HOME   »  VISA etc
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月にイギリスにて取得したアメリカビザについて書き込みしておきます。


日本を含むビザ免除プログラム国の国籍をもつ渡航者は今まで90日以内の滞在であればビザは免除されていましたが、今年1月21日よりルールが変わっていますのでご注意ください。

2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリアに渡航または滞在したことがある人は入国に際しビザの取得が必要になっています。現時点でリビア、ソマリア、イエメンについても加えられています。今後も条件が変わるかもしれませんので渡航を考えている人は最新情報をチェックしてください。
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html


イランを訪れたため、これに該当する自分はイギリスでの取得を試みました。年始の挨拶でアラスカ行きを報告した直後にルールが改正されまして、これは国家レベルでの自分に対する嫌がらせなんじゃないかと被害妄想にかられていました。文中でデナリの山神様に呼ばれているんじゃないかなどと言ってしまった手前、行けませんでしたではなかなかにばつが悪いんじゃないかと思いまして、ロンドン滞在における多くの時間をその取得に向けた準備に費やしました。以下簡単ですがそのときの記録をまとめます。

イギリスでのアメリカビザ取得の流れ

●流れと内容

ビザ申請&申請代金支払い:3月下旬(ロンドン)
面接:4月下旬(ベルファスト)
受取:5月下旬(ニューカッスル)
申請代金:115.2GBP (約16,000円)

取得したのはDS-160と呼ばれる非移民ビザ。
訪問目的によりいくつか種類があり自分が該当するのはB2 Tourism/Medical Treatment。

●申請・予約

オンラインでビザ申請。アカウントを作り長い質問に答える。本当に長い。ページごとにセーブできるので、一度にまとまった時間がとれなくても次回また続きから始められる。終わったら最後に表示される確認ページをプリントアウト。(たぶん、全問にまだ答えていなくてもアカウントさえ作れば面接の予約ができると思う)

申請費用の支払いを済ませたら次は面接の予約。イギリスの場合面接場所はロンドンかベルファストが選べる。予約可能な日時が表示されるので都合の良いものを選択。自分のケースだとロンドンでの直近の面接日は2週間後、またベルファストでは3週間後でした。2週間も待っていられないのでベルファストでの面接を予約し、旅を進めながら面接日までに現地入りできるように段取りしました。

ビザ受取はイギリス国内数箇所のDX(宅配業者)のオフィスで可能で、自分は友人を訪ねる予定があったニューカッスルを指定。希望とあれば指定住所に直接送ってもらうこともできますが18GBP (約2,500円)追加料金がかかります。

●面接での必要書類

・パスポート
・DS-160確認ページ
・顔写真一枚(5cm×5cm)
・旅行後アメリカを出国することを証明するもの
→自分は、北米~南米への旅行日程を作成し用意

・アメリカ滞在中に十分な旅資金があることを証明するもの
→自分は、銀行口座残高証明書(英文)を用意

・アメリカ滞在後に帰国する国との強い結びつきを証明するもの
(Evidence that you have significant ties to the country to which you intend to return at the end of your stay in the United States)
→米出国後に帰国する予定はありませんが、自分は戸籍謄本のコピーとそれを英訳したものを用意。英訳の雛形は簡単にネットから探せましたのでそれを利用しています。

●面接当日に訊かれたこと

まず受付官より
「なぜ日本で申請しないのか?」

その後面接本番で面接官より
「今まで何カ国回ったのか?」
(申請書に過去5年の渡航歴を記入する必要があり、律儀に全部記入しました)

「アメリカ走行でもっともわくわくしていることは何か?」

自分以外の申請者は英国居住者だったためか、旅行者の自分が面接に呼ばれたのは最後でした。2時間ほど待った末、面接自体は15秒で終わりました。なぜイランにいったのかなどの質問が来るのかと思いいろいろと回答を考えていたんですけど、訊かれたのは全く異なるシンプルなことでした。

その場で、来週早々(金曜面接)にビザを発行する旨伝えられました。

3日後くらいの日付でメールが来ていて、発行日からか発送日からかわかりませんが30日以内に自分が指定した場所で受け取るようにとの指示。スコットランドをぐるっと旅してからこの期日にぎりぎりでの指定オフィスでの受け取りとなりました。


今回はめでたい結果に終わりましたが、基本的に第三国での取得は簡単ではないようなので(申請地、面接官により大きく反応が異なると思われます)、これから出発される方で中東エリアを考えている方はアメリカを先にビザ無しで行ってしまうのがいいかもしれません。それか出発前にビザを日本で取得してしまうのも手だと思います。ビザは10年間有効な上にマルチプルで各滞在で6ヶ月もらえます。高いですが、長くアメリカに滞在したい場合はなかなか便利なビザです。またビザがあればESTAの取得(14ドル)は不要です。ついでにカナダの入国についても今年3月からeTAの取得が必要になっています。オンラインで7CAD(約550円)で簡単に取得できます。

以上、参考までに。



8月28日から9月3日にかけての1週間、アラスカの大部分は晴天に恵まれました。普段なら雨の多いこの時期に、雲一つないような青空が続きました。なんと偶然にもこの期間にデナリ山を望む道を走っていた僕は遠くから近くからそしていろいろな角度からアラスカ山脈の雄姿を拝むことができました。つい先日、人から雨男のレッテルを貼られたばかりだったんですけども。

あの日、面接官の問いに僕は間を空けずこう答えました。
「ロッキー山脈の間を縫って走ること。そして、アラスカでデナリ山を拝むことです。」


Mt Denali

やはり山神様は僕を呼んでくださっていたのだと思います。


@Park Rd entrance/Alaska
スポンサーサイト
2015年11月末

結果的に簡単に取れたんですが、取得情報が乏しくてなかなか遠回りさせられました。取れることを前提に予定を組みウクライナを東回りで回ってしまっていたので(進行方向に事実上ベラルーシに抜ける以外出口なし)なかなか思惑通りに取得の目処が立たず申請予定地のキエフが近付いてきて焦りました。直前でなんとかなって安堵安堵。


欲しい日数などに応じていろいろなやり方があるようなので、自分のケースを流れで書きます。

取得したビザ:入出国日指定の18日間滞在可能なシングルエントリービザ。

参考サイト
在日ベラルーシ共和国大使館ページ(日本での申請の案内)
ベラルーシ共和国外務省ページなど

●短期滞在ビザ(観光ビザ30日以内)の取得の流れ

当初は訪問ビザでの入国を計画。知人から聞いていたベラルーシの首都ミンスクにある自転車関連のNGOにインビテーションレターを依頼、何度かメールを送っても返事来ず。

訪問ビザを諦め、なんだか費用がかかりそうだけど観光ビザの取得に方向転換。
某現地旅行会社Pに申請に必要なバウチャー(旅行会社発行の申請書)を依頼すると25USD+56USD(コピー不可とのことで原本取り寄せのexpress郵送代)+17USD×滞在日数との見積もり。ちなみに通常郵送の場合は一ヶ月かかるとの回答(ミンスクからキエフまで歩いたってそんなにゃかかりますまい、とは口には出さないでおきました)。

最終的に、2週間滞在可能なビザのバウチャーを1週間分の宿泊予約でつくるとの話(25+56+17×7=200USD)をもらうけど、やはり高すぎるため断念。

観光ビザもいったん諦め、今回リトアニアまで行く計画をしていたため、インビテーションやバウチャー不要の2日間のトランジットビザ(無料)を取得して電車かバスでベラルーシを通過してリトアニアに行くことを検討。バスは調べてないけど電車の場合リトアニアの首都ヴィリニュスまで5000円以上かかること、そして何よりやはり自転車旅を中断するのは避けたく気持ちを改める。

調べるうちに、10日以内の観光ビザならばバウチャー不要で全泊分の宿泊予約確認書(コピーでOK)のみで申請可能だと知りその方向で宿探し開始。やたらと対応の親切な首都ミンスクにあるHostel vivaに行き着く。このホステルが提携している旅行会社がビザサポートをやっていることをスタッフに聞き改めて尋ねてみるとなんと宿泊予約1泊分のみでも通常の観光ビザ用のバウチャー発行可能とのこと。しかも原本ではなくコピーでOKとのことで他社で請求されたバカ高い送料も不要。旅行会社により全く言うことが異なり戸惑うも、彼らのいうことを信じてサポートを依頼。

●ビザサポート依頼
ビザサポートをしてもらった旅行会社:Vnesh intourist

バウチャー発行のために旅行会社からパスポート情報とベラルーシへの入出国日、勤務先情報、申請予定地(キエフ)などを尋ねられた。費用をオンラインでカード支払い。

ビザサポート代20+ミンスクでの宿泊予約(1泊分)8+手数料1=29ユーロ
支払い後、メールにバウチャー及び旅行会社情報が記入されたビザ申請書が添付されて送られてくるのでプリントアウト。


●大使館でのビザ申請
必要なもの
・申請書
・写真1枚
・パスポート
・ビザサポート書類(バウチャー)
・ビザ代(日本人は無料)
・滞在中の医療保険契約(大使館前の保険店で加入)の証書 
※18日間だと196グリブナ(約7.5ユーロ)だった。
※海外旅行保険などベラルーシ国内でも適用される日本の医療保険に加入していればそれで良いと外務省ページに書いてあるが、キエフでトランジットビザを申請した人々の情報にそれらとは別に必要とあったため自分で確認せずそのまま申請前に現地で加入した。申請場所により条件異なる可能性有り。

在キエフ・ベラルーシ共和国大使館ページ(開館時間の記載、地図もあり)

※このページから先に進むと英語変換できるが、このページの英語化は何故かできないと思われる。申請受付時間は右半分で上から月(Понедельник)・火(Вторник)・木(Четверг)・金(Пятница) 。水・土・日は休み。

領事の判断は5営業日以内、エクスプレスの場合追加料金で2営業日以内と記載されているのでそうなんだろうと思っていたけど、なんとその場でビザを発行してもらえた。

前例は確認できても、法的に自転車での観光をしていいのかが定かではなく不安だったんですが移動手段を書く欄には正直に“Bicyle”と書きました。”自転車?“と職員のおばちゃんに言われてギクっとなりましたが、「寒かろうに、気ぃつけなさいよ」と返ってきたのは優しい励ましの一言。また旅程を細かく聞かれるものと思い、大体の走るルートを予め決めて必要と思われる18日という時間を自分なりに算出したのですが、申請書にはウクライナ→ベラルーシ→リトアニアと書いただけで提出時も何も尋ねられませんでした。また入国時に今日はどこに泊まるのかと聞かれ、メモってあった最初の大きな町(自分の場合ゴメリの町)のホステルの名前を伝えました。ひとまず滞在登録をしたかったので実際にも入国初日そこに宿泊しましたが、宿泊しない場合でも滞在登録のある国なのでキャンプとか言うのは当然やめておいたほうがよいです(ホステルは大きな町で5ユーロから探せます)。


●滞在登録について(以下、海外安全ホームページよりそのまま抜粋)
 ベラルーシ入国後,外国人はベラルーシの国内法により,5労働日以内(月~土)にその地の登録機関(国際移民局/オギーム)に滞在登録を行うよう定められております。滞在登録の手続きは,ホテルに宿泊する場合には,通常,ホテル側が代行してくれます。個人宅等に滞在する場合には,ベラ ルーシ国内の身元保証人が個別に手続きを行うこととなっています。また,登録を行った滞在場所以外に滞在する場合には,登録時にその旨を伝えれば再登録の 必要はありません。ベラルーシの警察は,外国人に対し滞在登録が済んでいるかを検査する権限を有しています。年間を通じて90日以上ベラルーシに滞在する 場合は,内務省から短期居住許可を取得する必要があります。

自分のケースですが、17泊中ホステルに滞在した3箇所(計5泊分)のレギで問題なく出国できました。また他にお誘い頂いたお宅に2箇所泊まらせてもらっていますが、滞在登録はしていません。この国でも制度が形骸化されているのかもしれないし、ただ単に自転車旅行者は登録に空白があっても甘く見てもらえただけかもしれません。滞在登録はホテルなりホステルで無料で簡単にできます(出国カード裏面に記載される)。


●使った国境
入国:ウクライナのチェルニヒヴとゴメリ間にある国境。特に問題なし。
出国:リトアニアのヴィリニュスへ抜ける国境。ビザ期限日の日没時に到着した国境がなんと外国人越境不可。案内された50km離れた国境(24hオープン)まで雨の真っ暗道を走るはめに。ベラルーシ時間23:00になんとか越境。長いクリスマスの夜でした。

ヴィリニュスの真東に3つ国境が固まっており(上からKotlovka, Losha, Kamienny Loh)、今回越境したのはKotlovka。外国人越境不可と言われたのがLosha、またKamienny Lohは外国人通過可能だが自転車での越境は不可との説明を受けました。


以上



@Kaunas・Lithuania
仮眠してから出発します、新年挨拶は次回に
2015年3月

イラン(テヘラン)におけるアゼルバイジャンビザ取得の記録

当初タブリーズの領事館での取得を試みたけど、
不要と聞いていた日本大使館からのレターを要求される。
在テヘラン日本大使館に問い合わせると、
レターの事前申請はHPより可能だが、受け取りは実際にテヘランまで来る必要があるとのことで、“それならば”と同時にテヘランでビザ申請することに。
ちなみにタブリーズで申請した場合受け取りは5日後
(たぶん5営業日後の意味と思う)

●申請場所:アゼルバイジャン大使館領事部
最近移転したようで場所注意。
メトロのTajrish駅から乗合いミニバスでKashoonak行きでEbstehaj StとKhodaverdi Stの交差点で降ろしてもらい(10,000リアル)、13th Stまで歩いて上がったら左折して約100mくらい進んだ右手にある。
またはTajrish駅からローカルバスでNiavaran Parkで降りて(5,000リアル)、北へ上っていくと良い。

●必要書類
・日本大使館発行のレター
・写真1枚
・パスポートIDページのコピー1部
・パスポート原本
・申請書はアゼリ語(ロシア語も?)での記入のみで代書依頼
※目の前にいる領事部担当職員に代書費用100,000リアル(約3USD)を払う

●申請料:無料

●内容:発行日から2ヶ月有効の30日シングル

●申請と受取:月曜のみ受付。10時開館。余裕を持って9時頃到着、ボードに貼ってある申請待ちリストに名前を記入し待つ。すでに7~8名の名前が。開館から30~40分でオフィスの中に呼ばれ申請。同日の17時に受取り。

ちなみにここのアゼルバイジャン大使館は問い合わせに電話してもまったく出てくれない。在テヘラン日本大使館の副領事曰く「彼らは未だかつて電話に出た試しがない」とのこと。 結局、ネットで見つけた昨年取得した人の情報“申請は月曜のみで受け取りは同日”だけを頼りに月曜朝に大使館に向かう。申請受付日が変わってないかかなり不安だったけれど、“月曜のみ申請受付の同日受け取り”で一安心。


ちなみにコーカサス地方の出入国のルールだけど、
アゼルバイジャン⇔アルメニア間、アルメニア⇔トルコ間の越境は不可。
アルメニアのスタンプがあるとアゼルバイジャン入国に差し支えのある可能性があり、
カラバフのスタンプがあった場合はアゼル入国不可。
また我々外国人は、これらの国からロシアへの越境、またロシアからの入国もできないのでこれも注意。


@Yerevan・Armenia
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
40,018km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。