HOME   »  コーカサス地方 (Caucasia)
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25th April 2015

The mountain road along a long oil pipeline which runs an indirect course without going through Armenia from Baku to Turkey where they ship it to the western countries have brought me to the first Christian country since my restart from India. Now it is rare to see women covering their head with a scarf and people sometimes invite me not to a cup of chai any more but a glass of wine they made themselves. Getting over long winter, it’s now fully in spring. Greeting from Georgia, the land of wine.   

church


2015年4月25日

天気があまり優れませんが、すっかり春となりました。
ジョージアに入っております。
日本での呼び名がグルジアからジョージアに変更された日に入国するという
めでたい越境でなかなか記憶に残る国になりそうです。
再出発後初めてのキリスト教国。
髪を覆う女性を見ることはもうとても少なくなりました。
イスラム教徒が多い国が続いたため
“サラーム”という挨拶言葉がなかなか抜けません。
この国ではこれまでのようにチャイではなくワインに誘われます。

カフカス



パイプラインに沿って

2015年3月下旬~4月下旬

アゼルバイジャンを挟んだイランからここまでのルートは変化に富んでいた。
この辺りは狭いエリアでかなり生活スタイルが変わるのでその明瞭な違いが面白い。

chai

アゼルバイジャンに入るとお湯で割って飲むチャイにレモンが添えられてくるようになった。イランと同じく角砂糖を口に入れチャイで溶かすように飲む。また髪を布で覆っていない女性をよく見かけるようになった。これは3ヶ月イランにいた後だとかなりの違和感。バクーで始めてバスに乗ったときには、イランと違って性別で座る場所が分かれていないことにもやはり違和感を感じてしまった。アゼルバイジャンもイスラム教徒主体の国だけど、イランと違ってイスラム法に基づいた統治が行われているわけではないので、髪を布で覆っている女性も見られるけどそれは法に従ってのことではなく個人の自由な選択でいうことになる。アルコールも多くの人が“隠れず”とも飲んでいる。

レモン

ちゃいはね

100年ぶりのオイルブームで栄えるアゼルバイジャンの首都バクー。一世紀前の第一次オイルブーム時に建てられたヨーロピアンスタイルの建物が旧市街の城壁の周りに建ち並び、東から来ると一気に西欧にワープしてしまったかのような気分にさせられる。きれいな町で中心部だけかもしれないけどゴミがほとんど落ちていないのには感心した。

まち

バクー

カスピ海沿岸には無数の油井櫓が立ち並びバクーの町中心部からごく近いところでも、もくもくと原油を汲み上げている。初めて原油というものを見たけどドロドロしていて黒かった。重たい黒さだった。その利権を巡っての争い、不透明な富の分配、環境への影響というような問題を抱える産油国をいくつか走ってきたため外見的な色とは別に、やはり黒いイメージを持ってしまうのだけれど、原油というのが僕らの生活に欠かせないものであることは間違いないこと。

油井櫓

バクーではインドで出会ったウニさんから元同僚のアゼル人女性Sさんの紹介をうけており、その彼女の友人のEさんファミリーのお宅にお世話になっていた。物価が高いバクーでは自分の予算で泊まれる場所を探すのは難しく、大変有難かった。

ウニさんは18年前にアゼルバイジャンのMSFのオフィスで、医師として活動に従事していた。そう以前本人から聞いたとき僕は何も訊ねなかったけど、当時オフィスで財務の仕事をしていたSさんにオフィスの場所があった場所を聞いたとき何も訊ねなかった自分の鈍感さに気付いた。オフィスがあったのは西部のベルデ(Barda)という町。そして18年前といえばナゴルノ・カラバフ戦争の停戦直後だ。ベルデは現在アルメニアの実効支配が及んでいるラインから20kmほどのところにある。ウニさんは戦争が生み出した何十万人ともいわれる国内難民を対象とした医療活動をしていたのだ。20年以上経った今も帰還の許されない難民問題は深刻な社会問題となっている。

らら

アゼルバイジャンの経済成長を支えているのは西側諸国への石油、天然ガスの輸出。ロシアを経由させず、アゼルバイジャン産のオイルを西側諸国へと運ぶための石油パイプラインが2006年に建設され操業を開始している。このパイプラインは最短距離であるアルメニアを経由せず、ぐるっとジョージアを通ってトルコへと至り地中海沿いのジェイハンという町まで続いている。このことがアルメニア、アゼルバイジャン間にある溝の深さを如実に物語る。

げんゆ

いつものように強風が吹きつけているアブシェロン半島。ハンドルを何度も取られながら、バクーを後にした。雨宿りを繰り返しながら長閑な山道を通って少しずつ”グルジア”に近づいていく。シェキ手前の村でカラバフから逃げてきたという家族が戦争の話をしてくれたけど、なんせ僕には言葉が理解できない。ちゃんと理解できないのはもどかしくてたまらないのだけれど、それで十分でもある。話の内容はわからなくとも、話を聞けたその事実だけで僕は彼らの間にある歴史についてより考えるようになるから。

やさい

小麦畑

野原

カフカス

雪をかぶった大カフカス山麓の大地は緑で輝き、長い眠りから覚めた小さな花々が
寄り添いながら空に向かって優しく伸びをして雨の止む間に日光浴をしている。
数十km西方には自分の走行路に並行するように地中に走るパイプライン。
そしてその中を、カスピ海産の原油が今、ゆっくりと流れている。

花


@Yerevan・Armenia
スポンサーサイト
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
36,938km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。