HOME   »  Turkey
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4th~17th August 2015

“You are already overloaded” Whisking my hand away, she never allowed me to carry our food stuff with me. Through two weeks we spent together in Anatolia I realized it again that she was a kind of lady who cared about others first and in the same time I also newly discovered she was super stubborn. So it was nice for me not to have needed to have much argument about our route with her as we had almost same preference of way with peace even though longer distance to shorter but with busy traffic.

花道

It was in 2010, more than five years ago, that I first met with Anne, a French lady, when she was working as an agronomist in Mali in West Africa. Since then she has kindly been one of my precious friends who support my trip in the back by introducing her great friends to me on the way or providing me with encouragement. At the time she looked to be curious about bicycle trip. But how I, who had been groggy in the scorching sun of Mali, could have expected that she would also make a long distance bicycle trip in a few years -- She made it from Thailand to France via Mongolia and Russia in 2013 with her partner -- and moreover come to join with my trip a half decade later.

dogon

dogon少年

砂丘越え

マリ道

We shared distance of 824km between Cappadokia and Pamukkale. The world heritage sites were at both ends that attract a number of tourists from home and abroad. But there lay beautiful and idyllic space wonderfully with few tourists in the course of those two big draws. Turkey was indeed such a mountainous country that we needed to get over at least a few of not small hills every day except for a vast flat plain around a big salt lake between Aksaray and Konya where we became intoxicated with a truly awesome free sema show. Compared with burning southeastern Anatolia, it was getting much easier to survive but it’s still ever hot. Although it was daily routine for me, She really pedaled hard in the middle of summer after a long absence and well followed me while often putting on sunscreen. Instead, it was actually me that came following all the way after her.

map

sema show

湖畔

Outside touristic places to see an English speaker was not common in the country. Meanwhile, we met a lot of locals who once had worked in Germany and still frequently spoke German. As Anne told me, there exists a big Turkish community in Germany. They seem to have been welcomed as an inexpensive labor force which bore the German high economic growth at the time. Anne occasionally had a talk with them on the way for she spoke German too. And naturally by then I had managed to pick up some basic Turkish words, so our team didn’t have a big problem in minimal communication with people.

3人

In terms of agriculture Turkey looked so blessed. A variety of fruits and vegetables and crops, grew up in their land, was seen everywhere through the regions. It could be just because of season but I had never seen a place with such magical grounds probably since eastern DR Congo. Anne, had worked in the field, was also surprised. It was clear that their fertile soil was the basis of Turkish cuisine, sometimes referred to as one of the three great cuisines in the world, along with the cuisines of France and China.

メロン

ももばあちゃん

ドルマ

水汲み

チリ

まめとりち

Anne always kept her attention on the position of sunflowers with which she decorated her bicycle vividly. In addition, a cowbell, some things for protection from Tibet and her friend, and a colorful wreath of flowers were on it. In contrast to my shabby one, her bicycle was quite particular about its appearance. I noticed that not me but my bicycle sending jealous look toward hers all day. “With your bicycle you can’t pass through borders of France” she joked. Yes I even knew she comes from the country, known for the fashion capital of the world. Of course she had a good eye as well for selecting breads and cheeses and so on unlike this Japanese traveler who always comes to pick up cheapest without considering quality of the things. So I totally gave over to her a role to go shopping for something to eat while keeping an eye on our bicycle outside shops.

少女と

We had camping life through the route having an ultra lucky night with a shooting star show or an unpleasant night with mosquito attack. Also, there was even a wet night after fierce storm which forced her to hang her underwear openly on the handlebar to dry it nicely not to show it to the public needless to say. I think she had some stress for myself or situations but she never complained and well-prepared for any case. She was far wilder than I had expected her to be.

テント

pucture

In Pamukkale, we had “cheers” with a bottle of local wine in a restaurant. At the table she taught me how to taste it but I rudely don’t well remember as I got drunk and sleepy soon from lack of sleep. The previous day just before our goal unbelievably my front rim was broken and I had to stay up almost all night assembling a wheel with a secondhand rim I fortunately found in a nearest garage from the site. In this way, people can easily enjoy alcohol in Turkey, unlike in neighbor Iran, even if not in a touristic place.

ぱむっかれ

ぶどう

チャリ

Following a handmade “Bogolan”, a special mud cloth of Mali, these two weeks we shared together in Anatolia became another beautiful summer gift I had ever had from her. I have been keen on thinking about how nicely and even artistically my bicycle should be dressed up in order to pass the immigration control of the fashion capital without any problem after coming European deep winter.




2015年8月4日~17日

「あんたはすでにオーバーロード(荷物をたくさん積んでいる)でしょうが」
差し出した手を叩かれ僕は食料を運ぶことを許してもらえない。この2週間を通して他人のことを優先する女性であることを再認識したけれど、新たに極度に頑固であることを発見。なにかと否定されることを嫌い、人の意見を容易に受け入れようとしない。ただ幸いにも、ルート取りに関して速く進めるけど交通量の多い道ではなく、時間はかかるけど自然が近く穏やかな道を優先するという点で僕らの意見は一致していたため、そこでいちいち衝突する必要がなかったことが結局平和裏に彼女と最後まで走り切ることのできた要因ではなかったかと思う。

sunflower

アンに出会ったのは2010年6月初旬、彼女が農学者として働いていた西アフリカのマリにて。5月の酷暑期を終えてもまだまだ連日45度に迫るうだるような暑さが続いていた。ジェンネの町で彼女と友人たちに声をかけられたあと勤務地のバンディアガラで再会。任務中に出会った唯一の自転車旅行者だったようで、断崖走行の拠点として僕が滞在していたドミトリーに仕事終わりに時折り現れては旅について聞かれまたマリについてあるいはドゴン族について教えてくれた。以来、行く先で友人を紹介してくれたりして僕の旅を陰で支えてくれる大切な友人の一人でいてくれている。

プラ

まりちびっこ

ドゴン岩絵

2013年。勤務地をインドに移していた彼女はその任期後タイへ飛び、当時のパートナーとともにモンゴルやロシアを経由して母国フランスまで自転車で走って帰っている。彼女に出会ったとき確かにこの種の旅に興味をもっているように思えたけれど、その数年後まさか彼女が自転車に乗って旅発つとは思いも寄らなかった。そして今回、2週間という期間で僕の旅に参加しに来たアン。実に5年ぶりの再会だった。こんな形での再会となるとはあの灼熱下のマリで翌日また陽が昇り来るという事実を本気で否定したいほど毎日ヘロヘロになっていた僕にこれまたどうして知ることができたろうか。

とぅあれぐ

まりちゃい

ちなみに彼女の仕事は今も当時も現地の企業家のために投資家から集めたお金を融資したり相談役になることでその事業をサポートすること。そのサポートは企業家が村の生産物や労働力を事業に使用活用することを条件にして提供される。何度聞いても自分もしっかりと掴めないのだけど、要するに彼女の仕事は村人の暮らしを助けることを真の目的としている。今現在はやはり西アフリカのベナンとカザマンスで活動しており任地とフランスを2週間置きくらいで行き来する生活をしている。片や世界有数の経済大国、片や世界有数の”経済的”貧困国。物で満たされた世界と物欲が限られた世界を数週間という短いスパンで行き来する彼女の生活。金銭などの感覚がおかしくならないように正常に保つのは難しいのではないかと思う。

トルコ中部カッパドキアから西部のパムッカレまで僕らが共有した距離は824km。彼女の来る前に自分が予め引いておいた線をベースに都度互いの意見を確認しながらまた人々に尋ねながら進んでいった。両有名観光地をつなぐルートなのだけれど、その間は旅行者の滅多に訪れない長閑なエリアで気持ちの良い道が続いた。トルコは非常に山の多い国で、この区間でもやはりアクサライからコンヤにかけてに広がる塩湖周辺の広い平野部を除けば、毎日小山を2つ3つ越える必要があった。僕にとってはこれまでの延長だったけど、アンには大きなブランクがある。灼熱の南東部アナトリアを終え、だいぶマシになったとはいえそれでもまだまだ日中の暑さは厳しかった。白人の人々は日射しに対して肌が弱いのでこういうときは余計に大変そう。日焼け止めクリームを何度も塗りながら、彼女はよくついてきたと思う。といってもアンのペースのほうが速いので後ろからついていってたのは大概自分のほうなんですけど。

kappadokia

気球

村への道

セマ

観光地でもなければ英語を話す人に出会う機会はそう多くないトルコ。なのに何故かドイツ語を話す人々がやけにたくさん。アン曰く、なんでもドイツには大きなトルコ人コミュニティが存在しているらしく、その人口は200万人以上にもなるらしい。高度成長の時代その担い手となった安い労働力として家族ごと受け入れられてきた経緯があるようで、ドイツに家族がいる人、ドイツに昔住んでいた働いていたという人には本当によく出会った。彼女はドイツ語を話すので彼らとよく話していた。1ヶ月半先に入国した僕もさすがにこのときまでには多少のトルコ語を理解できるようになっていたため人々とのシンプルなコミュニケーションにおいて僕らには特別大きな障害はなかった。フランス語と違って発音が簡単で語順が日本語と同じトルコ語は日本人には馴染み易い。

トラック

anne invitation

トルコを走っていて感心するのは町や村の入口に見られる町村名がかかれた案内標識に人口と標高の記載があること。少なくとも僕が今まで旅してきた国ではこんな親切な標識は見たことない。前知識のない町、ただ通過する場所でもこの数字を見ることで規模がわかって便利だし密かに道中の楽しみの一つだった。そして驚いたのはトルコの持つその豊かで肥えた土地。種々の野菜、果物、穀物が生っているのがどこにでも見られた。もちろん走った季節がよかったのだろうけどこんなにも際立って農業生産の面で恵まれた場所だなと僕が感じたのは他にコンゴ民主共和国東部くらいではなかったかと思う。僕はただ感覚で言ってるだけだけど、農学者のアンも驚いていた。世界三大料理の一つに数えられる料理の源はこの豊かな大地にあるようだ。国民の平均年齢は約30歳。日本よりも15歳も低く、若く活力のみなぎる国であるはずのトルコ。その事実とは対照的に通り抜けていく村々で目に入ってくるのはどこも喫茶店でチャイをのみながら喋る年老いた男性たち。彼らは決まって「チャイ!、チャイ!」と手招きで旅人を迎えてくれる。中年層は働きに出てるとして学校が夏休みの今見かける子どもたちの数が少ないのはなぜだったんだろうか。ということで、滞在中僕にはトルコが若者の多い“若い国”というイメージがどうしても持てなかった。ちなみにどの村の入口にも平均年齢の案内まではさすがに出ていなかった。

やぎ

みずうみ

まち

ぶどうおっちゃん

まめ

看板

kanban

ぶどう

いちじく

道中しきりに自転車の各部に付けたひまわりのポジショニングを気にしていたアン。フレームにはスイス製ホルダーにカウベルをぶら下げ、チベットの魔除けや、どこから持ってきたんだか花輪まで前部に掛けられている。チャリ旅用のチャリや装備品とは地味であるべきだと思ってきた。防犯上できるだけ人を惹きつけないようにするのが鉄則だと基本的に自分はそう思ってきた。「そんなダサい自転車じゃ私の国へは入国できないわよ」ファッションの国から来た目の前の彼女はそういって僕の相棒とは対極の自転車に乗っている。“外見にとらわれよってからに”と思ってたんだけど、パンプキンがジェラシーを感じてしまい、オシャレをしたそうな表情で時折僕を見上げてくるようになった。

ドルマ各種

トマト

トルキッシュパンタロンおばさん

低い予算設定があるわけではない短期旅行の彼女には申し訳ないんだけど、僕と旅をするということはすなわちキャンプ生活を送るということ。10以上の流れ星を数えた野営冥利に尽きる夜もあったけど、蚊の大群に歓迎されながらの夕食、嵐にやられたウェットな夜など当然心地良い時間ばかりではなかった。その翌日、周囲の目を気にしながらも、下着を大胆にハンドル中央部にひっかけて乾かしながら走っていた彼女。これはとても良い写真があるんだけど公開できないのが残念で仕方がない。彼女は僕が思っていた以上に遥かにワイルドだった。

綿のお城のようなパムッカレに着き、レストランにて土地のワインで乾杯。ワイン育ちのアンは通な飲み方を教えてくれたんだけど、みそ汁で育ってしまった僕はそのへんのことはどうにも疎く、加えて事もあろうに到着前日にリム割れが発生し夜通しホイールの組み立て作業を行っていたため即酔いが回って眠くなってしまいほとんど覚えていない。それにしても現場最寄の小さな町のガレージで、サイズとスポーク穴数の合う間に合わせのリムが手に入ったのはミラクルだった。ちなみにトルコではこのような観光地でなくてもアルコールが容易に楽しめる。イランのアルダビルで泊めてくれた青年がトルコに遊びに行った際アルコールにガンガン金を費やしたと、写真を見せながら話してくれたことが記憶にまだ新しい。ワインだけではなくパン・チーズ、その他の食材にも仏っ娘の彼女にはやはりこだわりがあるので、いつもただ一番安いものを選らんで買ってくる僕は、そう言われる前に走行序盤から自転車見張り係を買って出て、買い物係はいつも彼女に任せた。それが冒頭のようなシーンにつながっていくわけだ。

ぱむっかれおんせん

最終日、ポーター役としての仕事を終え空港で彼女を見送った。それまでずっと英語に簡単なヒンディー語句を混ぜて彼女と会話をしてきた。にもかかわらず、自分が最後に発した言葉が結局これだったのがちょっと恥ずかしい。「ボン・ヴォヤージュ」

アンと駆けたアナトリアでのこの2週間は、5年前のあの夏にもらったボゴラン同様、彼女が僕の旅にもたらしてくれた素晴らしい夏の贈り物となった。来春フランス国境での入国審査を無事パスするべく、僕は今いかにパンプキンをオシャレに着飾ってやろうかと考えるのに忙しい日々を送っている。

(※フランスも加盟しているシェンゲン協定加盟国間の陸路国境検査は基本的には行われていません)


@Lviv・Ukraine
スポンサーサイト
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
40,018km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。