RSSフィード
2017日9月24日~11月1日


9月24日朝、草むらでテントをたたんでいたとき、聞き覚えのある音で空を見上げた。20羽ほどの白鳥の群れが越冬するために北から帰ってきたところだった。“もうそんな頃かぁ” 忘れもしない、トランペットの音色のような鳴き声は春にユーコンで聞いていた。

彼らが飛んでいった方角へ25km漕ぐと国境に着いた。イランや他のイスラムの国々の入国履歴があるため不安に思っていたアメリカ入国はその不安をよそにすんなりとしたものだった。入国後そのままロッキー山脈沿いに走行、今夏は山火事が酷く、カナダ側と同じく日によって空はとても煙たかった。モンタナ州を越えワイオミング州にある世界最初の国立公園であるイエローストーン国立公園を訪れた。自転車だと15ドルで7日間園内に滞在できる。園内の大部分が2000mを越える高地で、少し寒いけど紅葉と雪の白のコンビネーションが見られる10月も美しい時期。ただ、峠のたびに天候に嫌われてしまった。

10月8日、Dunraven峠 (2700m) にようやく辿り着いたときには吹雪になっていた。視界不良でワイヤーも凍ってよわったことに変速も利かなくなった。山の天気は本当に読めない。長い上りの間にころころと空模様は変わった。上り始めたときは青空が出ていたんだけれど。時間も予想よりもかかってしまい、もう直に暗くなる時間。国立公園内は指定されたキャンプ場に泊まらなければならないのだけれど、身の安全のため止むを得ず峠にあるトイレで朝を待つことにした。

マイナス15度、この気温では臭いなんてものはない。身を置けるこの狭い空間が極上のホテルに思えるほどに、便器が愛らしく思えた。この雪で峠への道は閉められたようで、峠にいた写真をとってくれたおじさんの車が去り、その後1、2台車が過ぎていってからは有難いことに誰も上がって来なかった。そう思っての判断でもあった。

もともとこの峠は毎年10月10日で閉まる。前日に降った雪でこの日の昼頃まで峠への道は閉まっていたのだけれど、運良くちょうど開いたタイミングで中に滑り込めていた。そうでなければ40km近く同じ道を引き返さなければならなかったので、僕は走れる喜びを感じながら上り始めていた。その数時間後、峠は再び閉ざされ、結局そのまま例年より少しだけ早く野生動物だけの楽園となったようだ。てっぺんのトイレにいる人間をひとり残して。眠りに落ちるまで、雪が建物に吹き付ける音と風の音がやけに大きく聞こえていた。

7日間の滞在の中で、その夜の印象が僕の中であまりに強く残ってしまったわけなんだけれども、大きな滝が水しぶきをあげる壮大なワイオミングのグランドキャニオン、美しいイエローストーン湖を背景にコトコトと水蒸気を噴き上げている間欠泉など他にも印象的なシーンをいくつか見せてくれた。バイソンが闊歩し、警戒心の強いエルクもこの保護区では安心感からか驚くほど開放的で人懐っこかった。

へっぴり腰でやはり雪の舞うSylvan峠 (2600m)を下り、紅葉で美しい峡谷を過ぎると山脈東麓に広がっているのは荒涼とした大草原。投げ縄を腰に下げテンガロンハットをかぶったカウボーイたちが牛を追う姿が見られ、アメリカ西部開拓時代の歴史の中へと引きずり込まれていく。ワイオミング州はアメリカ本土でもっとも人口が少ない州らしく、地元民曰く「人間よりも野生動物の数のほうが多い」のだとか。周辺に棲む象のほうがその町の人口よりも多いのをうたっていた町がボツワナにあった記憶があるけど、そんな合衆国内のボツワナのような州の小村で泊めて頂いたティピーの中で横になれば、天井幕の隙間からのぞくのはもちろん寒空一面の星空だ。

上着の着脱に忙しい勾配が急な巨大なビッグホーン山脈の峠(2950m)を越えると、再び目が届く限りに広がるクリーム色をした草原の中で、張られた柵などお構いなしに飛び越えてはしゃぐ白尾鹿やアンテロープの群れが見られる。パウダー川盆地は国内最大の炭鉱地帯のようで、大陸を横断する貨物列車が石炭を満載してその長い体をクネクネさせて太平洋沿岸の町へと重い車両を引っ張って行く。山脈から吹き付けてくる強烈な西風は時に敵にもなり、そんなときはこちらのペダルを漕ぐ脚も鉛のように重く指先が凍てつき顔もカサカサになる。過ぎて行く列車を見遣りながら、“わずか150年前、鉄道が敷設される前にはスーやシャイアン、アラパホといった平原に生きる先住民たちが馬に乗って自由にバイソンを追っていた時代がここにあったんだよなぁ“と西部史の中にさらに浸かっていく自分を感じ、その当時の風景を思い浮かべては僕は静かに興奮していく。

狩猟民族としての伝統的生活を守るため、アメリカ軍の侵略に抵抗し、敗れ、文化を破壊された平原先住民たち。その戦いの史跡、彼らの現在の保留地、また聖地とされる場所を訪ねてその後モンタナ州・ワイオミング州を往き来してきた。木々の葉は枯れ落ちハロウィンも終わり、気付けばもう11月。アラスカからの寒気の通り道だそうで、平原にもすっかり厳しい寒さが押し寄せてきた。ロッキー山脈に戻る前に、個人的に強い関心のあるスー族に会うため、また先住民の自由を求めた戦いの終焉と抵抗の象徴の地であるウーンデッド・ニーでの個人的参拝のため、パインリッジ保留地を目指してもう少し東進したいと思う。




どうもです、毎度のことおひさしぶりです。
僕は元気にやっています。
ワイオミングからサウス・ダコタ州に入ったところです。

最近はみぞれや雪が降ってばかりです。
止めばすぐ溶けてなくなる程度のものなんですが、風が冷たくどんよりしていてかないません。
明日は太陽がみたいです。明日こそ出てくれるんじゃないかと思います。

みんなもよい一日を過ごしてください。
時間がないので記事の写真は後日またアップします。


@Spearfish /South Dakota

スポンサーサイト

“I've spent 2 months in Ukrainian mountains as a mountain hut manager.” Half a year after completion of our mission, the recent news of him arrived in Alaska, at the end of its short summer.


29th Dec 2015~4th Feb 2016

white scene

A ray of sunlight through the clouds enabled me to see diamond dust falling onto white-colored ground every morning from Lithuania to northern and middle parts of Poland which was truly a gift from something above. The momentary shine of the nature work was much more valuable than that of diamond inside a showcase at least for me.

branch

Pedaling while feeling the wind with daytime temperature more or less -10 degrees Celsius, I found myself becoming like a devil man with frozen beard. He sometimes scared people when I went shopping forgetting or without knowing about my transformation.

ondokei

I just kept going slowly on an icy road with extra care though my bicycle didn’t have spike tires. Downhill was especially dangerous even with a gentle slope. I slipped and fell down many times regardless of my careful driving, and each time fear increased. But I kept on keeping on in the same way because that was the only way to proceed. Actually pedaling was not a big problem, real problem was sleeping on wet snow under -20 degrees with insufficient equipment for this kind of winter I had carried on my bicycle. Much harder to overnight from second night onward as every gear including my tent and sleeping bag was frozen or badly wet before use and no chance to dry them up in that wet climate.

saka

suberi

Kind of pain that constricted whole my body came on the tip of my toes. Losing sensation in the foot by the time I closed my tent and got ready, I groaned out with pain standing in snow field. The morning preparation was hardest time, made me seriously think that I could not even leave the place. Thus, I was always feeling gloomy the beginning of the days.

white house

I wore boots that I bought for 300 Ukraine Hryvnia (some 12usd by the exchange rate that time) at a second hand clothing shop in Kiev, the capital town of Ukraine. Those were in good condition which looked even unused. It was their charm that they easily allowed water to come inside even though there was a note of waterproof function on the tag. I was totally satisfied with the cost performance and they kept my feet warmer than normal sneakers I had worn. Outsiders could buy local products for surprisingly low price that time in Ukraine under sharp currency’s decline, but not as for imported products like cloths and shoes. So I was pretty lucky to find the shop when really needed in the town where I had first snow of the winter. And that’s the place I also got a jacket and trousers for cold weather along with the boots.

bison

However, the shoes didn’t have enough quality bearable on a snow-covered field for a long time. I shouldn’t have been careful much about cost at least to protect my feet because I knew in advance that I had to camp in intense coldness. Winter cycling can be done only with decent equipment. I must say I was lacking in consideration of protection for my precious feet.

Excluding Russia and highland in the area, as far as I guess, the north part of Eastern Europe and the interior land of the Baltic countries may be regarded as the coldest place in entire Europe, of course following the inland of Lapland or the nearby field in northern Scandinavian Peninsula. I don’t know why but maybe it’s because those areas are hit by cold air from Siberia as well as Hokkaido in northern Japan isn’t it? When I was staying in Cape of Good Hope nursery in Cape Town, I clearly felt a big effect that ocean current gives to temperature and climate. Given the high latitude, the Atlantic coast or the Baltic coast of the Scandinavian Peninsula, in addition to the most parts of Western Europe, have relatively or considerably warmer climate. And port towns along the Arctic Ocean like Hammerfest in Norway and Murmansk in Russia remain open through winter. Just the same, these are all due to warm ocean currents, the Gulf Stream and following the North Atlantic Current. Europe is too big and wide to put all together and say “European winter”. Temperature and climate largely differ according to area.

nie

Winter scenery of Eastern Europe is very attractive. Even if you feel afraid at fast, once you jump into the white world you will know that. After painful morning-preparation, the rest of the day is a reward just think positively so. No green and dead leaves fallen in this season, if without snow, you will be forced to cycle through simply bleak landscape. And moreover, it’s almost always damp and shady in Eastern European wet winter for little anticipation of fine weather. I always rely on my multifunctional digital watch to know approximate altitude of the places but I had no idea about it that time as internal solar battery of the watch had not been charged for some weeks and it stayed asleep. So at least snow was necessary for me to have fun, I changed my mind like that after all. Whether cold or hard to go on, by finding great value in beauty of winter scenery I could think I was going on a right way.

donyori

dead watch

Sun rises around 7:30 and sets before 16:00. Much time needed until everything was set up in the morning from coldness and no time to enjoy picnic lunch from shorter daylight. In fact, too cold to have a picnic, I had a quick lunch straddling a saddle or at the side of the entrance of local market to warm up myself after buying something to eat there. Bicycle chain became wet soon from wet snow and the brake pads were going to wear out very fast. I put oil on the chain and changed brake pads or adjusted position of the pad at short intervals spending precious daytime for pedaling. I was always pressed for time considering of duration of my stay ruled by the Schengen treaty as well. As always feeling driven to go faster, what kept me stay calm must have been an appealing white scenery and hours of daylight slightly getting longer after the winter solstice, and most importantly of all, presence of a man who supported me in the back.

chisinau

In October, Moldovan people, known as the producer of world famous high quality wine, were busy with picking grapes in their field. A man, who empathically gave me some advice on my self-mission, of cycling over the Carpathian Mountains in mid winter, with an European map on the wall in a hostel in capital town Chisinau, was a big Polish man, called Martin. He was on a car trip around the area with his friends from Krakow, in southern Poland. I think it wasn’t until that time that I clearly recognized that the area could be even much colder than-20 degrees in winter. Daytime temperature was over 20 degrees, but we had already freezing night that time and I just started feeling concerned about coming winter. The toughest part of my planning route I told him was mountains soaring across borders between Poland and Slovakia. “Even smallest mountain pass is as high as nearly 1,000m above sea level, go west toward Germany avoiding mountains.” He said to me first. I knew well how dangerous it is to pedal on a steep downward slope of the winter mountain. Indeed, I was almost freezing to death at a long snowy downhill in Uzbekistan in the previous winter. Martin gave me his contact and left the place earlier saying “Come to visit me if you stop by Krakow. Good luck.” Ever since that day, I had carried an image on my mind to pedal down a mountain pass under-20 degrees and been honestly feeling frightened of going there.

harvesting grape

Before the end of the year, when I was in Belarus I contacted him by email first time. Since then He kindly voluntarily started providing me with weather forecast of the area and condition of snow in the mountains from time to time. And additionally, after I entered Poland, he sent me information for some cycling route option with less traffic from Bialystok, a town in northeastern Poland, to Krakow, and also for cheap accommodation of the town he recommended to visit. “If you have any kind of problem in Poland, give someone my contact number, I will help and translate.” Those emails from him always ended with a Polish word “Pozdrawiam” in closing. And the word became one of the few Polish words that I still remember till now.

blk

There were friendly minded people like Martin from the beginning of course, but since my entry to Eastern Europe, Not often I could get a return when I greeted people on the road from my side, which may be just a case of mine. It’s difficult to keep sending out greeting when with no return though I knew I didn’t need to fit myself in the way. In wartime, especially north part of Eastern Europe became bloodiest battlefields in between two big power, the former Soviet Union and Nazi Germany. And continuously people had long suffered from control of Communism after World WarⅡ. Supposedly, people who know better about hardship in those days are subject to look at strangers with more suspicious eye and keep more distance from them. Aside from greeting, we need to find out a different way of interaction with people in different cultures. “Many men, many minds” in this world, you can’t travel around having always the same value of course, and which is actually most interesting point of travelling. In fact, even if people have a surly look on their face, once we become even a bit closer with each other for some reason, everybody easily gets even more than kind, which is what is good about Eastern Europe where homely and thoughtful people live.

At a market that I stopped by in a small town in northwestern Poland in order to buy foodstuffs, I had to wait for some 20 minutes at a cashier due to some trouble of their credit card reader. That was only shop in the town and there wasn’t enough cash in my wallet. By the time it accepted my card and I went out the shop, it was already dark outside. Soon after sunset, temperature dropped at once. I felt down because it’s a depressing job to find a place for my tent in a snow field in the dark. While pushing the foodstuffs into my cycle bags with my head light on, I found a badly drunken lady, I had seen at the cashier, standing behind me and looking at me. All the shop staff and shoppers looked at her with their scornful eyes when we were in the shop. She was waving her right hand toward me with an angry expression saying something like “Tei, tei.” It was likely to mean “come with me.” I followed after her and she stopped in front of a five to six-storied old apartment, which turned out to be where she and her mother lived shortly after that. She wanted to provide me with a shelter from coldness as she knew I didn’t have a particular place to go.

good place to dry

My body shivering from freezing air, immediately started defrosting and gradually warming up. I hung up my frozen tent and other stuff to dry in their storage in the basement floor and placed my bicycle there before I entered their house. She kindly brought me a big jug of herbata (tea). Yes, it’s not a cup but a jug for some 1.5ℓ. And apparently not for common use but it’s for me alone. Her wild way of serving herbata was so funny for me that she certainly attracted my interest. This alcoholic lady called Lena seemed to be in her middle or late 40s but she also looked like even an elder from her gray hair and a cough she badly had. She lived there with her mother, rather looked like her same-aged sister or friend, and three cats. “You bought alcohol again!!?” her mother was furiously shouting at her when I was struggling to stir up sugar I put into the big jug of herbata. I was just guessing the content of their conversations, but it wasn’t difficult at all to know the situation in that case without knowing their language. After having Kaszanka, a traditional sausage made of a mixture of pig’s blood and buckwheat or other grain like barley stuffed in a pig intestine, together with mustard and bread I lay down on a couch. I was irritated at the cashier some time ago but by this time I was feeling peaceful and grateful for a gift of a warm night the trouble of the card reader brought me. Correctly, I should say it was a gift of two warm nights as I would be able to sleep in my dried tent and dried sleeping bag the following day as well.

カシャンカ

Next morning, Lena prepared a full jug of herbata for me again. I felt sad for I had to leave there. Staying in a warm place like there makes hard to prepare myself again for going out into the white world. “Tei! (Don’t tell my mother)” putting her forefinger on her lip, she started drinking alcohol again from morning. ”Are you drinking again!!?” her mother gave a shout toward her in a second from the next room. Meanwhile I was struggling to stir up sugar in the jug, of course. Just before leaving for a freezing world, she suddenly wrapped her scarf around my neck, saying “Tei tei (Take it)”. I love Poland, which would be largely because of the meetings with Martin and Lena, a warm-hearted alcoholic lady, for sure.

Since one night I spent at a gas station in Lublin province, everybody really obviously became more than kind. It was snowing all the day and snowstorm was still blowing when getting dark that day. Setting up a tent in the middle of wet snow blowing is very uncomfortable, so I left a small road and I was looking for a shelter with a roof while being dabbled with mud by passing cars on a main road with much traffic. It was truly very dangerous to cycle on the main road as so many trucks passed by and I couldn’t keep a right lane for bicycle since the road shoulder was covered by snow. But this time I took the road on purpose, because easier to find a building as a shelter and also at least not icy unlike back road. I finally found a gas station and asked a staff, a tall and big man like a wrestler, if he knew a good place for my tent. He said ” You can use space under the car wash if you want”. How lucky I was as usual. Honestly, even if his reply was “No”, I wouldn’t have had enough energy to leave there.

danger

wet snow

“Hello.” At about 22:00, I heard somebody calling me from outside. I had a big scare then, because just the other day in Lithuania, policemen came to my tent almost at same time and I needed to move in a freezing cold night. I pulled myself out of my sleeping bag and opened zipper of my tent. There was a man standing, and he told me he was a journalist. I was greatly relieved at knowing he wasn’t policeman and at getting away from a move in coldness.

It’s not rare to see a journalist in my trip. I’m sure that this kind of thing can happen sometimes to anybody if you are on a long bicycle trip because they seem to like cyclists, I don’t know why though. I simply answered usual questions from him with my broken English as usual. Sometimes my story doesn’t become an article and sometimes it does, but sometimes even without being informed. I didn’t ask him anything from my side, so I didn’t get either his name card or his contact from him. I just pleasantly answered him with a big relief that I could stay there then went back inside my tent to sleep.

gasosta

Day after next, I stayed at a tourist home in Kazimierz Dolny, a small town given a title of “a beautiful pearl of Polish Renaissance” that Martin recommended me to visit . How wonderful it was to be in the warm room with a desk and wall and roof. And it was the place that a staff at the tourist information office, who had heard about my arrival from Martin in advance, kindly introduced me with special room fee. “You are famous!”, only after I read a message from Martin there I knew about the thing. It seemed the article on me was published on web news in Lublin province the next morning just some hours after I got the interview from the journalist.

http://www.lublin112.pl/6-rowerem-przemierza-swiat-japonczyk-dojechal-lubelszczyzne-zdjecia/

http://iledzisiaj.pl/index.php/aktualnosci/7209-dookola-swiata-na-rowerze-mozna-mozna.html

kaz

ctree

michi

From that time onward, many people got to offer me a cup of coffee or hot soup or chocolate etc when I was pedaling in the area even by lying in wait for my coming and cheered me on. The people, I had been feeling some distance from, suddenly became super welcoming and warmly sent off the devil man with white beard like Iranian people, well known for their huge hospitality.

thanks for warmth

kazoku

January 23rd, a blessing fine weather after -16 degrees’ freezing night. My snow garden was so brilliant in the sun fully shining in the blue sky. It was really an impressive morning as it had been a long time since I had such a refreshing morning before that. Placing my solar watch toward the sunlight to charge, I closed my tent and slowly made preparation. Since this day, it had pretty warmed up through the rest of the month as if season changed and snow scenery once disappeared. There was no sign of -20 degrees’ night coming again. But it was still unsettling and eerie warmth for me before going over the mountains.

shining morning

I finally arrived in Krakow next day and visited Martin after sunset. His house was on the top floor of an eleven-story apartment near the downtown. As it was a truly long and tough way down there, I was even so happy to be able to meet him again in safety. Martin was forty years old that time and had a computing work. He was a company worker but it seemed not necessary for him to attend his office and he always worked in his house where there were many camping gear. He said he had been in the mountain with his friends just 2 weeks before my visit. It was not until this time that I knew he was a climber. He said it was -20 degrees there at a night. But hey, how lucky again, he was just the man I should have met and talked with before going over the mountains.

krakow

droga

auschwitz

When I think back, Krakow was the town I had longest stay in the European countries of the Schengen area. I stayed at Martin’s for 9 nights and was always busy with going around the old capital town in Poland that has a lot to see and with preparation for my travel onward. I had written him a list of the things I needed to do and get during my stay and he kindly concisely checked for me where exactly I could find them prior to my arrival. Thanks to his big help, I could devote myself to what I should have done in the time given to me. New rain cover making for my cycling bag from the nylon sheet that he kindly gave me, greasing bicycle hubs and replacing broken brake lever from a falling on the ice, checking and changing many other parts like wires, worn out pulley wheels and rear sprocket, I carefully looked after my partner for still a long way to go as I had been beating it up and made it have hardship by my rough handling on snow roads. All for going without any concern and any worry.

rain cover

grease up

Martin gently thought of my crossing over the mountains together with me as if his own matter. That time of course more concretely than the last meeting in Moldova. By the way, the reason I didn’t go west toward Germany avoiding the mountains would have been for my annoying self-pride from past experience that I had ever survived cold air in Hokushinetsu and Central Asia and other places. I just believed I could make it like always. A longer way, but I thought first it would be better to take the eastern lower Dukla pass for crossing to Slovakia. But not merely altitude, considering my safety first he picked up some less dangerous routes with less traffic for me.

map

A windy morning, just before I “gone with the wind” from Martin’s place, I handed him a charm I made of a second smallest gear of my old sprocket cassette, that had brought me from Cape Town to Krakow some 40,000km, as a sign of my gratitude and our friendship in my way. I did same with the previous one to my friend Nolan and Tai in Cape Town. It was a warm day like springtime, with temperature surprisingly rising up nearly +15 degree in the daytime.

pass

February 3rd, there was no snow on the road around Krowiarki pass (1,012m). I had heard from Martin “After the pass, you can have a view of the Tatras”, a mountain range with highest peaks in the entire 1,500km length of the Carpathian mountains. But it could not be seen behind deep gray clouds. The smoky floating object wrapped around the Tatras looked like even a bigger cluster of summits. The following day, after crossing the border to Slovakia it started snowing somewhat heavily in the afternoon. Making a flat ground with my foldable scoop for the first time in the last ten days, I built my tent in the snow field. Only -5 degrees at night, it was far warmer than I assumed. Afterward, until my entry to Czech via Hungary and Austria I didn’t have a heavy snowfall and even a necessity of sleeping on the snow.

crossing to slovakia

mountain

first night in Slovakia

Thanks to warmer climate, it wasn’t at all a challenge to cross over the Carpathian mountains in this time of the year. But this self-mission at least unexpectedly gifted me a great Polish friend who loved mountains with his big body and bigger soul that were even likely to cover over the Tatra mountains across Poland and Slovakia, its figure unfortunately I could not see. In this way, “our mission” has been completed.

M&M



Hello Marcin,

how are you doing? Sorry for my laziness of not contacting you for a long time. I’m not at all good at keeping in touch with my friends. I spent this winter even further north. Alaskan winter began quite earlier than I had thought which put me in a real challenge this time. It was truly a hard and long empty way to my destination, a village of Yukon I happily could overwinter, however I managed to survive just thanks to the experience I shared with you in Eastern Europe last winter. I often reminded of those days on the road and in my tent at freezing nights.

I apologize for having felt too much at home during my stay in your place. But it’s just you that told me “Feel at home” then. Would be nicer if it’s in summer and under the clear sky next time I see you. And if in Poland, we should climb up the Tatras together.

Take care my friend.
Pozdrawiam (Best regards).






“山小屋の管理人として2ヵ月間、ウクライナのカルパチアで過ごしてきたよ”
ミッション終了から半年後の夏終わり、アラスカで受け取った彼からのメールにはそう近況が書かれていた。


2015年12月29日~2016年2月4日

river shore


ダイヤモンドダストが舞う。雲間から僅かに漏れ出た一筋の光が仲介する天からのお届けもの。リトアニアから北中部ポーランドにかけては毎日のようにこの美しい舞いに魅せられながら白い息を吐いた。その自然が演出する輝きは、ショーウィンドウの中のダイヤが放つものよりもよっぽど価値があり、数秒間でもよっぽど永遠が如く輝いて見えた。少なくとも、僕にとっては。

DSC_0956_20170901080713d56.jpg

日中の気温が-10度前後という時間帯に、その白い息を吐き続けながら風を切って走行していると、気づかぬうちにあごヒゲに絡まった吐息が凍って白ヒゲ大魔神が出現。自分が大魔神になっていることを知らずに或いはうっかり忘れて売店に入り度々人々を驚かせてしまった。

凍結が酷い道は細心の注意を払って進む。僅かな傾斜でも下り道は特に危ない。注意してはいても何度も滑って転び、その度に恐怖心は増した。ただ、ゆっくりであるならば、スパイクタイヤでなくともどうにかなった。積雪が酷い場所なら走れずとも押せば良い。この時期一番問題なのは走ることではなく雪の上で寝ること。それも装備品が凍ったままになる2泊目以降が一気に条件が悪くなる。

icy road

ぐぅーと身を締め付けるような痛みが指先を襲う。雪上で足の感覚がなくなってきて、外ではなく内に閉じ込めるような叫び声をあげる。最もつらい時間となる朝の旅支度。1日の始まりはいつも憂鬱だった。テントを仕舞いパッキングを完全に終える頃までにはすでに足の感覚がなくなり、ひきちぎられそうな痛みが走っている。今日ここを発つことさえできないんじゃないかと毎朝本気でそう思えた。

camp scene

足元にはキエフの古着屋で購入したブーツ。状態良好の新古品は300フリヴニャ(12usd)で購入したもの。防水の表示がありながらやっぱり水気を通してしまうのは彼のチャームポイントだったけれども、丈夫で普通のスニーカーよりも温かく満足できるコストパフォーマンスだった。国内通貨暴落中のウクライナでは地産の食料など旅行者には驚くほど安い値段で購入できるのだけど、衣料を始めとした輸入品はまったくもって安くないのでデナリくんや準防水パンツ、そしてこのブーツと冬季用装備一式を揃えたキエフの古着店の存在は大きなものだった。

わるしゃわ

ただ、このレベルの質の靴ではやはり長い時間雪の上にいることは難しい。-20度の中キャンプすることはわかっていたのだから、少なくとも足元にはもう少しお金をかけるべきだった。しっかりとした装備があってこその冬のチャリ旅。こういうのは節約とは言わない。靴に関しては本当に配慮が足りていなかった。

equipment

ロシアや高山地帯を除いて考えると、東欧北部やバルト三国内陸部はスカンジナビア半島北部のラップランド内陸やその周辺に次いでヨーロッパ内で最も気温が下がるエリアと言えるかもしれない。これらの地域に見られる低気温は北海道と同じでシベリアからの寒気が流れ込んでくるからなんだろうか。アフリカ大陸南端の喜望峰付近の喜望園芸で滞在していたとき、海流が気温に与える影響の大きさを身を持って感じたことがあった。スカンジナビア半島の内陸は極寒になっても、同半島南部沿岸部、ノルウェーの大西洋側、さらに西ヨーロッパの大部分が高緯度の割りに温暖なのは、やはりこれもメキシコ湾流とそれに続く北大西洋海流といった暖流が影響している。北極海に面しているノルウェーのハンマーフェストやロシアのムルマンスクが不凍港であるのもやはりそのため。ヨーロッパといってもとても広い。”ヨーロッパの冬”とはとてもひとつに括って考えることができないほど地域によって寒暖差が激しい。

wooden chirch

雪のある冬の東欧は美しく味がある。初めは怖くとも、一旦白い世界に飛び出すことができたらすぐにそう気付く。朝のパッキングを乗り切ればあとはご褒美、とポジティブに考えよう。前にも書いたようにこの時期は緑がなく葉が枯れ落ちているので、雪がないと侘しい寂寥とした風景の中走ることになる。加えて晴れ間がほとんど期待できないため陰気臭いこと極まりない。おおよその標高を知るのに手元の多機能デジタル腕時計に頼っているのだけれど、内蔵のソーラー電池は充電されず長く眠ったままで標高がわからない。だからせめて、”雪は降ってくれないと困る”と考えが変わっていく。寒かろうが走りにくかろうがその雪景色の美しさに価値を見出すことで今僕はここにいる自分を正当化できているのだから。

occhan chari

DSC_0906_201709010758337f5.jpg

7時半頃上った陽が沈むのは16時前。寒さで朝支度がきびきびとはいかない上に、普段のように呑気にピクニックランチなど楽しんでいたらすぐに日が暮れてしまう。といっても寒過ぎて雪原でピクニックなどとてもできないのでサドルに跨ったまますばやく済ませたり、売店で食料を買って暖房が効いている入口の脇で素早く食べさせてもらったり。チェーンはすぐ雪水で濡れ、ブレーキパッドは面白いようにすぐ磨り減っていく。貴重な走行時間を割いてのチェーン注油とブレーキパッド交換、調整を繰り返す。シェンゲン協定加盟国内での定められた滞在期限も考慮する必要があり、常に時間的な余裕が持てなかった。駆り立てられるようでありながらも、精神的に強く保てたのは、いとをかしき雪景色と冬至を過ぎて少しずつ長くなっていく日照時間のためであり、そして何よりも裏で支えてくれていたある男の存在が故に違いなかった。

grape field

ぶどうの収穫の追い込み期で忙しい10月のモルドバ。首都キシニョウのホステルで壁に貼られたヨーロッパ地図を見ながら親身になって冬季カルパチア越えについてのアドバイスをしてくれたのはマーティンという大きな体をしたポーランド人だった。彼はそのときポーランド南部の古都クラクフから仲間と車で東欧を回っているところだった。東欧の冬が-20度以下になりうることをちゃんと認識したのはこのときだったと思う。モルドバにいたころは日中は20度を越える日もあったけれど、朝晩は氷点下まで下がり始め、迫る冬の到来に丁度不安を感じ始めていたときだった。自分が彼に伝えたルート案上で一番の踏ん張り所となる場所はポーランドとスロヴァキアとの国境付近に連なる山々。「1番低い峠でも標高1,000m近くはある、山越えを避けてポーランドから西進してドイツに抜けろ」彼にはそう言われた。前年の初冬、ウズベキスタンのサマルカンド南部にある1,700mの峠越えは酷い雪となり実は凍えて死にそうになっていた。冬季の峠の下りの危険さはよく理解していた。この日から僕は-20度の中の峠の下りをイメージしながら、そしてそれにびびりながら走ることになった。マーティンは「クラクフに来るなら寄っていけ、無事を祈る」と連絡先を教えてくれた。

chisinau in

obachan

年末前にベラルーシから彼に連絡して以来、ポーランドの天気状況や南部の山間部の雪の状況、ポーランドに入ってからも、天気情報に加え、北東部のビャウィストクからクラクフまでの危険と交通量の少ない道、また彼が滞在を勧める町での安宿情報などを事前にメールで送ってくれていた。「ポーランドで何かトラブルがあれば、俺の連絡先を人々に伝えればいい、お前を助けるから」 彼からのメールは必ず末尾で「ポズドラヴィアム」と締められており、それは滞在中僕が暗記し今も覚えている数少ないポーランド語単語のひとつとなっている。

blk2

中にはマーティンのように端からフレンドリーに接してくれる人ももちろんいるけれど、東欧に入ってからこちらから挨拶しても返ってくることが少なくなった。合わせる必要はないのだけど、返ってこないのにこちらから発信し続けるというのは難しい。特に、旧ソ連とナチスドイツという両大国に挟まれ激戦地となり、大戦後も共産主義の歴史に翻弄されてきた東欧北部の人々。当時のことを知る世代ほど見知らぬものに対する強い懐疑心を持っているのか距離をつくられてしまう気がする。挨拶に限ったことではなく、当然走る土地土地で異なる人々との接し方を見つけていく必要がある。世界中同じ価値観では走れないわけでそれがまたたまらなく面白いわけだから。それに、たとえ無愛想であったとしてもその距離が一度少しでも狭まれば、親切すぎるほどみな親切になってしまうのが素朴で飾り気のない人々が多く暮らす東欧の良さ。

basha basha

北東部の小さな町で日没前に買出ししようと寄った商店で、クレジットカードがうまく受理されずに20分ほどレジ横で待たされた。十分な現金を持っておらず他に店などない。待つ他なく、カードが受理され買い物を追え外に出たときにはもう真っ暗。日が沈むと気温も一気に下がる。暗がりの雪道を走って野営地を探すのは気が重い仕事。やれやれどうしたもんかとヘッドライトを点けて、購入した食料をバッグに押し込んでいるとレジで待っているときに絡んできた酷く酔っ払ったおばちゃんが僕の後ろに立ってこちらを見ている。店内では店の従業員も客もみんな煙たそうに彼女を軽蔑した目で見ていた。「テイッ、テイッ!」と怒った顔で手を振っている。「来い」と言っているようだ。彼女のあとについていくとやがて数階建ての古いアパートに着いた。「ここで泊まっていけ」と確かにそう言ってくれている。おばちゃんは、僕に行く当てがないことを察してくれていたのだ。

yakkyoku

小震いしていた体が一気に解凍されていく。地下階にある倉庫で凍ったテント類を干させてもらってから案内された部屋に入ると、おばちゃんは1.5ℓくらいの大きなジョッキいっぱいに入れられたヘルバータ(お茶)を「テイ、テイッ!」と言いながら差し出してくれた。皆で共同にというのではなく明らかに僕一人用のコップとしてだ。こんなどでかい容器に入ったお茶を一人用に出すワイルドなおばちゃんが可笑しくて僕は一気にこのおばちゃんに興味を惹かれた。レナというこのアルコール中毒のおばちゃんはたぶん40代半ばから後半くらいではないかと思うんだけれど、白髪を生やし酷く咳き込んでいて老人のようにも見える。同い年にも見える母親、クリチェばあさんと3匹のネコと一緒に住んでいて、僕がジョッキに入れた砂糖をかき混ぜるのに苦労していたときも、「あんたまた酒買ってきたのかい!」とクリチェばあさんからすごい剣幕で怒られていた。言葉がわからないので会話の内容は推測だけれど、この状況を理解するのに言葉はまったく必要なかった。そばの実などの穀物と豚の血と内臓などが入ったカシャンカという黒いソーセージにマスタードをつけてパンと一緒に頂いてから居間のソファの上に横になった。店内で待たされているときはそれはイライラしていたけれど、勝手なものでこのときまでにはカードリーダーの不具合がくれた一晩のギフトに感謝し、とても穏やかな気持ちになっていた。明日も乾いたテントで眠れるので実際には二晩分のギフトに等しかった。

kawa

翌朝、再びレナがジョッキいっぱいにヘルバータを入れてくれたときは、ここを発つのがなんだか切なくなった。こういう”温かい場所”にいたら、再び白銀の世界に出て行く覚悟が持てなくなってしまう。レナは人差し指を口元に置き、「テイッ(ばあさんには言うんじゃないよ)」と朝から酒を飲む。クリチェばあさんが「あんたまた酒飲んでんのかい!」とすかさず隣の部屋から彼女に向かって怒鳴りつける傍らで、僕はやはり砂糖をかき混ぜるのに苦労していた。寒気の中へと発つとき、レナは「テイッ、テイ!(持っていきな)」と言って、彼女がしていたマフラーをふいに僕の首に巻いてくれた。僕がポーランドが好きなのはマーティンとこのアルコール中毒のレナおばちゃんとの出会いに因るところが非常に大きい。

スタンドイン

本当にみながみな露骨に親切すぎるほど親切になってしまったのは、ルブリン近郊のガソリンスタンドで過ごした一晩からだった。その日は一日中雪に降られ、暗くなり始めても雪を伴った風に強く吹き付けられていた。湿った雪の降る中のテント設営は不快極まりないので、車通りの多い幹線に出て、車が飛ばしていく泥を浴び続けながら雪を防げる建物を探した。幹線は大きなトラックが走る上に雪で完全に路肩に寄れないので危なくてしょうがないんだけれども、小道のように氷は張っていないし建物も見つけやすい。ようやくガソリンスタンドを見つけ、プロレスラーのような体格の従業員の男に「テントを張るのに雪が防げるどこか良い場所はないだろうか」と相談してみると、幸運にも「洗車機の下を使えばいい」と言ってもらえた。たとえNoと言われていたとしても正直そこを発つ元気などもう残ってはいなかった。

thank to him

「Hello」22時頃、外で自分を呼ぶ声が聞こえる。”まさか…” と寝袋から身を抜き出してテントのジッパーを開け外を覗くと、一人の男が立っており、ポリスではなくジャーナリストだと名乗る。先日のリトアニアでの一件があった後だったため、寒中引越しを免れた思いで僕は胸をなで下ろした。

ジャーナリストという人たちは自転車旅行者が好きなのか、そう名乗る人に会うのは自転車旅ではたまにある話で、いつもと同じような質問にいつものように下手くそな英語で簡単に答える。記事にならないこともあるし、なっても何も伝えられないこともある。こちらから何も訊ねなかったので名刺とか連絡先など一切渡されなかった。引越ししないで良いとわかり、僕は気持ち良く彼の質問に答え、その後眠りについた。

cross

翌々日、マーティンから勧められていた”ポーランド・ルネッサンスの真珠”と称されるカジミエシュ・ドルニという小さな町に着き、民宿に泊まった。“屋根や壁や机があるって本当に素晴らしい”いちいち感激してしまう。自分の予算に合う宿はこの町にはなかったけれど、事前にマーティンから僕の話を訊いていた観光案内所の人が安く泊まれる民宿を探してくれており、温かいキッチン付きの部屋を衝撃料金で提供してもらえた。「お前有名人になってるぞ」 そこで読んだ彼からのメールで記事のことを知った。取材を受けた数時間後の翌朝にはルブリン地区のウェブニュースに記事が掲載されたようだ。男はインターネット上で配信されるウェブニュースのジャーナリストだった。

basha

kyoukai

http://www.lublin112.pl/6-rowerem-przemierza-swiat-japonczyk-dojechal-lubelszczyzne-zdjecia/

http://iledzisiaj.pl/index.php/aktualnosci/7209-dookola-swiata-na-rowerze-mozna-mozna.html

以来、人々は自分を待ち伏せてまでコーヒーやらチョコやらスープやら提供してくれたり、声をかけてくれるようになった。距離を感じていた人々はまるでイランの人々のように白ヒゲ大魔神を温かく迎えそして見送ってくれた。

wakamono

1月23日、恵みの快晴なり。我が家の雪庭は、青空いっぱいに気持ちよさそうに輝く太陽に照らされなんとも美しい。こんな天気はしばらくぶりだったので、それは一際キラキラしたとても印象深かい朝だった。腕時計のソーラー電池部を太陽に向けて置いたまま、テントを畳んでゆっくり仕度をした。 この日から1月いっぱい、季節が変わったかのように暖かくなり雪景色は一端姿を消した。もう-20度の夜などやって来そうな気配もない。 ただ、山越えを前にした僕にはそれは安心できない不気味な温かさでもあった。

winter plants

翌日の日没過ぎにクラクフのマーティン宅についた。11階建てのマンションの最上階が彼の住まいだった。長くタフな道程だったので、無事に彼と再会を果たせ感無量だった。40歳の彼はコンピュータ関連の仕事をしており、会社員だけど出勤する必要はないようで自宅で仕事をしている。部屋を見渡せばキャンプ用品がぎっしり。僕が来るほんの2週間前までも友人たちとカルパチアの山に行っていたらしい。彼が登山家だと初めて知ったのはこのときだった。やはり山での夜は-20度まで下がったらしい。それにしてもなんということか、彼こそまさに、真冬の峠越えセルフミッションを抱えた自分が出会うべく相談すべく人物だったのだ。

krakow 2

アウシュビッツ

9泊したクラクフは滞在日数を限られたシェンゲン協定国内で僕がもっとも長く滞在した町となった。見所が多いクラクフでは観光と準備で常に忙しくしていた。滞在中買い足す必要があるものはすべて事前に彼に伝えてそれがどこで手に入るか調べておいてもらえたので、すべきことに専念できた。途中で失くしたバッグのレインカバーの作成、氷で転倒して壊れたブレーキーレバー、擦り減ったプーリーとスプロケの交換からハブ内のグリスアップ、その他各部点検までここまで散々相棒をいじめてきた分、峠越えとその先もまだ続く冬季走行に備え相棒をうんと可愛がった。天候に関しては祈るしかないけれど、それ以外は一切の不安、心配事のないようにこの時間でできることはすべて行った。

bike checking

マーティンはカルパチア越えについて自分のことのように親身になって一緒に考えてくれた。もちろん今度はモルドバのときよりも具体的に話を詰めた。ちなみに山越えを避けてドイツへ抜けるルートをとらなかったのは、過去に真冬の北信越や晩秋~初冬にかけての中央アジアなどそこそこ寒い中で生き延びてきた経験からくる実に面倒臭い自負が当時の僕にあったからだと思う。ここまでの東欧の湿った冬もなかなかにタフだったけれどそれでも今回も必ずなんとかなると思っていた。遠回りでも東方にある標高の低いドゥクラ峠を越えるのがよかろうと思っていたけれど、単に標高のことだけではなくやはり交通量の少ない危なくない道を彼がいくつかピックアップしてくれた。

zurec

強風吹く出発の朝、マーティン宅からまさに“風と共に去る”前、寿命を迎えたスプロケットの小さい方から数えて2番目の歯輪にヒモを通したお守りを彼に渡した。ケープタウンから4万キロを共にしてきた代物。初代の歯輪はケープタウンで一緒に働いていたノーランとオーナー家族の息子タイに受け取ってもらっていた。僕なりの感謝と友情の証でもあった。この日は日中15 度近くまで上がり春本番のように温かい一日となった。

sprochet

2月3日。クロビアルキ峠周辺(1,012m)の道路上には雪は一切なかった。峠を越えた後で、全長1,500kmに及ぶカルパチア山脈の中でも最高峰の頂きが集まるというタトラ連峰が拝めるとマーティンから聞いていたけれど、重たい灰色の雲々の後ろに隠れて何も見えない。タトラを覆い隠すそのもくもくとした浮遊物は、より大きな山塊のようにも見えた。翌日、国境を越えスロヴァキアに入ると久々に午後からまとまった雪となった。約10日ぶりに雪をスコップでかいて均してから、雪原にテントを張る。夜になっても-5度、想定よりも気温はうんと高かった。その後もハンガリー、オーストリアを経由してチェコに入るまでは目立って雪に降られることもなく雪の上で眠る必要さえもなかった。

at a shelter

first night in s

天候に恵まれたおかげで覚悟していたよりもだいぶすんなりしたものとなった冬季カルパチア越え。タトラの山々には出会えなかったけれど、このごく個人的な挑戦は、タトラをも包み込むような大きな心と体で山をこよなく愛する男との出会いをくれた。こうして僕個人の、いや僕らの冬季カルパチア越えミッションは事無く完遂で幕を閉じた。

tatra



拝啓、マーティン様

元気でやっていますか。長く連絡もせずにすみません。僕は友人と連絡を保つことがひどく苦手なのです。今冬はさらに北の大地で過ごしました。アラスカの冬のはじまりはとても早く、補給もきかない道のため今回は本当にしびれました。なかなかしんどい道中でしたが、初冬の北国を強気で走り切れたのは、あなたとともに乗り切った冬季東欧の体験があったればこそでした。走行中もテントの中でも当時のことをよく思い出していました。クラクフであなたの家に滞在中は自分の家のように寛ぎ過ぎてしまいごめんなさい。でも「自分の家だと思ってくつろいでいけ」と言ってくれたのはあなたでしたね。次会える日はいつになるでしょうか。今度は暖かい季節の澄んだ空の下が良いですね。それがポーランドなら一緒にタトラに登りましょう。お身体にはくれぐれも気をつけて。

ポズドラヴィアム
=そんじゃあ、よろしく(敬具)



@Calgary・Canada
Bookmark : FC2BLOG_CAPTCHA
profile

hiromu jimbo

Author:hiromu jimbo
I'm in a challenge to cycle around the world
since May 2009,started from Istanbul,Turkey.
Motivation for this journey just comes from big curiosity about the world.I'd like to see and feel the ordinary life of the people living in defferent cultures.

2009年5月末イスタンブールより
自転車世界一周挑戦中です。
世界で起きていることへの大きな好奇心がペダルを回しています。その土地で生きる人の日常生活を見ていけたらと思います。

contact

name:
e-mail:
title:
body text:

welcome
my journey
*special thanks to sekiji-san

distance:
68,781km (May09-May14)
43,763km (July2014- )

latest news

PAGE TOP