HOME   »  South Africa
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8th August 2013


For the last five weeks, I have stuck with my original plan and been looking for a boat to get to Madagascar. However, there have been no good news so far. Now it’s a moment to decide.I’m no longer traveling by a boat. I will take a flight next week. The cost for the flight is huge but I can’t miss the appealing big island.
I want to thank everyone who has been trying to help me finding a passage there.

                             
おひさしぶりです。
どういうわけかツイッターが表示できなくなってしまいましたが、2ヵ月近く眠っていたパソコンは先日ようやく使えるようになりました。

ここ5週間マダガスカル行きの船を探してきましたが、なかなかタイミングの会う船が見つかりませんでした。体調を崩し最後の1週間はろくに港にも行けなかったのですが、引きこもっていた時間にいろいろ考えた結果、固執するのをやめて前に進もうと決断しました。ということで来週マダガスカルに飛びます。

飛行機荷物対策めんどくさい。
Durban, South Africa


スポンサーサイト
27th march, 2013

The clatter from my bicycle chains ceased. I found myself having stopped pedaling and looking up at the sky after the rain had fallen in Mthatha, the capital of ”Transkei ”,its name comes from one of the homelands in the apartheid era, where a big arch of rainbow had appeared.

I had my headlight on before I reached the center of the town as it had been getting dark. When I was waiting for the signal to change to green at the crossroads, I noticed an African cyclist coming close to me from the counter direction. The instant that our eyes connected, we smiled with each other. In general, cyclists feel happy when they find “comrades”. That’s the only reason.

An old, white road bicycle, a blue helmet and jacket with a reflector, blinking red light fitted to the back of the seat, It seemed like he had much more common sense for a cyclist than I had. After introducing himself, the man, Mnguni, explained that he was trying to bring cycling and swimming to the children in the area without charge. It reminded me of a Kenyan professional bicycle racer, David Kinjah, I had met in Nairobi, who had his own NGO called“Safari Simbaz” for teaching the children, who had dropped out of school or had a problem at home, the skill as a mechanic and how to win the bicycle races to enable them to have a sustainable future for themselves. And Mnguni kindly invited me to his house, otherwise I would have had to ask the police station for a place to wait for the morning to come.

”Just a few km” Mnguni said, but in reality it was another 10 km further uphill to get to his house, this really exhausted me because I had been pedaling for more than a hundred km in the rain that day. With a brave smile I told him “In Africa 1km can mean 50km”, which had actually often annoyed me in Africa but he smiled at me with saying the same thing that he told me when we met at the junction, “It’s just right over there”.

A blue container could be seen on the glass field in a suburban area called Ultra city.That was exactly where he had lived and happily I could sleep that night. The container was donated by the Department of Transport which had sympathized with his cause. Inside the container was a mess of secondhand bicycles and its parts. I thought that my effort was rewarded. We would seldom have the opportunity to stay in a place like this. For me his house was far more exciting place than a well equipped five-star hotel to stay in. No water and electricity, no kitchen and toilet of course. He had lived in that container alone. I heard his ex-wife and three children had been living in a nearby town. After taking a cold shower and eating some bread at the gas station, just opposite his house across the road, where he went often, we started to put the things inside the container in order to make space. A beam of my headlight showed the dust rolling up in the room. Then he slipped into his sleeping bag on the cardboard sheet as usual and I followed to wrap myself in my sleeping bag next to him.

Mnguni is 38 years old and used to be a triathlon athlete. He launched his initiative in 2005. Now some 20 children from 12-18 years old have been receiving coaching directly from him from Friday to Sunday, thrice weekly. He obtained the formal qualification of coaching work for cycling and swimming three years ago through a four month training program at a school in East London with support from Department of transport. His activity has come to be recognized little by little. The children can’t find anything to do, get into drugs, start drinking and some resort to theft by poverty and idleness, especially around Mthatha.“I want to tell them through sports not to be lazy and they can live healthier”This is a his principle. His mother and father exiled themselves to Tanzania in 1970’s to escape imprisonment for involvement in their political activity against the apartheid regime and passed away there later. Mnguni and a his brother and two sisters were fostered at his uncle’s home as agricultural workers. Thanks for that he didn’t have time to learn ill deeds and idleness..

All the money for his activity comes from his pocket. His primary business is cultivation and selling of plants, avocado, olive and yellowwood etc, and he earns about R2500 per month (270USD) with which he makes ends meet of his own livelihood and his activity, buying some used bicycle and its parts and paying the pool fees for children. The only support for the activity he has gotten except his container is a free use of accommodation facility during two-day and one -night cycling tour to somewhere he plans sometimes, he told me.

“With support of equipment, I’m thinking I want to teach them canoeing and rafting too in the future, which few African people partake in at the moment. So I need to teach swimming first. If they learn to swim well, we could go the next step”

This is all I remember about this night. It seems my eyes had closed before the candlelight standing in between us flickered away and his story finished. It was a unique night spent with a number of bicycles and an honest man like him.

“Come to visit again, I will be always here”
He would be staring up at the ceiling alone in the blue container tonight.



2013年3月27日

チェーンのカタカタ音が止んだ。思わずペダルを止めて空を見上げていた。
トランスカイの都、雨上がりのウムタタの夕空に大きな虹が架かっていた。

CSC_2434.jpg


10km先の町中心部に着くころには日は沈み、ヘッドライトが僕の前方を頼りなく照らしていた。
信号待ちをしているとき、
左前方からロードバイクに乗った黒人男性がやってくるのに気付いた。
目が合ってお互い微笑む。
自転車乗りは自転車乗りに会うとうれしい。だから微笑む。他に理由など要らない。

年季の入った白いロードバイク。青いヘルメットにリフレクターのついた服。
シートポスト後部には赤いライトが点滅している。
ング二さんは僕なんかよりはるかに常識のある自転車乗りだった。
サイクリングとスイミングを子供たちに指導するボランティア活動をしていると自己紹介の後彼は話した。

ナイロビで出会ったデビッド・キンジョウとダブった。
デビッドは"Safari Simbaz"というNGOを立ち上げ、
学校を中退した子ども、孤児や家庭内に問題のある子どもたちに、
自転車レース技術・メカニック技術を教育し
彼らが自分たちの力で将来を切り開けるように日々指導しているプロレーサーだ。

DSC_0238.jpg
※"Safari Simbaz"in Nairobi

警察署で朝を待たせてもらおうと思っていたけれど、ングニさんが家に招待してくれた。

2,3km走ったところだと聞いたが実際は10km超の上り道で、
雨の中100km以上走ってきた身には相当に応えた。
「アフリカ人の言う1kmは50kmになることもあるから困る」
不満を押し隠してそう言うと、
「もうすぐそこだ」と出会ったときと同じことを言って彼は笑った。

町郊外のUltra cityと呼ばれるエリアの草地に青いコンテナが横たわっている。
それが彼の家であり、僕のその晩の寝床だった。

CSC_2436 - コピー

彼の活動に賛同した運輸省がガレージとして無料で提供してくれたものらしい。
重い扉を押しあけた彼の肩越しから中を覗くと
内部は中古自転車やパーツでごった返していた。
“苦労してきた甲斐があった”その瞬間そう思った。
こんな場所で1泊できる機会なんてそうあるものではない。
5つ星ホテルに泊まるより自分にとってはよっぽどワクワクできる場所だった。
コンテナには電気も水も来ていない。
もちろんキッチンもトイレも浴場もない。
彼は一人でこの場所に暮らしている。
離婚した奥さんと3人の子どもは近くの町に暮らしていると聞いた。
すぐ向かいにある彼行き付けのガソリンスタンドで水シャワーを浴びさせてもらえた。
スタンドで食パンを食べてから、
2人分のスペースと自転車分のスペースを作るべく散らかったコンテナ内を2人で整頓する。
ヘッドライトの光線が、巻き上がる埃を照らし出す。
スペースが出来ると彼はいつもそうしているようにダンボールを敷いて寝袋に入った。
その隣に銀マットを敷いて僕も寝袋に包まった。

CSC_2438.jpg

かつてトライアスロンの選手だったという38歳のングニさん。
2005年から始めた活動には現在12歳~18歳までの男女20人が参加しており、
金土日の週3日、ングニさんの直接指導を受けているという。
3年前に運輸省のサポートを受け、イースト・ロンドンのスポーツ学校に4ヶ月間派遣され
自転車や水泳指導を学び公的な指導資格も得た。
活動は少しずつ周りに認知されてきている。
“スポーツを通して、怠けないこと、もっとヘルシーに生きられることを伝えたい”
それが彼の想い。やることのない子どもは貧しさと怠惰の中で薬や酒、強盗に走るようになる。特に治安の悪いといわれるウムタタ周辺の子はその傾向が強い。

ングニさんの父母は1974年、アパルトヘイト下での政治活動で白人政府から投獄されるのを免れるためタンザニアに亡命しその地で亡くなった。
兄妹とともに叔父さんの下で厳しく育てられ、幼い頃から農労働者として扱き使われた。お蔭で悪さや怠けを覚える暇なく成長したという。
.
活動資金はすべて彼自身が本業である植物栽培で稼いでいる。
イエローウッドやアボガド、オリーブといった植物を育て販売し、
月に約2,500ランド(2.5万円)の収入を得ている。
そのお金で自転車の部品を購入したり、プール使用代を支払う。
現在得られているコンテナ以外のサポートは、
近隣へのサイクリングツアー企画時に得られるスポーツ省からの宿泊施設の提供、
その程度らしい。

もし装備品のサポートを受けられるならば、将来はカヌーやラフティングも子どもたちに教えたい。現在黒人の競技人口は極僅かだけれどもっとみんなに広めていきたい。そのためにも今はまず泳ぐことを教えないといけない。泳げれば次のステージにいける。

CSC_2442.jpg


この夜のことで僕が覚えているのはここまで。
ロウソクの火が消え切る前、彼の話の途中で目を閉じてしまったようだ。
自転車に囲まれながら誠実な彼と過ごす普段味合うことのできない時間だった。

「また訪ねてきなさい。私はずっとここにいるから。」

ウムタタ郊外の青いコンテナの中で彼は今夜も一人天井を見上げている。

P1020914 - コピー

CSC_1819.jpg


※For more information about his activities or anyone that can provide some bicycle stuff you don’t use any more or has some ideas to share on how to improve their situation, please call Mnguni Male on 0837584552 from within South Africa or +27837584552 internationally.
thanks.

※彼の活動をもっと詳しく知りたい方、彼の活動をよりよくするためのアイデアをお持ちの方はングニさんに直接連絡してあげて下さい。ングニ・マレさん携帯+27837584552



5th March 2013

As compared with the famous Cape of Good Hope the neighboring Cape Agulhas is regarded for most visitors as less important.

”Why don’t you swim close to shore?” A beautiful lady with blonde hair who had been swimming there came to talk to me at the front of the monument which represents the southernmost tip of the continent. She was curious about my journey sadly not about me and told me she might contact me later as she worked for Cape Talk, a radio station in Cape town. The next morning I noticed my cell-phone vibrating and answered it while on the road where strong winds were blowing and had prevented me from understanding what she was speaking about, but what I could make out was that they wanted to have a live interview with me the next morning via phone. Later she asked me by SMS to be in a windless and quiet place come next morning. Prior to those two conditions she requested it was important for me to be in a place that could get good signal for my cell-phone due to the remote area I had found myself cycling through that afternoon.

After pedaling 40km on an empty gravel road, I reached a village where there was no signal. I had wanted to rest but had another 20km to go with continuous, sharp up and down stretches of road before eventually I got to a riverside town called Malgas just before sunset. Contrary to my anticipation, there was unfortunately also no signal in Malgas. After getting a permit to pitch my tent aside of someone’s house, I visited a nearby house to explain my situation and ask them, a gentle married couple Jelly and Maline, to allow me to use their fixed telephone for the interview. Next morning 7am I was sitting at a table in their garden. This would be my first radio interview, windless and quiet of course. From the radio inside their house, I heard the presenter on the radio, Kieno, who would interview with me was speaking English at quite a fast pace, which made me quite nervous. A few minutes before the appointed time, ”the southernmost tip lady” called me and said “ready?” In a short while, Kieno changed the subject and started to introduce my story to his listeners. Over the next five minutes, my voice got on the air through South Africa. Thanks to him considering my level of English, I could manage it without making a big air accident.”Well done” Jelly smiled at me and ”An exciting moment happened in small and boring town” Maline kindly followed him.

I didn’t know how widely it was broadcasted but Cape talk seems to be quite a well known radio station in South Africa, so the reaction was beyond my expectation. Some my South African friends kindly made calls or sent mails to me and the local people who listened my interview talked to me on the road and cheered me on. I was so happy to have been able to feel that it made me become closer to South African people. How about making a small detour to the southern tip of the continent ? A beautiful lady might be waiting for you.


3月5日

アフリカ大陸最南端アガラス岬。
南西端、喜望峰の蔭に隠れあまり重要視されていないロンリーケープ。

DSC_0190.jpg

自転車を押しながら南端へと続く遊歩道を歩く。
南端碑の手前までやってくると、
大きなサングラスをかけた白人女性が話しかけてきた。
「あなたも泳いで行きなさいよ」
長い金髪をタオルで乾かしながら微笑む彼女。
アフリカ大陸最南端で海水浴を楽しんでいたらしい。
瞳を隠すサングラスがこの最南端女性をより神秘的に見せていた。

自転車に目線を落とし、「行けないでしょ」という意味を込めて苦笑い。
海からだと自転車は完全に死角になる。
フルパッキングの自転車を放って泳げるほど大胆にはなれない。

ケープタウンのラジオ局で働いているという彼女。
残念ながら僕自身にではなく、僕の旅に興味を持ってくれたようで
また連絡するといって去っていった。

その翌日、彼女から早速連絡が入る。
強い向かい風が吹くBredasdorpへの道。
右太腿に振動を感じ、電話に出る。風の音でとても聴き取りづらい。
“明日7:45にラジオ生インタビューさせてほしい”
なんとか用件は理解できた。
そして、“風のない静かなところにいるように”
彼女が正反対の場所にいる僕に課した条件だった。
加えて、Bredasdorpからは小道を走るプランを立てていたため、
“通信電波があるところ”これも僕の中で重要な条件の一つだった。

だだっ広い牧場風景が延々と続く石道。

DSC_0292.jpg

暑さとアップダウンの連続に疲れ、40km走って辿り着いた村で
もうこの日はテントを張らせてもらうつもりでいた。
でもこの辺境では案の定、通信電波はない。
村といっても大きな牧場が2,3軒並んであるだけのところだった。

DSC_0309.jpg


蛇口の水を補給させてもらってから、
さらに20km鋭いアップダウンを繰り返し、日没ギリギリに次のMalgasの町についた。

DSC_0316.jpg

これまた小さい町で、肝心の電波はやはりなかった。
町を流れるBreede川の川岸には手動の渡し船が泊まっている。
仕事を終えて帰宅しようとしていたその船会社で働く男性にお願いして
彼の家の横にテントを張らせてもらった。

町で一番大きいと思われる近所の家を訪ねる。
僕に向かって敵意剥き出しに犬が吠える。
ナミビアで犬に咬まれて以来、犬を見るとどうも咬まれるイメージがして身が強ばる。
玄関越しのマリーン婦人は、
日没過ぎにやってきた汚い男を当然ながらとても警戒していた。
事情を説明し、翌朝ご自宅の固定電話をなんとか使わせて頂けることになった。

翌朝7時、電話を借りてラジオ局の彼女に連絡し、
自分の携帯ではなくその番号にかけるように頼んで電話を切った。

旦那さんのジェリーさんはラジオの電源を入れると、
庭のテーブルの前に僕を呼んで座らせた。
その場所が、僕にとっての人生初となるラジオインタビュー席となった。
“風のない静かなところ”だった。

ラジオからは、数分後僕にインタビューすることになる司会者の男性が
速くて聞き取れない英語でしゃべっているのが聞こえてくる。
一気に萎縮し不安になる。

約束の時間3分前くらいにラジオ局の彼女から電話がかかってきた。

「ready?」

彼女が回線を切り替え、電話口からもラジオの音が。
家の中から聞こえるラジオの音と
まったく同じ音が電話口から聞こえてきて不思議な気分だった。

「カナガワ、ジャパン‥」

司会者が話題を変え、どうやら僕の紹介を始めた。

「こいつはイスタンブールからジンバブエ航空でやってきたんじゃない、
自転車をこいでここまでやってきた大バカ野郎・・・」

その後の約5分間、僕の声は電波に乗って南アフリカ国内に運ばれた。
とりあえず放送事故になることなくなんとかその場を取り繕えた。
司会者は僕に合わせてゆっくりしゃべってくれ、質問もシンプルなものだった。

厳しい表情を崩さなかったジェリーさんはいつの間にか優しい顔のおじさんになっている。
「静かで退屈な町に起きた興奮の出来事だったわ」
マリーン婦人もそう言って喜んでくれた。

P1020321.jpg


嬉しそうに電話やメールをくれたケープタウンの友人や道中お世話になった方々。
「今朝のラジオのやつか?」と声をかけてくれる土地の人々。
Cape Talk radioとはどうやらかなり大きな放送局だったようでその反響は小さくなかった。
南アフリカで出会った人々との距離をより縮めてくれる機会となった。

前に出ること、取り上げられることに抵抗を感じたり、
どこか消極的であったり、臆病であったりする時期はもう終わりだ。
機会があれば有難く利用させてもらう。すべては自分を奮い立たせるため。
自分がやっていることを誇りに思えるように、
他人にではなく、自分自身に対してそう思えるように。
自分が選んだ道をこれから先も歩き貫いていく力に変えられるように。

その行為が、家族や友人、お世話になった人々への近況報告になって
ときに微笑んでもらえたり、誰かのエネルギーに変わったり、
自己満足の旅の延長にそういうものがあったとしたら、とても素敵なことだと思う。

少し遠回りしてアフリカ最南端に寄ってみませんか。
金髪美女があなたを待っているかもしれません。


CSC_アガらす










Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
40,018km (July2014- )

latest news

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。