightly as they could around the scene. I can’t tell well how but I knew in advance it would happen that first night, though it was absolutely my first experience of northern lights.

Greeting from Alaska with views of Mt Denali, the highest peak in North America.

denali at dusk


               posted on facebook / 6th September 2016


2016年8月末

どうもお久しぶりです。約3ヵ月前、バンクーバーから北米走行をスタートし、現在はアラスカを走っています。先日、長らくお会いしたかったデナリさんについに出会えました。カナダからアラスカにかけての道中、たくさんの白雪を頂きに被った高峰を見上げてきましたが、やはりデナリの白はもっとも白く、悠々とその場に聳え立っておりました。そりゃそうでなくちゃいかんのだと思います。なんせ北米最高を誇る高峰ですから。澄み渡った青空がその白をさらに白く引き立たせておりました。晴天がくれた貴重な時間を大切に走らせてもらいました。デナリを初めて拝んだ日の前の晩、オーロラが空に現れました。星が妙にキラキラした夜で、僕はオーロラを見たことがないのにも関わらずそれが現れることが前もって分かったんです。空で繰り広げられる不思議な現象を焚き火の音を聞きながら横で見つめていました。8月28日から翌日にかけての寒い晩のことでした。8月の終わりからこの地にはすでに氷点下の夜が訪れています。

アラスカより
デナリ山の雄姿とともに

park rd


                    2016年9月6日 facebook 投稿挨拶文



brown bear

leaves

frost

pond

glacier

moose

denali view

the place I saw first northern lights.
the place I had first experience of northern lights (beside the windy creek off the Denali hwy)





Days in winter Yukon. I'm staying at my friend's place in a village of Yukon. I will be here until spring come while seeing the life of people and learning the way they coexist with nature.

今年は早めに11月12日で走り納めをしました。カナダのユーコン準州にある村での越冬滞在も早いものでかれこれ1ヶ月以上が経ちます。12月に入ってから一昨日までの2週間強、朝夕の気温が-35度前後(日中-25度前後)と冷え込み氷霧という北国らしい現象が毎日見られました。一転して今日は日中-10度近くまで上がったため、歩いてすぐの湖に2回目の氷穴釣りに出掛けました。気温が上がったといっても湖上で浴びる北風にすぐに体を冷やされてしまうので、テントを張って風を防ぎその中で穴に糸を垂らします。それでもじっとしている寒くなってくるので外に出て穴開けをして体を温めます。釣り場の氷の厚さは現在40cmほど。前回11月末時の倍の厚さです。クラッシャーでひたすら打ち砕いて穴をあけるのに非力な自分だと15分くらいかかります。その頃には良いあんばいに体がぽかぽかとあったまっているわけです。

hole

fighting

数分間の闘いの末、アダムが大きなトラウトを氷上に釣り上げました。10kgあるとびきりの大物です。合戦の最中、穴下の魚眼がリールを回す男の横で雄叫びを上げているもう一方の男の姿を捕らえていたかは定かではありません。いやぁ闘ってもいないのに大興奮してしまいました。あらをもらってスープにして食っちまおうと思います。

Adam's great one
Adam, my Sensei of ice fishing, got a “great one” in a frozen lake.

12月半ばを過ぎた今、10時を過ぎてようやく昇った日が沈むのは15:45。思えばユーコンに入りこの地を訪れたのはちょうど夜でも明るい夏至の時期でした。当時の僕にはさらさらそんなつもりなかったんですが、縁あって冬至もこの地で迎えます。人生わからないものです。

holes

tent

 


  
え~、結局投稿できずに日付が変わりまして、、本日もう2匹。
仕掛け枝竿にまたまた大物が。

juniper's great one
Juniper got a “great one” too


今日は僕も闘いました。
前出の2匹に比べえらく小物ですが、それでも4kg、十分です。

my small one
A smaller trout bit my baited hook. It’s still enough big for me though. Excited.

にんまりしていますね。
こんな良い表情はなかなか自然にできるもんじゃありません。

with my rod gifted by Woody K
<アラスカで出会ったウッディーKさんに頂いた釣竿で>

日中は-3度まで上がり、南からの風が心地良い温かい一日でした。



●うっかり宣伝を忘れるところでしたが、本日12月20日発売のサイクルスポーツ2月号に他の自転車旅人に混じって近況報告として記事を掲載して頂いています。よかったらご一読を。

それでは、よいお年を。



@wintering village/Yukon


Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
36,938km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。